Autos @japan @japan

グリーンの未来へドライブ

環境にやさしい自動車でグリーンの未来へドライブ 生態学的アプローチの設計は、確実な素晴らしい世界への第一歩で、超現代的な環境にやさしい自動車が、近日中にハイウェーや滑走路、未舗装道路、そしてサイクリングロードにその姿を見せることでしょう。自動車の設計は確実に流動的で、奇跡的な改善が組み入れられてきています。「ゴー・グリーン」が現在の時代の主流になってきており、すべての会社がその流れに沿った企業努力をしています。未来の環境にやさしい自動車は、将来の自動車のデザインに一筋の光を与えます。このことを心に留めておいて、これらの環境にやさしい自動車は、業界ウォッチャーの間の大きな関心を集めています。地平線を走るグリーンの自動車は、将来的にデザイナーの財布と環境の両方がグリーンになるように思います。 環境にやさしい自動車に関して 環境にやさしい自動車は、電気または水素燃料と電気を組み合わせることにより起動します。これらのアプローチは、ドライバーの炭酸ガス排出量を減らすと同時にコスト効率の良い移動手段です。さらに、環境にやさしい自動車の設計は、公害の抑制に大きく貢献するために一定間隔で変更されています。その結果として、グリーンの自動車はガソリン・エンジン自動車とは対照的に、維持費が安くて済みます。 電気にすると大きな節約になる アメリカの自動車所有者は、グリーンの自動車を買うことをステータスとして、ハイブリッド車の新しい環境へのやさしさに投資することを決定しました。これは簡単なことではありませんが、環境にやさしい自動車は、明らかにエネルギー問題の解決策であることが分かります。先進的な環境にやさしい自動車を買うという主な利点は、相当量のエネルギー消費を節約することができるのです。ガソリンの価格は、ここ数年で著しく上昇しています。これによって、メーカーは開発途上国で環境にやさしい自動車を開発するようになりました。自動車の所有者が、1ガロンのガソリンに1ドルを払うところでは、さらに、グリーンの環境を考慮して追加費用を払っています。 環境にやさしい自動車は名前が示すように、汚染物質の放射を削減し、環境の有害な影響を最小化することができます。環境にやさしい自動車のドライバーは、この投資後には、大きく節約することができます。たとえ環境にやさしい自動車の購入がガソリン・エンジン自動車と比較して高くても、多くの人は好んで環境にやさしい自動車に投資します。ほとんどの国々の政府は、環境上にやさしい自動車を購入する際に、納税者に税制上の優遇措置を取っています。政府は環境にやさしい自動車の所有者に報奨を与えるだけでなく、保険会社も自動車所有者が年間費用の節約できる特典を与えています。これに加えて、先進国のいくつかの銀行は、環境にやさしい自動車の購入のために自動車ローンを低金利にしています。 環境にやさしい自動車の利点  環境にやさしい自動車にすると、ガソリン代としての支払いを3分の1に減らすことができます。ハイブリッド車には、通常、満タンにして500マイルを走行することができる11ガロンのガスタンクが装備されています。環境にやさしい自動車は、確実に天然資源を保存し、かつ環境的にCO2の排出を削減することができます。環境にやさしい自動車の機能は、市場でのデマンドを拡大することに貢献しています。また、ドライバーにとっては燃費効率を最大限に改善することができます。環境にやさしい自動車は、原油への依存を削減し、電気の可能性を大きく広げました。また、最初に高い投資をしたとしても、ガソリン燃料の自動車と同じ距離を走行した場合、より少ないエネルギー量で済むのです。 環境にやさしい自動車が走行する場合、電気エンジンやバッテリーによって、相当量の排気ガスを減らすことができます。これは、環境をクリーンでヘルシーに保つことができます。とりわけ、これらの自動車は、利用者の利点に繋がります。すべての環境にやさしい自動車の所有者は、目的地に行くために自動車を走らせるごとに、大きな節約をすることができます。環境にやさしい自動車は100%電気なので、ガソリン・スタンドに立ち寄る必要ありません。 Today’s Top Articles:

形が変わる、斬新なエコカー

交通手段は、目覚ましく変化してきました。個人的なものも、公共の乗り物も、技術が向上し現代における様々な要求に応えるものになってきています。自動車デザイナーたちは極めて革新的で、斬新な特徴を備えた車をデザインし、世界の早い変化に対応するダイナミックなデザインと技術、そして顧客を満足させる車を生み出しています。デザイナーたちが作り出した、こうした斬新な車の例をいくつかご紹介しましょう。

際だってユニークな人間が動力のくるま 

人力の乗り物を思い描くように求められたら、一番、最初に心に浮かんでくるイメージは自転車に違いない。自転車は人間の筋力を利用するとともにさらにそれを増幅させる装置だ。同じ労力を使いながら、歩いたり走ったりすることでは本来得ることができないスピードを獲得することができる。自転車が発明されて以来、筋力仕事率を最大限にするための技術の進歩には著しいものがあった。したがって、あなたが自転車に乗り換える動機としては、運動のため、環境に対する配慮、経費削減、またはレジャー目的などいろいろあると思う。いずれにせよ、これから紹介する12台の印象に残る人力の車をチェックしてみようではないか。

グリーンアドベンチャーのために作られた各種オール電化SUV

スポーツユーティリティビークルまたはSUVはセダンタイプや小型車と比べるといつももっと頑丈ないとこのような存在であった。おなじみの軽トラックのシャーシと4輪駆動で、ジープとランドローバーがこの自動車市場で特殊な分野を自力で作り出してきてから久しい。さらに、万事が地球環境に配慮して進むという好都合な時流とあいまって、私たちが目の当たりにしているはSUV市場においても同じ持続可能なパラダイムへのシフトがおこっているということだ。(垣根を越えたプラットフォームから始まっている。)そして、私たちは汚染物資排出ゼロのハッチバック式のシティカーcity carsについては以前に何回となく訴えていたし、さらには環境に優しい木製の車両wooden vehiclesについても繰り返しのべてきたが、騒々しいほどにブラウニーでしかも頑なまでに環境志向のSUVについても話す時期もきているようだ。

プロトタイプの航空機は、排気ガスゼロの人力飛行

定義による人力航空機(HPA)は、直接の人的エネルギーによって動力が供給された航空機で、人間だけが唯一の動力源となるものです。このような奇抜な航空機は、レクリエーションや輸送というよりも、主にエンジニアリング機能を試すものとして設計されています。しかし、しいて言えば、このようなコンセプトは、人力という「クリーン」な動力を利用して気流を捕えて空を飛ぶものなので、最も環境にやさしいと言えます。面倒な話はこれくらいにして、10個の革新的な持続可能なプロトタイプの航空機を見ていきましょう。

Scroll to Top