Environment @japan

Bioplastics: Advantages, Disadvantages, Trends, and more

With the ever increasing awareness of the environmental as well as the health hazards of oil derived plastics, the global industry is taking into consideration the plant based alternatives (aka Bioplastics). Bioplastics are derived from renewable material

Bio-plastics

知的な魚型ロボットが海洋生物保護のため汚染ゾーンを検知

BMTが管理するプログラムのSHOALにおいて、研究者は、水中の汚染を発見し識別することができる人工知能を備えた魚型ロボットを開発しました。チームは環境をリアル・タイムで分析する化学センサーを最終的に魚型ロボットに組み込むために、人工知能、化学分析、水中通信、ロボット工学設計そして流体力学など5つの主要コンポーネントの研究に3年間をついやしました。魚型ロボットは従来のサンプル収集の方法がかなり改善され、はるかに効率的になります。

乱獲が原因で太平洋のサンゴ礁鮫が激減

多種の生物の数が減っている事と人口の減少に関連が無いとは言えません。 森林伐採や食物、密漁、地球温暖化による陸海の生物の極端な減少に、私達は著しく貢献してきました。今、世界の海洋学者は、人間の住む島の周辺に生息するサンゴ礁鮫の数が激減していると言っています。ハワイ大学のマーク・ネイドンによるとサンゴ礁鮫の数は、手つかずのサンゴ礁周辺と比較すると人間の住む島の周辺は90%以上まで顕著に減少しているいいます。

気候変動と集中豪雨がヨーロッパの山岳植物にもたらす弊害とは

工場・発電所・自動車などから発生する有害二酸化炭素ガスによる環境汚染の影響は、人体や植物、動物までに及びます。このことはすでに絶滅に追い込まれた動物や植物の数がそのことを証明しています。またヨーロッパの山岳地帯に生息する植物の中には徐々に高地へとその生息地を移動していくというこれまでには見られなかった現象が起きています。

新型CU-NOAAモニターシステムが大気汚染対策に実用化へ

大気中の排気について深い考察をする際には、人工の化石燃料とその他のガス成分との区別・比較をすることが必要不可欠です。コロラド大学のボルダー氏率いる研究チームは、正確に区別をすることのできるモニターシステムを開発し、地球温暖化ガスの調整を助ける効果的なデータの収集を実現しました。

Scroll to Top