Transportation @ja

アメリカ陸軍の巨大スパイ飛行船がついにデビュー

ノースロップ・グランマンは巨大調査飛行船の仮飛行スケジュールを発表しました。というのも、アメリカ陸軍用に製作されたこの飛行船を用いたプロジェクトはすでに一年の遅れが出ているのです。ヘリウムガスを満載したこの飛行船はフットボール場ほどの大きさがあり、各種の目的に応じて使用されるデータ記録設備やセンサーを搭載しています。この多機能搭載型飛行船の長距離フライトテストは、ニュージャージー州レイクハースト周辺で6月第一週もしくは第二週目が濃厚です。ノースロップ社の陸軍プログラム担当K・C・ブラウンジュニア氏もこのレポートを肯定し、初飛行が間近であることを公表しています。

全米における代替燃料自動車の売り上げはこの先5年間で5倍増との予測

アメリカ国内での原油価格高騰に伴って、国民の関心は代替エネルギーに向かっています。このニーズに応えるものとして、世界の自動車産業はオイルに頼りきりにならない次世代型の自動車への利用のため、水素燃料エンジン・バイオディーゼルエンジン・電気自動車などの研究開発に取り組んでいます。このような次世代型の自動車は、代替燃料のみで稼動するものもあればオイルと共用をするもの、または運転状況によってフレキシブルに使い分けることの出来るものまで幅広く、最低一つは代替エネルギーを使用するような形になっています。これらの車には当然の事ながら専用エンジン・駆動システムが採用され、大幅な燃費の向上を実現させています。さらに、ここまでの統計や人気傾向を見る限り、将来的にこのような代替燃料自動車の売り上げは多方面にわたり増加し、それと比例して購入価格も上昇することが予測されます。次にリサーチの結果からどのようなことが読み取れるか検証してみましょう。

新世代電気自転車~Kaylad

世界には旅行者が自転車に乗って観光を楽しむのに最適な、景色の美しいスポットがたくさん存在します。自転車の値段が安いからだけでなく、技術の進歩によってサイクリング自体が「疲れるし、面倒くさくて危険な」スポーツではなくなってきているのです。このKaylad2.0に代表されるような電気自転車は、向かい風も気にせずに坂道の上り下りを心配する必要もありません。ありがたいことに、体力のある一部の人だけが自転車から見る自然の景色を楽しめるというようなことは、いまではもはや当てはまらなくなってきているのです。電気自転車に乗れば、誰でもアウトドアの素晴らしさを堪能することができるのです。

人力車でエコロジーに行こう

近年は増加の一途をたどる交通量に対抗すべく、アメリカでは人力自動車の実用化が真剣に検討されて来ています。なかでも5月いっぱいの間行われ、「なんでも風変わりフェスティバル」と銘打たれたイベント期間において、週末を人力車に乗って楽しもうという催しが行われています。

最新の研究が電気自動車は年間最大1200ドル節約可能と発表

環境保全を声高に叫ぶ一部のグループは、電気自動車を購入し使用することの利点をいくつも挙げることができるでしょうが、燃料を使用する従来のエンジン自動車に慣れきったユーザーにとっては、なかなか耳を傾けられるのものではないでしょう。EV(電気自動車)は購入価格も高く、製品のバラエティーも限られるうえに充電作業そのものも面倒くさくて、、、という意見がほとんどです。ところが最新の研究結果が示すデータはそのような意見を覆すことができるかも知れません。EVはガソリンにして一ガロンあたりわずか一ドルという低コストを中古車になってもずっと実現することができるため、ユーザーは年間1200ドルも節約できるというのです。

Zero Motorcycle(ゼロ・モーターサイクル)社がエコ車促進としてVisaギフトカード200ドルのキャッシュバック

さて、無料という言葉を聞くとついワクワクしませんか?キャンペーンや提供という言葉も同様ですが、25,000マイル無料キャンペーンと聞くと、200ドルのキャッシュバック提供より刺激的ではありませんか?Zero Motorcycle(ゼロ・モーターサイクル)社がそのようなキャンペーンを実施しました。しかしこれには条件があります。その条件とは地球環境の保護です。母なる大地を保護するためにエコ車を使用することは最善の選択肢です。

Civic(シビック)を充電して電気の節約

2001年から2005年製のCivicを排気ガスの出ない自動車に改造することで環境を保護することができます。カーネギーメロン大学のグループは、24,000ドルの自動車改造キットを開発しました。このキットには、電気ヒーターとポンプ、Civicに適合する電動モーターと他の関連するエレクトロニクス装置、10.5キロワット/時のリチウム電池とその他のすべての必要なアダプター、さらにバッテリー状態の統計値を出すコンピューター・ディスプレー装置が含まれています。このDIYキットは、Civicのスペアタイヤに分類することができます。

CSRの研究者、高速カーボン・ニュートラル機関車に取り組む

現代の鉄道産業において、初期の蒸気機関車の有意性は実際にあると思いますか?確かに、1937年に初めて製造された過度に石炭を消費する古来の蒸気機関車は、今日において無益かもしれません。しかし、米国のCoalition for Sustainable Rail (CSR)で開発中の機関車3463号は、新時代の大きな卓越性を秘めています。この機関車は、人気のカーボン・ニュートラルの証明書を有する高速機関車です。機関車は石炭の代わりにバイオ石炭を使用します。

oRo: 廃棄ガスゼロで軽快に市内通勤をする人力車両

市内の通勤手段に関する「ユニーク」な概念は、自動車メーカーにはあり得ない事なのかもしれません。しかし、「oRo」は大半の共通の概念を打ち破った少数派の独特で斬新なインスピレーションです。人力車両の「oRo」は革新的なカテゴリーで、しいて言うなら全体的概念はロッキングチェアの影響を受けたものと言えるかもしれません。

Scroll to Top