Home Renewable Energy @ja RENEW and REDUCE、微細格子が軍隊用無公害エネルギー生産

RENEW and REDUCE、微細格子が軍隊用無公害エネルギー生産

by admin

兵士たちにとって燃料輸送は危険な作業であり、技術的に複雑な業務です。兵士たちを燃料管理の混乱から解放するための試みとして、アメリカ軍の科学者たちは公害を出すことなく戦地でエネルギーを製造し提供できる微細格子を試しています。これには一次システムの2種、RENEWとREDUCEがあります。この2つのシステムはアメリカアフリカ軍が開発、実験しており、燃料輸送問題の解決策になるかもしれません。この記事を読んで、2つのシステムの働きについてもっと学んでみましょう。

U.S. Army tests renewable energy systems

RENEWは太陽エネルギーと風力エネルギーのどちらでも使用し作動できる混合システムであり、地域での入手しやすさに応じてどちらの形のエネルギーも採取するように調整できます。遠隔地域において小型通信装置を作動するように設計してあり、燃料輸送にまつわる危険性を削減する必然性からその開発がすすみました。このシステムはノートパソコン4台をゆうに作動し、5時間分の予備電力を貯蔵できます。その重量は45.3キロと一般社会では重過ぎるようですが、軍隊用としては妥当でしょう。

一方でREDUCEは開発初期のシステムであり、ハンビートレーラーに引かせるように設計しました。このシステムは化石燃料を全く使わない訳ではなく、化石燃料と無公害エネルギーが協力して動力をやり繰りします。この自動システムの優れたところは、兵士たちは互換性の問題に悩むことがない、つまりなにも設定する必要がないというところです。

上記の発明は危険を減らすだけではなく、他の同様な装置よりも環境的および経済的に優れていることから実用的でもあります。公称の事実として、連邦政府が消費する90パーセントをアメリカ軍が消費しているため、 再生エネルギーを適用して軍事行動を持続可能なものにすることにより多額の費用を削減できます。

Via: Gizmag

Today's Top Articles:

You may also like