[email protected]

知的な魚型ロボットが海洋生物保護のため汚染ゾーンを検知

BMTが管理するプログラムのSHOALにおいて、研究者は、水中の汚染を発見し識別することができる人工知能を備えた魚型ロボットを開発しました。チームは環境をリアル・タイムで分析する化学センサーを最終的に魚型ロボットに組み込むために、人工知能、化学分析、水中通信、ロボット工学設計そして流体力学など5つの主要コンポーネントの研究に3年間をついやしました。魚型ロボットは従来のサンプル収集の方法がかなり改善され、はるかに効率的になります。

人が回帰線を極地寄りに移動させる?

人間による環境汚染が宇宙に与える影響は、かつて想定されていたものよりも大きいようです。 研究が始まった当時は環境汚染と熱帯・亜熱帯地域の変化との関係性が示され、25年以内に回帰線間の距離が222kmから553kmまで拡大するとされていました。しかし新たな研究結果によって、このような変化は人的活動の影響をより強く受けているということがわかったのです。

海藻、8万トンを超える炭素を隔離する

自然炭素貯留能力がある地域を捜すための探求において、海藻が以前考えられたより非常に多くのカーボンを保存することができることが調査で明らかになった。

「Map of Life」:指一本で多種多様な生命体情報にアクセスできるウェブツール

どれくらいの人が地球や自分の身近に存在する生物の多種多様性について思いを巡らしたことがあるでしょうか。さて、そのことについてもっと知りたいと強く思うのであれば、「Map of Life」は一回で用の足りるウェブサイトです。 その基本構想は地球上の動植物の地理的分布状況を的確に把握する洞察力をユーザーに提供することです。デビューバージョンは、一連のグーグルマップに組み込まれていますが、ユーザーがインターネットでこのマップにアクセスすれば、爬虫類、両生類、鳥類、魚類などの世界の30,000種の陸生脊椎動物を詳しく調べることができます。

Dip Chip、TAUが開発した携帯型毒性検査器

その昔、味見役を使って食物の毒を検出しました。ほとんどは王や身分の高い人々が雇い入れ、この『被害者』は文字通り自身の健康や時には命を犠牲にして食べ物を毒性試験にかけることに専念し、主人が無毒の食物だけを口にするように計らいました。時代は移り、人間が飲食する前に魚を使って食物や水の試験を行うようになりました。この方法は間違いなく有用ですが、現在の手順は時間がかかり必要機材は誰でも使用できるようなものでもありません。これをはるかに簡易にするためにテルアビブ大学は微生物を使って正確に素早く毒性を検出する機器『Dip Chip』を開発しました。

科学者の卵、燃料電池による脱化石燃料依存めざす

再生可能エネルギー問題について議論する時、革新的テクノロジーの陰には研究者や科学者の存在があるのが一般的です。そのため、化石燃料への依存という世界的な誤りを正す役を2人の兄妹が買って出たことはさわやかな風が吹き込むようでした。16歳のDheevesh Arulmaniさんと14歳の妹Srutiさんは燃料電池を研究する科学者の卵です。兄妹は、65カ国から参加者を集めて今週ピッツバーグで開催されるIntel Science and Engineering Fairににおいて競技に参加します。

マイクロソフト社がカーボン・ニュートラルを掲げて再出発

環境問題に関心のある人なら、アップルやアマゾン、フェイスブックのような大手企業がエネルギー需要についてエコフレンドリーなことに取り組んでおらず、大気汚染に責任があるといって国際環境NGOグリーンピースが大騒ぎをしたことを覚えていますよね。温室効果ガスの排出を減らすにあたってモラル義務のようなものがあるにはあるのですが、すべての企業は営利目的で成り立っており、環境に優しいことは最優先されず、またそうである義務もないというのが当たり前ですね。しかし、グリーンエネルギー源を目指してゆくことはコスト削減や効果的なPR活動にも通じるので、企業にとってメリットになるかもしれませんよね。

直径1380キロメートルのウォーターボールとは?

水はもっとも貴重な資源で、人間が成長したり生命を維持したりするために重要な働きをしています。毎日のすべての活動が水の助けのもとで行なわれています。水はどこにでも大量にありますが、なかには飲むには清潔ではなく安全とは限りません。塩水は大量にありますが、淡水は少なく北極や南極の氷原などの限られたところにあります。水は動物や植物の生命も支えています。人間は水なしでは生きることができません。しかし、最新の研究によると地球上のすべての水は直径1380キロメートルのボールに入るくらいしかないらしく、現在の水問題は非常に深刻なのです。

「温暖化の穴」がアメリカ東部の気候変動を遅らせている

環境に悪影響を及ぼし、様々な呼吸器疾患を引き起こす空気汚染物質を除去することは重要なことです。しかし特定の状況下では、空気中の粒子状物質が太陽光を宇宙に向かって反射し、特定の地域において冷却効果をもたらします。このことはアメリカ東部の状況を調査していた科学者たちにより発見されました。彼らの研究により、空気中の微粒子が東部アメリカに「温暖化の穴(warming hole)」ができており、この地域における気候変動を遅らせている原因となっていることが明らかになりました。

威厳のあるリサイクル鋼製ドア

ドアは、初めて家を訪れる人の第一印象となります。素晴しい外観のリサイクル鋼製ドアによって、あなたの家の見る人の目が変わるでしょう。リサイクルドアは、地球の貴重な資源を節約するだけでなく、環境に関心を持つ信頼できる個人として実感することができます。リサイクル鋼製ドアを使用することがどのように家を変えるのか想像できなければ、ここに挙げるリサイクルドアをご覧ください。家の外観を変えるだけでなく、追加セキュリティにもなります。

Scroll to Top