[email protected] @japan

スザンヌ・ヨングマン フォームシートから作り出す美しい世界

芸術は周りで起こっていることを再現するようで、現代アーティスト達の関心も彼ら独自の感覚を通し、リサイクルや再利用に向けられているように見受けます。オランダのアーティスト、スザンヌ・ヨングマンは16世紀から17世紀の古典的イメージに近代的なタッチを加え、伝統的でありながら時代を超えた美しさを持つすばらしい作品を創りだしています。

ロンドンのアイコン披露に向けて庭園創造

GAndy Sturgeonによる庭園フェスティバルの作品は今年の夏の期間展示される予定だ。この催しはロンドン市のサウスバンク、バンクサイド周辺地域で開催される。創作活動で多忙な中、このクリエイティブなイノベーターはPommery Eyegardenを設置する予定だ。この庭園はロンドン大観覧車のカプセルの中に造られたポップアップ式庭園として参照されているものだ。彼の庭園はジャズもなくシンプルなものだ。真っ白な四角の柱が4本あり、それらはこの卓越した建物の建築ブロックを構成している。この庭は緑色と白色の植栽のつくる陰で包み込まれていて心がやすらぐ。それらは生来の草むらの草やバルトパセリで仕上げられている。

アーティスト・デュオが、雑草から素晴らしく正確な肖像画を作成

ペンキ、石、インク、鉛筆やコーヒーの染みからさえ作成される肖像画は、私達が長年にわたって関わってきた芸術媒体です。彼らの心や感情と調和して彼らの手の器用さを使用し、美をつくるアーティストの能力は、畏怖とインスピレーションのある不朽の名作を作ります。全ての作品は、最も高い賞賛に値しますが、中でもこのプロジェクトは絶対的な独創性で最も高い評価を受けています。英国人アーティスト、ダン・ハービーとヘザー・アクロイドは、自然の光合成現象を利用し、雑草から素晴らしく正確な肖像画を作成しました。

芸術家と教授による、素晴らしい人工虹

子供の頃、虹は、 虹の端っこで待つ、金貨の入った壷を持った妖精と小妖精に関係する霊のような、不思議なもののように思えました。そして、年をとるにつれて、光の湿気、日光、反射と屈折という、より論理的説明があることを知りました。しかし、私達が現象を理解してもなお、虹にはまだ畏怖を感じさせる力があります。これはオーロラを目撃したときに感じるものと似ています。マイケル・ジヨーンズ・マッキーン氏は、虹に対する情熱を持っています。
そして彼の情熱が、ネブラスカのビーミス・センターの上に弧を描く人工虹システムを開発させたのです。

厚紙とファイバーグラスで作られたアイアンマン・スーツ「アベンジャーズ・マニア」

厚紙でできた格好よいスーパーヒーローの模型やスーツを見たことがあるでしょう。ヘルボーイの模型もなかなかでしたが、あの右手はもうちょっと工夫が必要だったかも。ヘルボーイはともかく、アベ・サピエンもそれほど悪くないですよね。他にも日本のキャラクターやスーパーヒーローについても、厚紙製スーツが作られています。しかし、修理工のマーク・ピアソンさんが作った新しい「アイアンマン・スーツ」と比較すると、それらはみんな迫力に欠けているでしょう。

唯一無二のミニチュアシティがポテトの彫刻によって作られる

ピーター・ルートという名前を聞いたことはないでしょうか、彼はホチキスの芯の積み重ねによる完全なミニュアシティ、「Ephemicropolis」など、信じられないコンセプトの作品群で知られる、デザインの世界に新たなブームを巻き起こしたアーティストです。その作品は素晴らしい想像力の片鱗をうかがわせるものです。このイギリス出身のアーティストは難解で入り組んだ物に対する眼力があります。最近彼が手がけたアート作品は、ポテトの表面に彫られた唯一無二のポテトシティスコープです。

ソーニャ・ヘンリクセンがコロラドで描いた雪の絵

雪に描かれた絵がどのくらい保つかは、周りの温度により決まります。また雪が新たに降ったり、激しい風が吹いたりしても消えてしまうというのが雪の絵の難しいところです。寒い季節が大好きなサンフランシスコに拠点を置くアーティストのソーニャ・ヘンリクセン(Sonja Hinrichsen)は、5人のボランティアの助けを借りてコロラドのロッキー山脈にあるRabbit Ear Passで雪の中を歩きまわり、この素晴らしい雪の芸術を作り上げました。

風力で駆動する地雷除去装置を作ったデザイナー

紛争で荒廃した多くの地域には、過去の戦争で残された地雷が埋まっています。罪の無い一般市民がそうした過去の代償を払うような事態を防ぐため、様々な試みが行われています。アフガニスタンでは、無数の地雷が未だに市民や一般市民を危険にさらしています。アフガニスタンのデザイナーMassoud Hassaniが、子どもの玩具をベースにした地雷除去装置を設計しました。

彫刻家、卵ケースで戦車Challenger IIのレプリカを作成

リサイクル・アートは、創造力の具体化とグリーン・タグによって、世界中で評価されています。世界中には、創造的な人がたくさんいて、そのリサイクル・アートによって私たちを魅了します。彫刻家のスチュアート・マードック氏は、卵ケースからChallenger IIのレプリカを作成しました。これは負傷した軍人を助ける慈善団体「兵士の卵」のプログラムの「ヒーローを助ける」活動資金を調達することが目的です。

ボーンヤード・プロジェクト:鮮やかな色遣いの芸術的な飛行機

飛行機の機体なんて大概ベーシックな原色使いの面白味のないデザインだと思っていませんか。しかし、そんな考えは見事に覆されるかもしれません。ボーンヤード・プロジェクトは、小さなキャンバスから巨大な旅客機まで、あらゆるオブジェクトに色で生命を吹き込み、実用的な旅客機も巨大なアート作品にしてしまいます。

Scroll to Top