[email protected]

エコフレンドリーな水ボトルの使い方

人々がより健康嗜好になり、またエコフレンドリー意識の高まりによって、エコフレンドリーな商品利用が多くなっています。エコフレンドリーな水のボトル利用もその一つです。それらは一つの流行、そしてカラフルなボトルは再利用されて人々の間でも一般的になっています。プラスティックボトルは、あなたの健康に悪い影響をもたらすので、エコボトルの使用は、環境汚染を防止するためだけではなく、あなたの健康問題を起こさないためにも有益なのです。 エコフレンドリーボトルの有益性   エコボトルを使うと、いくつかの利益があります。下記はそれらの一例です。   エコボトル使用によってもたらされる一番シンプルな利益というと、あなたは好きな飲み物をどんな場所へでも持っていけるということです。散歩に行ったり、ジムに行ったりすれば、他の人もそれぞれのマイボトルをもっているのをみかけます。もしプラスティックボトル入りの水を貯蔵するとしたら、プラスティックはBPAという化学物質を水にもたらします。BPAやその類似の化学物質は、人体に害がある成分として知られ、ガンの原因にもなるのです。よって、健康維持のために、プラスティック製のボトルで水を飲んでいるとしたら、もしかするとそのプラスティックボトルによって病気になるかもしれないということです。だからこそ、人々は安全な再利用できる原料から作られたエコフレンドリーボトルを使うようになっているのです。それらは有害な物質をもたらさず利用でき、また再利用しても安全です。   エコボトルの水は、ボトルの原料である、ガラスやステンレス物質の混入で汚れることはありません。ほとんどのエコボトルはこれらの材料から作られています。   プラスティックの廃棄物は、環境に甚大な害を与えます。それならば、プラスティックボトルの使用をやめて、安全、そして環境保護の考え方が必要です。エコフレンドリーボトルは環境への不安を減らします。よって、あなたは自分の健康を守るだけではなく、自然を美しく健全に保つことができます。   人々はファッショナブルな商品が好きであり、仕事やジムでもそうしたお洒落なものを持ち歩くのを好みます。だからこそ、エコフレンドリーボトルはカラフルで流行に乗っていて、好んで持ち歩かれるのです。   もし、あなたが健康でいたく、しかも自然環境を保ちたいのであれば、プラスティックボトルではなく、エコフレンドリーボトルに持ち変えるべきです。これは不必要なプラスティック廃棄物を減らすことになります。エコフレンドリーボトルは生分解性のある原料で作られていて、再利用ができます。品質のよいアルミニウムやステンレス、もしくはとうもろこし原料のブドウ糖を使ったボトルをあなたの新しい水ボトルとして選んでみてください。   Today’s Top Articles:

木枠で作られた建築物

必要は発明の母ともいいますが、この事実は、世界中で木枠で作られた家ができることにより、証明されているようです。私たちはいつも建築にはレンガや木やセメントなどを用いてきましたが、人々は従来のやり方を止めて、持続可能な建築材料として、木枠を利用するようになりました。世界中で違った種類の木枠を利用した建築物のいくつかがあなたを酷く驚かすことでしょう。この方法は、沢山のお金を減らせるだけではなく、二酸化炭素排出量も減らすことができます。再利用するということが、改革と創造の新しい段階を生み出しています。この記事で紹介するいくつかの家は、非常にユニークな建造物であり、建築資材や人々の家に対する見方を大きく変えることでしょう。

リサイクルラグ:緑のファッション

環境にやさしい生き方をすることが好きで、常にリサイクル製品の使用を考えていますか? もし、答えがイエスの場合、古着のデニムジーンズから作られた、このリサイクルラグは、必ずあなたの緑の生活にフィットします。擦り切れたジーンズを捨てていた日々は、ここで終わりです。スウェーデンのデニム会社、ヌーディージーンズ(Nudie Jeans)は、これらの使い古したジーンズのための完璧な解決法を打ち出しています。ザ・デニム・ラベル(The Denim Label)は、そのジーンズをリサイクルラグに再利用するという創造的なアイデアを持っています。 古着ジーンズを再利用する、スタイリッシュで革新的なコンセプトは、ラベル社のポスト・リサイクル・ジーンズ・イニシアチブの一部です。私達は、一体何本のジーンズをリサイクルできるでしょう?このコンセプトは、間違いなくモダンな家を装飾するだけではなく、手触りも良く、スタイリッシュな環境にやさしいラグです。 ヨーテボリ(Gothenburg)ベースのデニムラベル社による、これらのラグの全体のコンセプトは、北欧の影響を受けています。デニムラグの緑のアプローチは、独自の顧客によるジーンズの寄贈から始まりました。ジーンズは、細いストリップ状に切断された後、縫い付けられ、最後にスプールに巻き上げ収集されます。その後、それはインディゴ染めの糸で緯糸され、そしてシャトル室で手動で織られています。 古いデニムの方が、よりスタイリッシュな質感なので、デニムの年数は問題ではありません。これらの敷物の素晴らしいアイデアは、ファッションに向けた新しい方法をもたらしました。ラグは、お洒落なだけでなく、他のラグに比べて重量がかなり軽いです。インテリアとして、あなたのリビングルームや家の中で、それは間違いなく注目されることでしょう。 これらの敷物の生産はトルコで行われ、サイズは2×1.5mです。リサイクルファッションのこの作品は、ヌーディージーンズハウス・ロサンゼルスや、世界中にあるヌーディージーンズのコンセプト店で利用できるようになります。リサイクルラグの価格は$599 USDです。

テクノポッド(Techno Pods):ロンドン市の廃棄物100トンをリサイクルする簡単な方法

ロンドンのストリートは現在、画面が装着してある巨大な黒いゴミ箱が点在しています‐高級なゴミ箱に見えるかもしれませんが、ただのゴミ箱ではありません。これらは、「緑」のゴミ箱で、設置されて約一年です。今年は、ロンドン市で生成された廃棄物100トン以上をリサイクルするために稼働しています。これらのユニークなビンは ‘テクノポッド’と呼ばれ、リニュー・ソリューション(Renew Solution)によって設計されました。 このテクノポッドは、LED画像で地下鉄の遅れから、金融市場で何が起こっているかに至るまでのアップデートの様々な説明を歩行者に案内することができます。しかし、このテクノポッドの中で最も重要な機能は、新聞をリサイクルすることによって、都市で配布される幾つかの新聞は無料だということです。 現在まで、リニュー社によって展開されたテクノポッドは、約100台あります。今は、紙廃棄物のすべての種類をリサイクルすることができます。これらのビンは、ロンドンの潜在的な紙の廃棄物を収集する可能性がありますが、地元当局は、常にテクノポッドからの廃棄物の除去のための料金を支払います。これらのユニークな緑のゴミ箱は、国際リサイクルの局が定める都市リサイクル割り当てに準拠していなかったとして、ロンドンによって引き受けられたプロジェクトでした。 またこのビンは、持続可能で環境に優しく製作されています。省エネルギー技術が施してあるスクリーン画面は、電量消費がわずか40%の「適応可能な明るさ」です。明るい画面で機能する場合、LEDスクリーンは、一日あたり約210ワットの電力を使用します。しかしLEDは夜間閉鎖されています。以前、テクノポッドは完全に再生可能エネルギーによって供給されていましたが、現在は、複合型になっています。 テクノポッドを通じてストリーミングされるニュースコンテンツの多くにスポンサーや、投資家が付きます。リニュー社は現在、ウォールペーパー(Wallpaper)、カタール・イスラム銀行とCNBCよりスポンサーを受けています。しかし、リニュー社は、ポッドの数を拡大するために、多くのスポンサーを探しています。最初のテクノポッドのインストールのために、カタール投資局は大幅に財政援助を貸し出しました。   現時点でリニュー社は、テクノポッドに他の機能無線LANの設備を与えることによって、鉄道ターミナルや空港でこれらのポッドを展開したいと考えています。このモデルは、現在、シンガポールとマンハッタン(米国)など世界の様々な他の金融地区でテストされています。 ですから見ていてください。このリサイクルをはじめとする複数の利点を持ったテクノポッドが、金融都市での共​​通の光景になるかもしれません

道路の落下物を取り除く

今年の道路の落下物を取り除く、電子廃棄物をリサイクル、不法投棄を報告 あと数日で新年になろうとしています。そして、私たちは環境と地球を保全する解決策を考え始めなければなりません。資源の浪費と汚染はただならぬ割合で増加しています。たとえそれを減らすことができないとしても、少なくても不用な廃棄物によって環境に加える負担を減らす努力をする必要があります。そして来たる新年には、路上の落下物、電子廃棄物のリサイクル、不法投棄に関して新しい解決策を実施していく必要があります。 道路の落下物を取り除く 道路を安全な状態に保つことはとても重要なことです。自動車やトレーラーが路上への落下物に接触して傷付いたりパンクしたりすることがないように、道路が安全な状態であることを確保する必要があります。積荷には、落下して他人が事故や怪我に巻き込まれることを防止するためにカバーをして、しっかりと紐などで固定するべきです。道路の一部が破損したことによって生じるかもしれない損害や負傷に対して、あなたには法律的に責任があります。また、あなたの家族や友人を路上に潜む危険から守ることを考えれば、この意味がお分かり頂けると思います。ある場所においては、路上に落下物が発見された場合、罰金を請求されます。これらの費用は、落下物の除去に必要なスタッフの人件費として使われます。 路上の安全性を確保するトラック用のトラップを使用すべきで、それによってプライバシーとセキュリティが保たれます。大切な積荷にカバーをしておけば、泥棒に目を付けられることもなくなるでしょう。適切なカバーをすることによって運送しやすくなります。 電子廃棄物のリサイクル 急速な技術の進化によって多くの電子機器がすぐに旧式になり、世界中には電子廃棄物が増え続けています。このエレクトロニクスをリサイクルすることは、今日、環境保全のために非常に重大な問題となっています。旧式の電子機器をリサイクルするには、作られた当初の目的とは異なる目的で再利用されることがあります。リサイクルの別の方法は、旧式の電子機器を捨ててしまうのではなく、更新するか修理することです。この方法では、本来の目的で使用することができます。また、その機器自体の耐久性としても長く使用されることになります。廃棄される旧式の装置の数は、今後の十年間で指数関数的に増加するでしょう。主に注意しなければいけない事は、これらの廃棄された機器には、環境に有害な有毒物質が含まれていることです。 電子機器をリサイクルする大きな利点は、有毒化学薬品の放射を削減することです。機器の再利用数が増加すれば、その分環境に放出される有毒化学物質が減少するのです。電子機器の化粧直しをすることによって、多くの人が手頃な価格でより多くの先進技術を買うことができるようになるでしょう。通常、旧式の機器は埋め立て地に回されるので、リサイクルすることは、有害な埋め立てゴミを減らすことになります。 不法投棄を報告 川に有毒性の化学薬品を捨てることは、環境的に非常に危険です。水質に深刻な逆効果を与えます。これは、水生生物だけでなく公衆衛生的にも影響し、土地や表層水を汚染することになります。多くの美しい川が、水質を汚染するこの有毒素にさらされ、その結果、多くの魚が死んでいます。 この不法投棄は、環境を汚染するだけでなく乳癌や前立腺癌、幼年期脳障害のような深刻な健康的に有害な問題を引き起こしています。これらの病気はすべて、汚染と汚染率が増加するとともに増えています。ゴミが不法投棄される場所は、多くの場合、だれもが自由にアクセスできる場所です。子どもでさえも。そして、危険な化学化合物に触れてしまうと、大きな怪我を招いてしまいます。 あなたが住んでいる近くで不法投棄を見つけたら、直ちに報告してください。

2012年のロンドンオリンピックでは地球にやさしいバスケットコートが採用されました

オリンピック会場の選定は、これまで、一握りの裕福な国々に与えらえた特権であり、それらの国のみ、大会の運営に必要な、大規模な競技場を選定する権利を持っていました。 オリンピック期間中は、世界中から膨大な数の観戦客が訪れるため、そのような競技場の建設は無くてはなりません。 しかし、少ない予算しかない国のために、デザイナーであるウィルキンソン・アールおよびシンクレア・ナイト・メッツはバスケットボール競技場を作りました。 組織にとって低予算だけでなく、多数の恒久的な施設より緑が多い――環境にとってもフレンドリーなのです。 2012年のロンドン・オリンピック・バスケットボール競技場プロジェクトは、スポーツ・コンサルタント(KSS)および支援者との協賛で実現しました。 今年の夏季オリンピックにて、バスケットボール競技を組織するために利用されるでしょう。

”MTVグリーン”~クレジットカードで作るギターピック?

プラスチック製品が環境に与える悪影響はわれわれにとって大きな悩みのタネです。いろいろな形で利用されるプラスチックの中でも、クレジットカードはとくに問題です。カードといえば銀行のATMや各種会員証など、私たちの身の回りで多く利用されていますが、有効期限が切れると使い物にならなくなってしまうという点がどのカードにも共通しています。そのような有効期限切れのカードは結局、ゴミ埋め立て地に運び込まれる運命にあります。というのも、クレジットカードに代表されるタイプのカードは利用されるプラスチックの特性上リサイクルが大変難しいのです。したがって、およそ50万枚にも及ぶ(近代社会においては少なく感じるくらいの数値ですが)このようなカードが重さ1200ポンドものゴミとなっているのです。そこでその問題を解決すべく、この「MTVグリーン」の登場となるのです。

家の生ゴミをエコフレンドリー資源として更に利用できる方法~それが”コンポ”です

食材の消費に関して目を向ける時に、一般的には家庭内でのケースに範囲は限られてきます。しかし食品廃棄物というものは消費者側だけにとどまらず生産過程をも含めて世界中で大きな問題となっています。統計によると、なんと世界中で一人当たり年間100キログラム(総計13億トン)の食料が無駄に廃棄されているということです。実際に金額に計算してみると、まだ食べられる食べ物を捨ててしまうことによってアメリカでは年間430億ドルを無駄にしていることになり、イギリスでは年間各家庭でおよそ250ポンドから400ポンドの損失を出していることになります。

Scroll to Top