Wind Power @ja

風力発電のすすんだ国トップ10

世界中の多くの国は、すでに風の力を利用することを始めています。それらの国は、電気を発生させるためにウインドタービンを使用していて、これは有害ガスを発生させて大気汚染を排出することがなく、環境に安全な方法です。ウインドタービンを作ることはより効率がよく、その上戦略的に配置されているので、最大限のエネルギーを受け取ることができます。さて、それら風力を最大限に利用している国々をみてみましょう。   アメリカ合衆国: アメリカでは、すでに長い間、風力を利用してきました。アメリカは、とくに風が強い土地に焦点を絞り、風力発電装置を導入しており、風力から十分な発電量を得ています。海外からの輸入される石油への依存からかなりの程度脱却することで、彼らには相当の利益があるのです。また、風力発電によって大気汚染を減らすことが出来ました。   インド: インドでは、すでに総エネルギー使用量の5パーセント程を風力発電で賄っており、風力発電産業はどんどん成長しています。専門家達は、インドは、ここ数年で先進国を超える風力発電利用国になるだろうと予想しています。   ドイツ: ドイツでは、かなりの部分を再生可能エネルギーに頼っており、総エネルギー量の10パーセントを風力発電で賄っています。   フランス: 再生可能エネルギー利用については、いつもトップに君臨する国です。フランスは、風力発電だけではなく、海洋発電にも力を入れ、そのエナジーストックを増やそうとしています。   スペイン: スペインでは、風力タービン使用が非常に広く行き渡っています。この国では、環境保護に取り組み、風力発電から得られる電力が総電力の10パーセント以上になりました。   イギリス: イギリスでは、性能の良いウインドタービンが稼働しており、風の強い地域に沢山の風力発電装置を設置しています。上絵でイギリスでのタービンの数は甚大です。全エナジーストックの1から2パーセントを風力発電から単独でで得ています。   中国:  酷い大気汚染によって、中国では代替エネルギーを探し始めており、風力発電もその選択肢の中に入ります。多くの風力タービンが中国国内で増え続けており、かなり有効に稼働しています。   デンマーク: デンマークでは大気汚染の問題はほとんどないものの、総エネルギー量の20パーセント程を風力発電で賄っています。代替エネルギーの使用についてはデンマークが良いお手本になりそうです。   イタリア: エコフレンドリーで、自然維持の気運が強いイタリアでは、出来る限り可能な方法で、代替エネルギーの使用を押し進めています。   ポルトガル: 小さな国にもかかわらず、総エネルギーの11パーセントが風力発電からきています。 . Today’s Top Articles:

グリーンなエネルギーを生成することを約束してくれる、一番いい風力タービンのデザイン

エネルギー効率と、再生可能エネルギーをもっと利用することだけが、私達にエネルギー需要を減らす新しい方法を模索することと、エネルギー効率を得るための革新的なアイデアを提案することを求め、荒波を生き残るための唯一の信念です。風力エネルギーは 疑いようもなくそうした再生エネルギーの1つで、よりグリーンな未来を実現化するために、もっと活用される必要があるエネルギーです。

Makaniの浮遊風力タービン、従来の50%まで動力を節約

今日の環境の状態では、ソーラーエネルギーや風力エネルギーのようなエネルギーの代替モードを作る必要がある。今日、多くの企業が、このような環境に優しくコスト効率のよいエネルギー資源を利用したさまざまなメカニズムを導入することに焦点を当てている。風力エネルギーは、生態学的に優しく、膨大なエネルギー生産源となる自然資源のひとつだ。これまで伝統的に地上に風車がおかれていたが、Makaniパワーは、空中を飛びながらエネルギーを作り出す風力タービンを設計開発した。

バルセロナ大学が革新的な風探査システムを開発

バルセロナ大学の教授群によって革新的な風探査システムが設計された。特に海洋環境のために設計されたこのシステムは、気象センサーを持つモジュールをもった熱気球に基づいている。これらのセンサーは、気球の場所にかかわらず、風の大きさや強さを追跡するのに役立つ。

東海岸風力送電線網、第一期沖合コネクタの承認を得る

代替エネルギーの選択肢は日々増え続けており中でも最も人気の高いものが太陽光ですが、最新の進展によって風力が急速に追い付こうとしています。最新の風力タービンそして沖合や高地の風力までもを取り込む新たな方法によって風力はもう頼りないものではなくなり、ほぼ安定したエネルギー源としてエネルギーを生産できます。ある研究者グループは風力を代替エネルギー源に切り替える刺激的な研究計画を立てました。

ジャイサルメール・ウインド・パークの1GWの容量を持つ施設は、インドの風力発電を最大化する。

世界で主要なタービン製造業者のひとつ、Suzlonグループは、インドのジャイサルメール・ウインド・パークに1GWの容量を持つ施設が出来たことを、最近報告しました。2012年4月1日に風力エネルギー生産が1064MWsに到達し、目標には既に達成しました。統計によると、この業績で、ウインド・パークがインドの最大の風力発電所というより、最大の再生可能エネルギーを引き起こす施設ということになります。

風力発電所は局地的温暖化を引き起こす?

ニューヨークのアルバニー大学の研究チームによると、風力発電施設によって地上温度の明らかな上昇が見られることがわかりました。このチームはアメリカ国内でも4大風力発電施設を抱える西テキサスのノーラン、テイラーの各地域の気象データを観測したところ、2001年から2011年までの10年間に、風力発電施設のないエリアに比べて夜間の地上温度が0.72度上昇したということが分かりました。地球温暖化現象による温度上昇は10年間で0.2度といわれていますから、その4倍以上の温度上昇がみられる今回の測定結果は風力発電の発展を根底から揺るがしかねない一大事なのです。

砂漠にきれいな水を作る、風力発電機システムを作る企業

一般的に、従来、風力発電機は、風力から、クリーンな電力を作り出すのに使われています。でも、今、砂漠のような環境で、水を供給し、きれいにするのに風力発電機を使うという、革新的なコンセプトがあります。 エネルギー関連企業 Eole Water社によって考案され、この魅力的でありながらシンプルな技術は、アブダビの乾燥地帯で、既にテストに成功しています。

最新風力発電タービン

環境に優しい電力源でありながら、心がこもり、目を楽しませるものをお探しではありませんか?風力発電タービンがその答えです!風力発電タービンは、風の運動エネルギーを、機械のエネルギーに変える機構です。風にそよぎながら、あるものは垂直に、あるものは水平風にまわり、空気より軽いものもあれば、高層ビルにしっかりと設置されるものもあります。これらの風力タービンは、環境に害を与えることなく電力を製造する最高の選択肢です。

Scroll to Top