Home Renewable Energy @ja 水素製造に急進展!/ブラックライトパワー社

水素製造に急進展!/ブラックライトパワー社

by admin

ブラックライトパワー社の発表によると、自動車その他機器に使用する水素ガスを得る方法に大変革をもたらすエコエネルギー技術を発見したということです。専門家も、この世で繰り広げられている石油資源奪取を目的にした争いをとめることが出来るのはないだろうかという示唆に同意しています。 同社の技術とは、蒸気を安定した形状の水素”ハイドリノ”にする過程で電気を発生させる、というものです。

BlackLight Power

カタリスト‐インディースト‐ハイドリノ変換、あるいは CIHTと呼ばれるこの画期的な技術は、同社による500万ドルの資金調達完了次第、量産に向けたプロセスに移行します。このテクノロジーが実行可能であると同時に大きな突破口となることを発見した科学者によって、6つの独立した研究がなされます。

水蒸気によって進行するプロセスはCIHTセルに利用されて電力となります。その用途は多様ですが、通常はガソリンの助けとグリッドインフラストラクチャーが必要です。新しいハイドリノは水素を燃やすよりも200倍のパワーを放出します。

水素はおそらく大気圏の中でもっとも豊富な元素ですが、そのままでは手にすることができません。現在の技術ではコストが高く、変換速度も速くありません。しかし、ブラックライト社の新技術は全てを変えることができます。100ワットユニットの完成が2012年末までに、1.5キロワットの生産準備ユニットの稼動開始が2013年に予定されています。

同社は、現時点まででCIHTの開発生産を目的として750万ドルを集めました。また、さまざまな組織がこの新しい意技術を暖房システムと発電に利用できるよう、ライセンス契約を締結しています。

業界の専門家達はこの開発に沸き立っており、積極的な最適化をするべきだとの声も聞こえています。CIHTに関してもっと素晴らしいことは手頃に利用できて、かつ非毒性であるため長期間の運用に何の懸念もないことなのです。

Via: Marketwatch

Today's Top Articles:

You may also like