Renewable Energy @ja

あなたの家にベストな代替エネルギーを

私たちの地球環境はトラブルを抱えています。環境学者達は世界的な大気汚染とエネルギー消費の上昇を懸念しています。地球エネルギーの使用のうち、各家庭でのエネルギー消費が多くの部分を占めています。世界の傾向として、エネルギーを生産するための伝統的な方法は、甚大な料金を取ることです。毎年エネルギー関連の請求額は上昇し、いまと同じ量を使用してもより多くの料金を払っています。もしこの筋書きを変えたく、しかも世界の大気汚染と環境の不均衡を制御したいなら、あなたの自宅で使用するエネルギーを代替エネルギーにする選択をしなければなりません。この方法を採ると、あなたの自宅のカーボンフットプリントを減らすことができるだけではなく、年間のエネルギーコストを減らすことが可能です。長いエネルギー削減や電力不足によって、因習にとらわれない新しいエナジーリソースがどんどん増え、一般的になり始めています。近いうちのある日に、使用する化石燃料がなくなり、もし代替エネルギーが使われなければ、私たちは暗黒時代を過ごす事になるでしょう。   太陽光エネルギー   代替エネルギー源として、太陽光エネルギーはおそらく最も各家庭のエネルギー供給源になるでしょう。それぞれ異なる部分の地球エネルギーが違った目的で使用されるのです。寒い国ではルームヒーターを利用して部屋を暖かくしておく必要がありますし、暑い国ではエアーコンディショナーや扇風機を利用する必要があります。ソーラーパネルを自宅の屋根に設置し、それらの目的に使えるようにします。ソーラーパネルを使って発電した分は、電力会社に売ることができます。エネルギー使用の請求書でお金をなくすよりも、むしろ増やすことができるのです。 風力エネルギー 風はとてもパワフルなエネルギーリソースです。もしあなたが世界の中でも風の強い地域に住んでいるとしたら、あなたの家にウインドタービンを設置しましょう。 風力発電の研究や調査によると、小さなウインドタービン設置によって、家庭のエネルギー使用の90パーセントを減らすことができるということです。風力で電気を起こして家庭で使い、余剰電力があったら、エネルギー使用の請求を減らしたい近所の人に売ればいいのです。このことについて、もし風力発電の専門家があなたの家がウインドタービンを設置するのに適していると判断した場合、専門家の説明を受けることを躊躇わないでください。 バイオマス発電 なぜゴミをそのまま捨ててしまうのですか?動物や人間の廃棄物は、家庭のエネルギー利用を賄うだけの十分なエネルギーを作り出します。バイオマスは、組織化された植物から生み出されます。それらの植物が育つと、家庭で使う電化製品やその他の電力として十分な量のエネルギーを各家庭に供給します。技術上の調査では、省エネ家電を多く作り、そうすると省エネだけではなく、家庭内のエネルギー使用の請求額を減らすことができます。あなたもグリーンエネルギーを選択し、伝統的なエネルギー利用のように環境にダメージを与えないようにしなければなりません。   Today’s Top Articles:

ESパイプ水車のコンセプトで、普通の水の供給がミニ・タービンに変身

第三世界とよばれる国に住んでいる人たちにとって、定期的に水や電気にアクセスできることはまだ十分とはいえません。井戸を掘ったりして、きれいな飲み水の確保はだいぶできるようになったものの、安定した電気の供給というのはいまだに難しく、そういった地域に住んでいる人たちの多くは、夜、オイルランプを使うか、バッテリーのバックアップから限られた電力を得るしかありません。アフリカのような、貧困層が多い国の人たちのために、デザイナーのライアン・ジョンウー・チョイ( Ryan Jongwoo Choi)は、ESパイプ水車をデザインしました。この水車のコンセプトは、水の配管を利用し、ミニ水力発電機に換えるという能力を持った水車です。

NASAが新技術であるさらに効率のよい風に漂う風力発電システムを開発

Benjamin Franklinは1752年に凧を揚げて電気や灯りに関する先駆的な事実を明らかにしました。2世紀半を経てNASAが再度低空の凧を用いていますが、今回の実験目的は風力タービンや持続可能なエネルギー分野への取り組みに変わっています。風に漂う電力システムは地上に設置されるタワー型の風力タービンと同程度の信頼性しかありませんが、大容量の風力エネルギーを送電できる現実的で革新的なものであることは明らかでしょう。

水と太陽光利用で水素生成に成功/ハイパーソーラー社

ハイパーソーラー社の発表によると、水と太陽光を利用した再生可能な水素生成という、同社の躍進的コンセプトの実証に成功しました。同発表はブラックライトパワー社がほぼ同時に達成させた、革新的水素生成の発表直後でしたが、両社が採用したプロセスは異なるものでした。

水素製造に急進展!/ブラックライトパワー社

ブラックライトパワー社の発表によると、自動車その他機器に使用する水素ガスを得る方法に大変革をもたらすエコエネルギー技術を発見したということです。専門家も、この世で繰り広げられている石油資源奪取を目的にした争いをとめることが出来るのはないだろうかという示唆に同意しています。 同社の技術とは、蒸気を安定した形状の水素”ハイドリノ”にする過程で電気を発生させる、というものです。

アメリカとメキシコ国境に革新的な下降気流エネルギータワーを想定

すべてが予定通りに進むならば、アリゾナ・サンルイスにあるアメリカとメキシコの境界域は、建築的かつ技術的な創造力の革命的部分の受け手となる準備ができている。1975年、Phillip Carlson氏がはじめて特許権を得たその下降気流エネルギータワーは、風力タービンと太陽加熱の空気を利用することでクリーンエネルギーを生みだす構造だ。このプロジェクトの現場では、すでに借地契約の承認を得て、現在、地区の承認を得る途中だ。

ペダルをこぐことで電気を作るWeBike

電気を作るための燃料費の上昇と、消耗資源の著しい増加に伴い、多くのデザイナーたちは、エネルギー使用を最小限に抑えて、さらに電気を水から作るためのコンセプトを作ろうとしている。発明の中には、少しこじつけのように思われるものもあるように思われるが、この次のアイデアはかなり賢明だ。座っている間にユーザーにペダルをこがせ、ノート型パソコンや携帯電話に使用することができる電気を作るというものだ。

ネバダ州、初めてのハイブリッド太陽地熱パワープラントから恩恵を受ける

ソーラーエネルギー、風力エネルギーのような再生可能なエネルギー源の利益への認識が増える中、多くの企業がこれらのエネルギー形式の利用に役立つ製品や機械を開発することに焦点を向けている。ネバダ州のスティルウォーター地熱計画は、そのような例のひとつだ。この世界初のハイブリッドソーラー地熱プラントは、すべての環境にやさしい建設会社にとってすばらしいオプションだ。このプラントは、59MWのクリーン・エネルギーを収容することができ、50000軒以上もの家庭に燃料を供給することができる。

RENEW and REDUCE、微細格子が軍隊用無公害エネルギー生産

兵士たちにとって燃料輸送は危険な作業であり、技術的に複雑な業務です。兵士たちを燃料管理の混乱から解放するための試みとして、アメリカ軍の科学者たちは公害を出すことなく戦地でエネルギーを製造し提供できる微細格子を試しています。これには一次システムの2種、RENEWとREDUCEがあります。この2つのシステムはアメリカアフリカ軍が開発、実験しており、燃料輸送問題の解決策になるかもしれません。この記事を読んで、2つのシステムの働きについてもっと学んでみましょう。

商業食品廃棄物を禁止する最初の州マサチューセッツ

燃料源が尽きかけており、エネルギー増加の要求が増える今日、エネルギー源の確保は必要不可欠な事項です。太陽電池パネル、風力タービン、燃料電池等を基にして多様な装置を試みてきました。しかし、 両刃の武器として用いることができるエネルギー源は食品廃棄物です。食品廃棄物から生物燃料を作り、プロセス中に廃棄物をきれいにすることができるので、一石二鳥です。これらのラインに沿って、マサチューセッツ州は、通常埋め立て地に埋め立てられる商業食品廃棄物の生成の禁止を実行する、アメリカ合衆国で最初の州となりました。イニシアティブが始まれば、禁止令は他の州でも同様に実行されるようです。

Scroll to Top