Solar Power @ja

ソーラーオーブン: 環境に優しくクッキング

食べ方が、カーボンフットプリント(人が生活しているうえで排出する二酸化炭素の量を数字にしたもの)に大きく影響する大きな要因の一つになっているということをご存知でしたか?食料品店から皆さんが家に持ち帰る商品を生産するために、かなりの量のエネルギーが必要です。また、それとは別に、皆さんの料理法も、場合によっては環境に害であることもあるんです。 ほとんどの家庭では、大量の燃料を消費する電磁調理器や、ガスオーブンを使っています。 料理をするのをやめるというわけにはいかないので、この問題を解決するには、環境にやさしい調理法を取り入れることです。そういった調理法は、市場に出回っていて、ソーラーオーブンもその1つ。 こういった器具は、安定した人気を誇っていて、環境保護に関心のある方は、そういった器具を買うことができます。 よく、ボックス・クッカーと呼ばれているこのオーブンは、箱のような形をしていて、断熱されているので、華氏300℃(摂氏だとおよそ148℃)まで温度を上げることができます。伝達を少なくするため、ガラストップやプラスチックトップになっています。 両側は、製品によってはホイルのような、反射パネルが敷かれていて、オーブンの下部はたいてい黒です。箱自体は 何らかの理由で溶けてしまうことがないように、きちんと絶縁されていなければなりません。 ソーラーオーブンのメカニズム ソーラーオーブンは、太陽光を集めて調理します。このとき、中の箱の反射パネルに太陽光が当たるように角度がつけられていて、主にそのパネルの補助で調理します。オーブンの断熱された壁が手伝って、箱の中に光が閉じ込められ、熱に変えられます。調理をするとき、黒いフライパンや鍋は熱を維持するので、試しに黒いフライパンや鍋を使ってみるといいですよ。ソーラーオーブンを使うのに1番いい時間帯は、空の1番高いところに太陽が到達するお昼頃。でも、 こういったオーブンの大きな欠点の1つは、ありとあらゆるものの調理ができるわけではないというところです。上昇できる温度に限度があるので、水分を多く含むものの調理に向いています。 エコなクッキングのいいところとは 太陽光を利用して料理をすると、再生不可能な資源を利用し、有害な物質の排出の現象に役立ちます。また、発展途上国の人達が、温かく、ヘルシーな食事が食べられるようにするのにも一役買っています。オーブンが安全で、持ち運びしやすいので、そういった村々の間を移動するのが簡単なのです。それに、上昇する温度には限度があるため、そばを離れたからといって、調理中の食べ物が焦げてしまうこともありません。この便利なソーラーオーブンを使うと、お湯も効率的に沸かすことができます。 Today’s Top Articles:

エコフット2-新世代、平屋根の取り付けシステム

Ecolibrium(エコリブリウム)ソーラーは、ポリマーと、統合されたアースの利点を組み合わせており、ワイヤーの管理も簡単で、インストールの作業が格段に楽になったモジュラーシステムであるEcofoot2(エコフット2)を導入することにより、平屋根の取り付けの業界に革命をもたらしました。 屋根への取り付けが飛躍的に簡単になったのです。 最近の例: エコフットが関係する様々なプロジェクトにおいても、特筆すべきはカルフォルニアのエル・セントロのクラリオンホテルの2つの屋上に取り付けられた、127.5kWのソーラーPVシステム。エコフット2は、自らが提案した使い勝手のよさと費用の削減効果によって、Soorya Unlimited(スーリャ・アンリミテッド)によって、このプロジェクトに採用されました。なんとたった1週間で500枚ものパネルが設置されたのです。それも、エコフット2のお手柄! エコフット2がなぜそんなにいいのか? エコフット2は、新世代の取り付けシステムで、屋根に取り付ける際のわずらわしさを軽減する目的のために、様々な特徴があるのです。 エコフット2のデザインのすごいところ: エコフット2には、排水の問題を解決する、ビルトインの水路がついています。 このモジュラーシステムの列構造はバラスト(安定器)の重量基準を大幅に削減し、様々な厳しい気象条件の下でも取り付け作業ができるようにしてあります。 エコフット2はゴムや環境にやさしいと評価されているポリマー製。屋根の腐食によって起こりうる害を大幅に減らします。またこの特徴ゆえ、屋根の形にフィットするので、取り付けるために屋根に穴を開けたりしたくない人にはまさにうってつけ。 エコフット2は完全に再利用可能な素材でできています。なので、エコを意識したい方には、まさにそんな取り組みの一部とすることができるのです。 他の利点: エコフットは部品が少なくただ1つのメインコンポーネントだけなので、取り付け作業が格段にスピードアップ! エコフット2はコストパフォーマンスもいいのです。その簡単な取り付けと余計なパーツが少ないため、1ワットあたりのコストが一番安いレートになります。さらに、ワイヤー管理と統合されたアースを、平屋根の取り付け作業のときに一緒にすると、ラックをわざわざ取り付ける費用がかからずに、インストールすることができます。 なんといっても、エコフット2の一番すごいところは、ほぼ、どんなタイプの屋根にでも取り付けることができること! エコフット2は信頼できる、25年の保証つき。 エコフット2は簡単に持ち運びできる形態なので、輸送も簡単! 様々な特徴と利点を兼ね備えたエコフット2は、従来のラックシステムを超えた素晴らしい選択肢です。

太陽光が動力のアイスクリームカート

あの冷たいアイスクリームを、暑い太陽の光と結び付けて考えたこと、ありますか?環境にやさしくという動きの中、オランダのアイスクリームメーカーが、アムステルダムに拠点を置くスタジオと共同で、長持ちするアイスクリームカートを開発したんです。 太陽光のエネルギーで、この機械はアイスクリームを完璧な状態に保ちます。

太陽光充電して繰り返し使え、地球にやさしい7変化おもちゃ

インターネットが毎日の必需品になる前に成長した人たちの間では、模型つくりやごっこ遊びが大流行していました。空の紙箱、段ボール、スープの缶ややかましい音のするものや車や飛行機に似た形状のものからおもちゃを生み出すことができたものでした。インターネットとともに育った子供たちは悲しいことに段ボール箱が家になったり空のマッチ箱が弟や妹をコマンド操作してゾンビロボットにするリモコンになったりというスリルのある経験を一切していないのです!しかし、太陽光で動く7変化の変形ロボットキットのおかげで再生可能エネルギーがどのように機能するかという貴重なレッスンを教える限り、ごっこ遊びのスリルを体験して欲しいと子供に望んでいる親の希望がすべて断たれたわけではありません。

エンジニア工学専攻の学生がクリーンエネルギーで動くソーラーパワー芝刈り機を開発

芝刈りといえば、週末のお父さん方に待ち受ける家庭での大事な仕事として長いこと定着しているものです。しかしながら、一般のモーター式芝刈り機は年間8億ガロンものガソリンを消費する事実を考えたとき、「昔からこうだから」と芝刈り機の使用は当然のことと片付けて良いものかどうか考えさせられます。また高濃度の一酸化炭素や、人体に有害な炭化水素や窒素酸化物が排出される点も見逃すことができません。しかし、他のケース同様にここでも想像性豊かなアイデアマンの方々がいろいろと知恵を絞っており、継続可能で環境にやさしい形でこの問題に解決を見出そうと努力しています。その良い例が電気工学を専攻するサミュエル・ハミルさんで、彼の考案した太陽電気を利用した芝刈り機のプロトタイプには様々な工夫が凝らされています。

ドイツが太陽発電の新記録を達成

太陽発電エネルギーは自然にやさしいうえに供給源がほぼ無限にあるという利点から、環境にプラスの影響を与えられるとして多くの企業がその実用化に向けて活動しています。そのようななか、ドイツの太陽発電工場がある金曜日・土曜日の2日間の昼間に発電した毎時22ギガワットという驚くべき数字は太陽エネルギーを利用した発電量の世界記録となりました。この発電量は原子力発電所を20箇所フル稼働させて得る量に匹敵し、ドイツ国内で日中に必要とする電気量の50%に値します。

色素増感型太陽電池が出力効率を増強する突破口

太陽エネルギーは、持続可能な電力を発生する典型的な方法として知られています。世界中の太陽エネルギーの研究者は様々なジャンルで太陽電池の効率を上げるために、日々休みなく研究をしています。最近、ノースウェスタン大学の研究者チームが、太陽電池効率の革新的な突破口を開きました。研究者は、より安く従来のセルよりよい出力効率を出すことができ、信頼できる色素増感型太陽電池のソーラーパネルを作り上げました。

ネバダの巨大なソーラー・タワーが家庭用電力を生成

連邦政府に資金提供を受け、ネバダ州トーノパの砂漠の北部にある大規模なソーラー・タワーの建設が最終段階に入りました。600フィートの太陽電池をちりばめた超高層ビルは、近隣の家庭のために電力を生産するのが目的です。砂漠の真ん中に位置する巨大なコンクリートのシャフトは非常に目立った存在です。タワーが可動し始めると、より多くの光や熱を集めるために、タワーは鏡の海に囲まれることになります。

Scroll to Top