Home Renewable Energy @ja 商業食品廃棄物を禁止する最初の州マサチューセッツ

商業食品廃棄物を禁止する最初の州マサチューセッツ

by admin

燃料源が尽きかけており、エネルギー増加の要求が増える今日、エネルギー源の確保は必要不可欠な事項です。太陽電池パネル、風力タービン、燃料電池等を基にして多様な装置を試みてきました。しかし、 両刃の武器として用いることができるエネルギー源は食品廃棄物です。食品廃棄物から生物燃料を作り、プロセス中に廃棄物をきれいにすることができるので、一石二鳥です。これらのラインに沿って、マサチューセッツ州は、通常埋め立て地に埋め立てられる商業食品廃棄物の生成の禁止を実行する、アメリカ合衆国で最初の州となりました。イニシアティブが始まれば、禁止令は他の州でも同様に実行されるようです。

 

この禁止令は、ホテル、レストラン、会社と病院のような機関が対象です。
マサチューセッツ州は毎年およそ140万トンの食品廃棄物を生じると見込まれており、通常は、大量の廃棄物が再利用されないままになっています。この禁止令で、数千ポンドの食物は電力を発生させるのに使用されるだけでなく、埋め立て地のゴミを減らすことにも寄与します。

現代の食品廃棄物リサイクル・システムは、食物を分解して水素を生産するバクテリアを使用するか、あるいは電力を発生させるために用いるメタン・ガスを使用します。マサチューセッツ・イニシアティブは、現在制定過程にあり、当局は禁止令が将来的には一般家庭に及ぶことを期待しています。この提案は、今後5年間に法律化されると予想されています。

国連によると、世界で最も裕福な国々は、毎年およそ2億2200万トンの食品廃棄物を出します。廃棄物は埋め立て地から溢れ出すだけでなく、潜在的に危険なガスを空気中に放ちます。ガスが空気中に放出されるのを食い止めて、逆に廃棄物を利用することができるならば、それは環境のためになり、重要なエネルギー源も確保できます。

Via: Hydrogenfuelnews

Today's Top Articles:

You may also like