Solar Power @ja @ja

太陽エネルギーvs樹木の論争を解決する3つの方法

太陽光エネルギーと植樹は環境改善のためにはどちらも重要なのですが、この2つ項目に関して別の事実があります。 一方が反映するためにもう一方が停止しなければならず、お互いが対立する事もしばしばです。植樹を進めると太陽光がブロックされ、植樹を止めると環境における酸素レベルが減少します。 お互いの意図が同じという事実に関係なく、太陽光エネルギーと緑化は常に対立しているのです。 太陽エネルギーとは正確になんでしょう、どのように働くのでしょうか? この質問の答えは私達の議論の始まりを印し、さらに太陽エネルギーと緑化の間の終わることのない論争を緩和する方法を議論するのです。   太陽エネルギーは主に太陽から抽出するエネルギーで多くの目的で使われています。 この種のエネルギーは一般的に私達が太陽電池パネルとして知っている物と関係があり、太陽からエネルギーを得るために非常に重要で無くてはならないものです。そのような原理を用いて運営している市場には多様な種類とスタイルの太陽電池パネルがあります。 太陽光は世界中で再生可能なエネルギー源として画期的に発展しており、太陽光の利用は優れた選択と言えます。 太陽エネルギーと緑化は、環境破壊の主な原因である地球温暖化を食い止める非常に有効な方法です。 先に述べたように、太陽エネルギーと緑化は同時に繁栄する事はできませんが、これらの3つの方法でこの対立を打ち破ることができます。 まず最初に緑化とソーラーパネルの衝突を避けるとても簡単な方法は、お互いに安全な距離を保つことです。 ソーラーパネルの機能を損なう大きな問題は近隣の木々が太陽光の邪魔り十分な太陽光がパネルに届かないという事です。 しかしもし高さの少ない木を植えてソーラーパネルをより有利な位置に配置すれば解決の可能性も高くなります。 ソーラーパネルと緑化の衝突は今日広く知られていている事実で、簡単の解決法として裁判所のドアを叩くものもあります。 次に第2の選択肢ですが、個人より共同体でソーラーパネルを作るのです。  一つのソーラーパネルよりソーラーパネル広場に投資する方が有益な解決策で、しかもあなたには場所を選べる自由があり、樹木に邪魔されるのも最小限、これで大丈夫でしょ。 第3の方法はソーラーパネルと樹木に持ちあがった特定の論争において実際の量を測定することです。何故なら近隣の木を全て伐採しても太陽光が届かない場所にあるソーラーパネルもあるからです。 だから何か本当の影響力を持つ論争だけを重要としなければいけません。ソーラーパネルは環境に非常に大きな利点がありますが、正しい位置に設置された時のみ太陽の最大出力を得る事が出来るのです 太陽エネルギーと緑化間の衝突は長い間続いてきましたが、太陽光発電と緑化が環境に最も重要であるのに問題の決定的な解決策はまだありません。 しかし上記に述べた方法が両者の戦いを解決するのに必ず役立つ事でしょう。   Today’s Top Articles:

お庭にいかが?ソーラーLED

ソーラーLED照明が、次第に普及してきています。これらは環境に優しく、高品質な素材でできていて、デザインも多種多様です。嵐、雨、雷などの自然現象にも耐えられるので、庭や屋外の照明に向いています。また車寄せや歩道の安全を守るためにも充分に使えます。信頼性があり、多機能で、再生可能エネルギーの利用促進にもなるほか、取り付けが簡単で安全というメリットもあります。明るさは、従来の電球と変わりませんが、使用するエネルギーはほんの少しです。そのため、金銭面でも大きな節約になり、電力消費も削減します。環境もきれいに保ちます。 機能と寿命: ソーラー照明は、太陽の紫外線を感知して作動します。ソーラーパネルが搭載されていて、その太陽光エネルギーを電力に転換します。太陽光から転換されたエネルギ―は電池の保存されます。LEDは、電球型蛍光ランプ (CFL)、ハロゲン電球、白熱電球等を使った、屋外用照明と比べて寿命も長く、最長で25年持ちます。壊れたり切れたりした電球を取り換えなければならない、という事態はめったに起こりません。 取り付け: 従来の庭用照明と比較して、ソーラーLEDは便利なだけでなく、取り付けが容易です。LED照明はワイヤーやコードで接続しているわけではありませんし、取り付けるのに、掘削も要りません。そのため、感電やコードに引っかかるなどといった事故のリスクは著しく軽減されます。あちこち動かすことも思いのままにできます。照明の寿命を延ばすため、庭に取り付ける前に必ず太陽の下で数日間充電する必要がありますが、その後は定期点検も特別必要としません。ただ埃やすすがたまると、ソーラーパネルの効力が減ります。最高の状態で機能させるには、湿らせた布でときどき拭くだけで大丈夫です。そうすると、ソーラーパネルの太陽エネルギー吸収率がよくなり、庭や屋外をもっと明るくすることができます。 このシステムのたった一つの厄介なところは電池です。電池の不具合が、起こりうるトラブルではもっともよくあるものです。電池の交換は、ときどき行わなければなりません。

$571M太陽発電プラント スペインに植樹

過去10年にわたって、太陽のパワーは世界各地に多数の太陽発電システムを配備してきた。このシステムは費用効率がよいだけではなく従来の必須要件である送電線網への依存度もまた減少させる効果もある。太陽のパワーは予算どおりに、予定どおりに、太陽熱発電所を建設し連結させる。現在、エストレマドラと呼ばれているスペインの西部の広大な土地に、この類では地域最大となる太陽光発電施設の建設計画が進んでいる。2014年に建設が始まり、完成までに1年を要する計画となる。

次世代の技術:3D太陽電池が光電子産業界を革新

発電において化石燃料と比較した場合、ソーラー技術自体が比較的「新しい」エネルギーの供給源です。しかし、太陽の力は地球を形成し、そして地球が出現した日から生命を維持しているので、そういった意味では最古で、そして最も確実で重要なエネルギー源です。最近の20~30年間はソーラーパワーを確保するために、太陽電池パネルの使用が信じられないほど増加してきました。一貫性に加えて広範囲に及ぶ有効性と明瞭な効率性により、代替の電力源として太陽電池が登場しました。科学者は、3D太陽電池の到来により、ソーラーパネルは次の段階に進歩する時期であると信じています。

パナソニックとのコラボでシアトルマリナーズ本拠地にダブル太陽電池パネルが登場

今日では環境に配慮したエコフレンドリーな建築物に注目が集まっています。このため太陽電池パネルなどは大変な人気を得ています。化石燃料から作られた燃料は環境にも人体にも有害ですから、太陽電池パネルの設置によって作られる電力は代替エネルギーとして大いに重宝されます。このようなサステイナブルのはたらきを推進する大リーグのシアトルマリナーズは、パナソニックと共同で本拠地セーフィコフィールドに2重太陽電池パネルを設置しました。

人工光合成が自然界の光合成並みのスピード効率を達成

人口光合成はサステイナブルな継続利用可能エネルギーの究極のカタチとして多くの研究の的となっています。これに関してスウェーデンのKTHローヤル工科大学は水分子から酸素と水素イオンに分解する溶媒を作り出すことに成功しました。しかし、一番注目すべきは光合成自体ではなく(この化学変化を起こすことはずいぶん前から成功していた)、この人工光合成のエネルギー製造効率の驚くべき高さです。

Scroll to Top