[email protected]

地球に優しい教皇が残した地球に優しい遺産

新しいヴァチカン教皇が決定、待ち望まれていた白煙がついに上る アルゼンチン人大司教のホルヘ・マリオ・ベルゴリオ氏が第266代のローマ教皇に就任しました。先代のベネディクト16世が残した「地球に優しい遺産」が新しい教皇に引き継がれ、それがさらに広がっていくことが期待されています。 8年間の任期中、ベネディクト16世が「環境に配慮する教皇」と呼ぶにふさわしい教皇であったことは間違いありません。彼は環境意識を宗教的問題と捉え、若い世代の共感を呼びました。その先代のヨハネ・パウロ二世もまた、メッセージを通じて尊い神の創造物である地球を守ることの重要性を訴えました。2005年に教皇に就任して以来、ベネディクトは環境保護を教会の重要な教理の一つとし、 環境問題に取り組み続けました。 環境問題について無数のスピーチを行っただけでなく、個人的な貢献を含めて積極的に様々な取り組みを行いました。世界の指導者たちに、汚染と排出の削減を促し、バチカン市国をゼロ排出の国にするための彼の決心を強固なものにしました。彼はまた、2700のソーラーパネルをバチカンのパウロ6世ホールの屋根に取り付け、バチカンの一部で使う冷暖房や照明用の電気を発電する計画を許可・推進しました。また、ハンガリーの森全体のスポンサーになるため、バチカン銀行を通じてカーボンクレジットの購入も始めました。その他に良く知られているものとして、自身のカーボンフットプリントを削減するための部分的電気自動車「ポープモバイル」(教皇の移動用の車)があります。 ベネディクト教皇が唱える環境保護は、浅く、宣伝目的で、自身の信用と名声を確立する道具に過ぎないという人もいます。しかし彼の努力は本物で誠実であり、バチカン教会の信念と現代のイデオロギーとを平等に考え、カトリック教会をより開かれたものにしました。常に倫理を重んじるベネディクト教皇は、地球環境を守ることは神が創造した世界を守ることであると考え、教会を環境保護活動の一環として位置づけました。 ベネディクト教皇は教皇の地位を去りましたが、環境のために彼が教会を通して行った多大な貢献は、無視することができません。 教会が進歩的な考えを発表することはそれまで決してありませんでしたが、ベネディクト教皇は教会から環境への配慮を訴え、地球を守るという世界の流れを押し進めてきました。ベネディクト教皇は、キリスト教の価値観と重大な課題を結びつけ、多くの環境保護主義者たちの心に触れた「グリーンな(地球に優しい)教皇」としていつまでも記憶されることでしょう。 Today’s Top Articles:

Keenの本社、4Rコンセプトを念頭に置き改築

Keen株式会社は、ポートランドの歴史的なパール地区にある築105年の5階建ての建物を、「リユーズ(再使用)、リパーパス(再利用)、リサイクル、リストア(再建)」のポリシーに従って改築して、新本社ビルとして使用し始めました。今年、この古い倉庫スペースを購入した時は、改築に関して多くの考えや意見がありました。そして。最終的に、地球にやさしくて、他の世界中の大手企業の手本となる改築に決定しました。 彼らが捨てたものは? Keenフットウェアが1000万ドルで購入したこの50,000平方フィートの建物は、ちょうど改築が必要な時期で、本社としてふさわしい外観に仕上がりました。一般的に誰でも最初にすることは、必要なくなったものを捨ててしまうか、あるいは、ある物すべてをあらかじめ捨てることです。しかし、この会社はそうはしませんでした。約8か月間続いたこの改築工程の記録としては、解体と建設廃材が廃材用のコンテナの1台分も出なかったことです。Keenは、前の建物をそのまま維持することを望んだのです。 従来の建築ように、埋め立て地に送る廃棄物はほとんどありませんでした。実際に廃棄物をわきに溜めて、その中でも再使用が可能な廃材、約25トンの石壁、同量の木材、5トンの金属、そして大量のゴムなどを分けておきました。これらの材料は北ミシシッピのリビルディング・センターにも保存されました。これは、今後の改築に使われることとなるでしょう。 本社はどのような外観になったか? 床面積が約4000平方フィートあるこの建物の一階には、会社のフットウェア、バッグ、ソックス、その他すべての製品が販売されるガレージとしてオープンしました。一階にでさえ、心地よいノース・パシフィックの日光が入るように、巨大なガレージ・スタイルのガラスを備えた典型的なガレージのような内装です。この新しいガレージは、2年前に第13通りとラヴジョイ通りの角にあった、以前の本社の一階にあったガレージよりもおよそ4倍もの大きさがあります。 ショールームの床には、埋め立て地から抽出して、賢く再使用して作られた、ポートランド地域の多くのオブジェクトを含んでいます。例えば、Keenの北ポーランドにあるスワンアイランド靴工場からの本底は、レジ・カウンターの基礎を包むために使用され、オレゴン通りの道路標識がモザイク天蓋に吊り下げられています。コウキールの古い漂白剤やオレゴン高校で使われていた椅子は、店内の座席として使用されました。 その他の改築 この本社設計に関係していた人にとって、全工程は巨大なジグソーパズルのようでした。どの部材を再使用することができるかを考え、そしてどこで使用するかを考えながらの作業だったのです。元の建築から変更しなかった部分は、紙やすりで磨きました。ダグラスファーの床にも手を加えず、そのままの状態です。カリフォルニアのレッドウッド市のボーリング場のレーンは、現在、3階の長いキッチンカウンターに使われています。このレーンは、半数以上の経営者やその子供たちがプレーしたものです。 コーヴァリスの荒廃した古い小屋は、現在、ガレージとKeenのオフィスの間のスライド扉として使用されています。 そう言えば、グラビティー・シュートも、ここに付け加えておく価値はあるでしょう!これは、従業員がスパイラル・スライドを使用して、在庫品倉庫から靴の入った箱をとることができるので、顧客は実際に靴を手に取って吟味することができます!確実に、多くのエネルギーや時間、そして労力を節約しています。 この本社の至る所に、4R主義がきちんと、そして効率的に適用されています。

世界を巻き込むハロウィントリック

ハロウィンと言えば甘いお菓子とケーキとお祭りです。しかし子供の肥満が大きな問題になっていて、これについて真剣に考える必要があります。ハロウィンであろうと無かろうと甘いお菓子の負荷から解き放つ為に、子供達を騙す必要がある事を理解しなければなりません。ハロウィンは子供達があちこち出向いて行き、沢山のお菓子や甘いケーキで飾られます。その様な状況をどのように回避すればよいのでしょう。ハロウィンは間違いなくお祭りなので、子供達に悲しい思いをさせたくないと同時に、甘いお菓子の過剰摂取を避ける方向に向かいたいと思うのです。 次のトリックは子供達を圧倒しあなたの問題も解決するに違いありません。 ハロウィンの前から、お菓子を食べすぎる事の弊害について子供達に言い聞かせます。糖分を採り過ぎる事に関連する問題について上手く説明して下さい。問題となる肥満や歯や歯茎、虫歯について子供達を教育するのです。お菓子を食べすぎないように確信させる必要があります。子供達に言い聞かすだけならお菓子を食べないよう罰を与えているように聞こえるでしょう。 ハロウィン恒例のお菓子を貰いに出かける前に、健康的でおいしい夕食で満腹にしましょう。夕食には、繊維質やたんぱく質、甘い果物も含んでおきます。お腹いっぱいになればお菓子の摂取量も自ずと減ります。 友達や近隣の人達と共に、伝統的な甘いお菓子に代わりにハロウィンをテーマにした可愛いプレゼントに変えて下さい。ハロウィンをテーマにした鉛筆や笛、帽子など色々な品物があるはずです。 コミュニティーや町内で行うあろうぃんパーティーも素晴らしいアイデアで、子供達がお菓子を摂取するのを監視することが出来ます。持ち寄りのハロウィンパーティーは、お菓子の負荷を減らしハロウィンを最も楽しめる素晴らしい方法です。かぼちゃの彫刻、卵をベースとしたデザート等は優れた代替品で甘いお菓子の代わりになり、お祭りを盛り上げます。 時間制限と訪問する家の数を決めておくのも素晴らしいアイデアで、ハロウィンで子供達が食べるお菓子の数を監視できます。 子供が大きくなると、ハロウィンで年少の子供達が家にやってきた時、楽しんであなたのお手伝いをしてくれるかもしれません。 これらの簡単なトリックで、子供が悲しまずにハロウィンのお祭りを最高に楽しむことが出来ます。これらのトリックは子供達だけでなく近所の人達も捲込んで行くでしょう。

コンクリートのごみ箱 – 革新的なアイデア

コンクリートのごみ箱という革新的な概念が徐々に普及しています。ごみ箱あさりをしている人にとっては、排水管やごみ処理場から廃品を回収しなければならなくなるので生活が大変になるでしょう。プラスチック製のゴミ箱は時代遅れの概念となり、多くの人たちが明日へのエコの必要を理解して、コンクリートのごみ箱の使用が次第に増えています。

バイオクリーン:キッチンのゴミの動力で動くコンパクトなゴミ分配器

我々が今日直面している最大の課題の1つは、エネルギー資源の使い方、そして、同時に公害や排出から地球を守りながら、持っている資源をどのように最大にするかということだ。デザイナーたちが、代替エネルギーがこの問題と取り組むひとつの方法であると考えると同時に、実際に、エネルギー危機を解決し、新しい解決策に一生懸命に取り組む努力をしている一方で、系統電力に頼らず、彼ら自身の流行の方法でエネルギー節約に役立っている、おしゃれで小さなガジェットを創るのに忙しい他の人たちもいる。Kyuho Songがデザインしたバイオクリーンはこれらの中の一つだと思われる。

YBRパーキングシステム:エネルギーの必要量を供給する太陽傘が注目されています

公然と太陽エネルギーを促進している設備が増えてきていることは喜ばしいことです。街路灯や駐車場のような設備が丸一日太陽光を浴びている時にこの無限のエネルギー源をうまく利用したほうがよいというのは非常に理にかなっています。既に太陽ランプ、つまり 環境にやさしいランや二酸化炭素排出量を削減するためのゴミ収容器にも転換しつつある主要都市が多くあります。YBRパーキングシステムはソーラーになった多くの駐車場スペースの設計の一つです。パーキングシステムは上部に太陽光発電パネルを備える傘があります。そのパネルは24x7ユニットに十分供給できるエネルギーを確保します。もちろん雨の日はある種のバックアップ供給源はまだ不可欠で、余剰に供給された日のエネルギーがグリッドに返上されます。太陽シェードは別として、そのシステムは様々な役に立つことを提供してくれます。例えば、 広帯入力電圧インバーター、地図、現在地の情報、目的地への方向、そしてスマートフォンで特別なアプリケーションと同期させるNFCシステム等です。

Uniq:ハイブリッドな電動スクーター

自動車業界は、デザインだけを追求した、ただ誇示するだけの新車に熱狂する車マニアも大勢います。でも、革新的なデザイナーは個性を打ち出すため、少し専門的な限られた要素を探すようです。インドの工業デザイナー、キラン・ギャンガハランは、2040年のUniq電気スクーターコンセプトで、彼独特のデザインをアピールしました。

水と洗剤の使用量控えめのオービット(Orbit)洗濯機

気取った自動車のコンセプトや、派手な建築プロジェクトの時代。私達の想像力は確かに国内の範囲を超えて拡大してきました。しかし、2050年の洗濯機がどのように変化しているか考えたことがあるのはごく少数の人々でしょう。工業デザイナーのエリー・アホヴィによって描写されたエレクトロルックスのオービット洗濯機の構想は、騙されたと思って聞いてみる価値があるかもしれません。

カルハ(Kalha)構想 ~貧しい人々が厳しい冬を乗り切るために~

適切な住宅設備を持たない貧しい人々は、時々華氏零度以下の気温の中で生きていかなければなりません。ピーター・トロニー(Peter Toronyi)は、そんな境遇の人々の為に快適さを提供するカルハ構想を打ち出しました。彼によって設計された作品は、持続性、生存、生態の3つの問題を同時に扱います。

クラウド・スキッパーズ(Cloud Skippers):空中に住むコミュニティー

クラウド・スキッパーズは、グレチェン・スタンプ(Gretchen Stump)によって考案されました。それは、冒険好きな人々が土地を離れ、空に浮かぶ雲の中にある地球とは逆の機械のような家で暮らすという概念です。これらの家々は、グライダーのように飛行し、風に揺れながら自給自足の生活ができます。そして巨大な凧のように、巨大な翼と長いケーブルで繋がれ、空に浮かんでいます。クラウドスキッパーは、時速100マイルを超えるスピードのジェット気流と呼ばれる一定の風の流れに乗ります。この風が、この巨大な構造を支えるのです。

Scroll to Top