[email protected] @japan

フロリダ工業短大の新しいキャンパスをサンティアゴ・カラトラバが設計

ブリゼ・ソレイユは、自然な換気と温度調節として太陽光の日よけとして使用する建築の技術です。ブリゼ・ソレイユの技術のいくつかは固定式で太陽光の日よけに使用していますが、サンティアゴ・カラトラバは、同じ日よけ目的とし画期的な方法で、可動式の翼を使用することで有名です。ミルウォーキー美術館のサンティアゴ・カラトラバは、この驚くべき建築創作品の例で、すぐにフロリダでも導入を予定しています。

古来の建築技術が現代の環境にやさしい設計に一と肌脱ぐ

時が経つと古いものは流行ではないという理由で処分されることが多々あります。ほとんどのものは改善されてきているので、科学原理は時間をかけて発展してきたことを忘れがちです。試験や実験を失敗して何度も繰り返すことは恥なことではありませんし、目的の変更は決してよいことではありません。現代の建築家は、現代風の建物をエコで環境へのやさしさを強化するために、昔の工法から知恵を借りています。

ヘニング・ラーセン建築がNordea銀行の環境にやさしい太陽光電力のオフィスビルを構想

かつてのエコ建築物の設計は少数の都市に限られていましたが、ここ10年ほどでその傾向は世界中に広まったように思えます。これは、長い間エネルギー効率を建築物に求めていた、すべての環境保護論者にとっては明るいニュースです。最新の建物のはえなわは、コペンハーゲンのØrestad NorthにあるNordeaに提案された新しいオフィスビルです。建物は2000人以上の従業員が働きやすい雰囲気を作っただけでなく、環境にやさしい設計で豊富に飾られています。

E-QBO:エネルギーの需要をカバーする立方体の太陽電池パネル

巨大なさいころのような型の構造体が太陽電池パネルとして電力をカバーできるとは考え付きませんでした。なぜ世界中の屋根にまだ太陽電池の装置を設置していないのか、ソーラーパネルで飾られないか、と不思議に思っていました。代替エネルギー源に対する要求の声が大きくなっているにもかかわらず、経済的な制約に加えて、地方行政の意識の不足が最も大きな理由です。しかし、「E-QBO」は、エコ構造と斬新な設計面を持ち、それ自体で電力を発電するだけでなく、グリッドにも電力を供給することができます。

HSV R2: 電気の軽量コンパクトRV車

オーストラリア地域でジェームズ・ダイソン賞に選ばれた2シートでスポーツタイプの軽量自動車は、35歳をーゲットとした、環境にやさしいレジャー用と通勤用の両方に使える自動車です。「HSV R2」と名付けられたスポーツタイプのコンパクトな電気自動車は、コストオアフォーマンスが良く、環境に与える影響も低く、乗車した人が楽しんで乗ることができます。自動車の安定した四輪に加えて、取り外しができるすべての天候に対応できるルーフが特徴で、転覆から保護するためにモノローグ安全セル構造が採用されています。ランニングのコストを削減するため、動力としての電気エンジンには太陽光が供給され、eサービス・ステーションでバッテリーを交換することにより無限に走り続けることができます。

Turenscapeが天津の汚染ゾーンをBridged Gardens とQiao Yuan Parkへ変える

このプロジェクトは、Turenscape自身のいくつかのチャレンジ心なしにはできなかったものです。再生計画のリストにあった最初のミッションは、どのようにこれらのデッドスペースを緑豊かな素晴らしい景観に変えていくかです。そして次の難題はどのように景観を自然に馴染ませ、そして環境に順応させるかでした。建築スタジオでは偶然にも天津The Bridged Gardensで使用したコンセプト、つまり外観を合体させる方法を見つけ出したのです。その美しい庭園は、いまは都市の窓、そして沈庭園、テラスを設けたウォーターフロント、そして小高いスロープや高層ビル間の連絡通路(スカイウォーク)などの姿になっています。同時に風景に溶け込んで、一連の一まとまりの景観となり、レクリエーション、そして美しいサービスをつくり出しています。 そのような努力は、中国が景観開発に注ぐ重要性を示しているといえます。中国政府は、先進、そして発展途上にある国々がすべて体験する重要な発展と保存のバランスに気を付けているようにもみえます。

IBAドックが自給持続の新しい建物への道を開く

炭素排出量を削減し、自然環境を改善するヨーロッパにおける取り組みはよく知られています。環境の非常な悪化に伴い、私たちは大至急、いろいろなことを以前のように戻さなければならないのです。ドイツは、現在の風潮を以前の状態に戻すための国としての社会基準や政策づくりに躍起になっています。ドイツ各地で行われている国際建築展覧会(IBA / Internationale Bauausstellung)では建物を展示し、カーボンニュートラル(大気中の二酸化酸素量を増加させない)な都市開発のリアルタイムの調査研究を行っています。その中でIBAドック、またはインフォメーションセンターと呼ばれる建物は、採用している再生可能エネルギー技術とポンツーン(浮き船)構造で注目を集めています。

アルカディアン・ウィネンデンが作る世界で最もサステナブルな住環境

ドイツの郊外ウィネンデンでは、本格的な産業再生プロジェクトが行われ、 サステナブルな住環境という名誉を与えられました。経済的な不況に加え、2009年の学校での銃撃事件で、この地域に住む魅力は激減しましたが、このアルカディアン・ウィネンデンが、リソースを生みだす高性能の多様な要素で活気をもたらしました。

Ochre Barn:低予算で古い納屋が住居に

英国のCarl Turner Architectsの専門家が所有する、ノーフォークの放置された納屋を改装した建築スタジオ で、創造性、モダンな住まいの快適さと田舎の素朴さを兼ね備えています。Ochre Barnという、新しい創造性に満ちたこの田舎の住まいを、この作者は試行錯誤する場となるための試作ととらえています。

コントロール・コラプシング、毎日のルーチンなサイクルを表現

2012年のEvolo超高層ビル・コンペティッションのエントリーの1つに、David Giraldeau 氏とAlexandre Guibeault氏が設計した超高層ビル「コントロール・コラプシング」があります。設計者の説明によると、プロジェクトの後ろ盾となるアイデアは、極性が人間の存在と一致する不規則なレベルの計画、とのことです。ユニットはすべてが独立していますが、垂直軸上で自由に移動ができるシステムによって互いに調整されています。さらに垂直軸はスラブ間のスペースの圧縮が可能なクオリティーを作り上げています。

Scroll to Top