Gadgets @japan

Outdoor and indoor air purification systems of the future

As we know it:

Fresh air is synonymous with good health and vitality. But the unfortunate fact is that there is hardly any fresh air around for us to breathe in. What the lungs generally take in nowadays is air impregnate with acidic pollutants…

Oxygen of Green

旅行する人におすすめのエコグッズ

今の時代、ほとんどの人が、旅行をしている時にも、自分達の行動1つが環境に影響するということを意識しているようです。 そういった人たちが真っ先に考えるのは、旅行先で消費するであろう様々なもののこと。なので、そういう人たちは、旅行をしないで家にいようと決めたり、カーボンクレジット(国々の間で取引できる温室効果ガスの排出枠)を買わなくても、フットプリントを削減、かつ、持続性を高めることができる、そんな方法を数多く実践しています。今や、新たな資源を無駄にしないで、再利用したりしたアクセサリーやグッズがたくさんあります。しかも、天然の資源を使って、皆さんにきれいな水や電気を供給することもできるんです。 グリーンラゲージ 荷物も環境にやさしく イーグル・クリーク社(Eagle Creek )は、環境にやさしいラゲージを作っている企業の1つ。 この企業は、持続的に生産ができて、かつ、消費者のニーズに見合った、耐久性のある製品の必要性をよく分かっていて、その製品に使われている素材に責任を持ち、製造過程でできるだけゴミがでないように配慮しています。ですが、もちろん、旅行者の求めているものも忘れてはいません。なので、ラゲージには、扱いやすいように複数のグリップがついていたり、靴を入れられるスペースが特別にあったりします。 オスプレイ・パックス社(Osprey Packs)は、リソースシリーズを新たに立ち上げました。旅行をしたい人向けに、質の高いデイパックがそろっていて、ほぼ100%リサイクル素材でできており、バックパック、ショルダーパックともに、旅行で多少荒く扱われたりしても問題なし。 今の時代の旅行者は、寝るときにだって環境にやさしくできるんです。PBバンブートラベルブランケットセットは100%天然の竹の繊維でできています。アイマスクとソフトブランケットはどちらもオーガニックで、 抗菌、抗アレルギー製。このグッズの一番いいところは、素材として使われている竹。特に防虫剤をまいたり、大量の水をやらなくても、成長がとても早いのです。 安全に、“聴く” マークリー・イノベーションズ社は、環境を大事にしている旅行者へのアピールの仕方をよく知ってるといえるでしょう。この会社は、ボール紙を使ってエコ・スピーカーを作りました。その70%近くがリサイクル素材でできていて、ほぼどんなデバイスにも対応、しかもそのデザインも多様です。 バッグ・オブ・リズム・オーディオシステムは、ザ・ハウス・オブ・マーリー製で、ステレオシステムとショルダーバッグになっています。持ち運びでき、 アンプはもちろんのこと、ウーファーとダブルスピーカーもついているこの環境にやさしいすばらしいグッズは、リサイクルされたキャンバスと、持続性に優れた白樺からできています。 水を使った目覚まし時計も自然をこよなく愛する人に、よさそうなグッズです。べドル・ウォーター・アラームクロック ( Bedol Water Alarm Clock)に水を補給すると、およそ6ヶ月持ちます。 Today’s Top Articles:

”回収木材を使用した腕時計”~ユニークな資材活用法

「限りある資材をより有効活用するために」というコンセプトを元に、イタリアの靴メーカーと2人の事業家とのコラボから生まれたのが”WEwood”ブランドの腕時計です。この事業家の2人が自然愛好家でもあったことで、廃材として他の用途には使い物にならない木材を再利用したデザインの腕時計を企画制作しようということになったのです。この腕時計はまたたくまに多くの腕時計マニアの注目を集め、今やロサンゼルスからエジプトのカイロに至るまで世界中の多くの都市で販売されています。

エコフレンドリーiPhone用スピーカーはリサイクル紙を利用

今や持ち運び式iPhone用スピーカーはリサイクル繊維を利用して作られる時代です。「エコアンプ」と名づけられたこのスピーカーは「エコメイド」社によって製作されました。この製品は再生利用素材としてFSC基準を満たし、すでに使用が始まっているリサイクル繊維から作られています。このスピーカーの原理は昔の蓄音機と同じで、iPhone本体の音声出力部に取り付けられたホーン部分が音を拡張するという仕組みです。

太陽電池式パソコンキーボードがエコフレンドリー技術に仲間入り

テクノロジー業界では各製品の効率性アップに全力を注いできていますが、特に電池の分野おいては現代のニーズに大変うまく適応できています。その例として、携帯電話やiPadには太陽電池の利用が対応できるようになっていますが、さらに今回、太陽電池のみで稼動するiPad用のキーボードがリリースされます。IT業界大手のロジテックが太陽電池を専門とするイギリスのG24i社と業務提携を結び、iPad2とiPad3への対応周辺機器として発表できる段階にこぎつけました。

子供たちは太陽エネルギーで動くSon-X Octavia(サン-Xオクタビア)があれば屋外で遊ぶ

ほとんどのご両親には、子供を屋外で遊ばせることが信じられないほど難しいことに共感してくれることでしょう。今やMP3プレーヤーやPC、コンソール・ゲーム、タブレット、ノート、そしてiPadsのような機器が大量に生産されているテクロノジーの時代です。消費者志向により製造された小道具類や電子機器は、子どもたちに大半の時間を屋内で過ごさせるものばかりです。この傾向を打破し、かつ子供たちにより多くの時間を屋外で遊んでもらうために、Son-X Octavia(サン-Xオクタビア)は開発されました。Son-X Octaviaは、子どもがぶらんこで遊んでいる時に3種類の効果音が出る装置です。

Smart‐Siサーモスタット、Wi-Fi対応で冷暖房エネルギーを節約します/エコビー社

スマートフォンからスマートサーモスタットの操作が可能な、エコビー社のスマートサーモスタットは2009年に一般公開されました。同社は今年、よりエネルギー効率の良い最新型スマートサーモスタットを発表する計画です。かつての製品を知るひとなら誰でも試してみたくなる、エコビーのスマートサーモスタットといえるでしょう。

『スマートトークソーラー』 太陽光を楽しむハンズフリースピーカーフォン

正直に言って私達の殆どは、運転中に電話で話すのは大して楽しいことではありません。実際他に何もする事がないけれど、車に座って道路に目を凝らしていなければなりません。まあそんな事は実際に運転している多くの人にとって大した事ではないでしょう。もし運転中にあなた自身がそういうおしゃべりをする1人だとして、電話で会話中も両手はハンドルの上に置いたままと言うのが良い方法でしょう。そうする事もできますが『スマートトークソーラー』はハンズフリースピーカーフォンとして使う事が出来ます。

MITチーム、木製携帯電話を作る

DIY(do-it-youself)プロジェクト は常に革新的で驚かされますが、MIT(マサチューセッツ工科大学)のメディアラボの人達が作ったこの携帯電話もそうです。 携帯電話の本体はレイザーカットされた木で作られ大きなボタンと大きなケースに特徴があります。 ボタンを押しやすくするために本体の表面の下にたわみを付けています。 これは試作品ですが、電話は完全に機能して普通の携帯電話の同様に電話を掛けたり受けたりできるのです。

マイクロソフトの新型特許が目指す全面スクリーン型スマートフォン

スマートフォンの後ろ面もスクリーンになったらどんな感じでしょう?前面が全てスクリーンになっているモデルはたくさんのメーカーから販売されていますが、このたびマイクロソフトが申請している特許技術では、後ろの面にもスクリーンのあるスマートフォンの商品化を可能にするものと期待されています。もっとも、マイクロソフト側は、前からも後ろからも操作が可能な一種の巨大スクリーン製品を作ろうとしているのではなく、後ろの側はタッチスクリーンではなくディスプレイ画面として使用する方向性です。

Scroll to Top