Travel @ja

環境にやさしい10のスキーリゾート

スキーは、人を浮き浮きさせる体験です。一度滑ったらもうスキーを止めることができず、まずます滑りたくなります。多くの人々がスキーをして休日を過ごすのを好みます。あなたが豪華なスキーリゾートでスキーの休日を楽しむときには、スキーリゾートが環境に与える影響などは考えません。スキーリゾートは多くの化石燃料を使用しています。専門家ではない限りはっきりとはわかりませんが、一度自然の森を伐採して、化学的に人工的な雪をつくっていることの影響を考慮にいれてみると、この自然のアンバランス化にスキーリゾートは責任があることがあなたにも理解できるでしょう。いくつかのスキーリゾートは、環境に優しい方法で彼らのスキーリゾート施設を運営しています。   アスペンスキーリゾート   ASCもしくはアスペンスキーリゾートは、環境にやさしいスキーリゾートについてはリーディングカンパニーです。彼らのもつアスペン地域の山沿いにある4つのスキーリゾートは、アスペン、アスペンハイランド、バターミルク、スノーマスと名付けられています。彼らは環境にやさしいスキーリゾート作りを一つのミッションとして早くから取り組んでいます。彼らは風力を使い、スキー施設のエネルギー供給を賄い、電気を使うことで起こる環境への悪い影響を減らしています。バイオディーゼル燃料を、スキー場の整備車に使っています。彼らの環境に対する取り組みは、多くの賞を受けています。 スマグラーズノッチ・ファミリーリゾート   持続可能なスロープをもつメンバー達が運営するスマグラーズノッチ・ファミリーリゾートは建物の構造も持続可能で、信じられないほどエコフレンドリーです。自然にやさしく、自然と共存できるように多くの努力をしています。彼らの自生植物の保護と、花や生態系の保存、エネルギーと水の保全は、非常によく知られています。ヴァーモント州にあるこのスキーリゾートは、水やエネルギー保全のための方法をその従業員やゲストに一部だけ紹介しています。   パークシティ・マウンテンリゾート   ユタ州のパークシティになるスキーリゾートは、エネルギー部での年間検査で、カーボンフットプリントを減らすことを計画しています。彼らは再生可能エネルギーを使用してケーブルカー、その他を動かしています。彼らはすでに15,000トンのカーボンフットプリントを減らしています。 マウントバチェラー・スキーリゾート   彼らはすでにカーボンフットプリントの量を測定するために専門調査員チームを雇い、その効果的な減少法について検討しています。彼らはバイオフレンドリーな燃料を使ってクリーニングをし、バケーション中のゲストにもリサイクルに協力するように呼びかけています。   サンダンスリゾート・ユタ   食事から装飾まで、サンダンスリゾートはすべてが完全にエコフレンドリーです。彼らは多くのものをリサイクルし、おいしい食事とサービスを提供します。   ジミーピーク・マウンテンリゾート   彼らは風力タービンを設置し、設備を動かすエネルギーを得て、環境保全や環境にすこしでも貢献するようにしています。 アルタ・スキーエリア   彼らは環境保全のもと、地元の自然を壊さないような建築を心がけています。その土地で建物を建てるのに、独自の基準を設け、環境が壊されない様に配慮しています。   ウィスラー・カナダ   2010年、冬のオリンピックのホスト国であったウィスラーは、環境の変動についての有用な努力でも知られます。スキーリゾートの建築方法や、エネルギー消費の削減などもっとも環境保全に有効な方法が採られています。   メリエーベルリゾート・フランス   リサイクルを最大限に押し進め、エネルギーと燃料の消費を削減しています。 ダボス・スイス   彼らは2014年までに二酸化炭素排出量を実質上減らすことを目標に掲げています。  

ホリデーはこの5箇所で決まり

今やホリデーは単に荷物をまとめて現金片手に出かけるだけの時代ではなくなっていて、エコツーリズムにも関心が高まっています。つまりクリーンでグリーンなことが望まれているのです。しかもこれはお金持ちだけでなく一般人にも浸透しています。特に最近はホテル側としてもグリーンコンセプトを打ち出すことで差別化を図っているのです。星の数に限らずこの動きは顕著ですから、ここではすばらしいそのようなホテルを紹介します。 シワ・オアシスリゾート アドレレ・アメラルリゾートにある古くて豪華な一風変わったつくりです。石と木をメインに使って環境的には豪華どころか古臭い感じですが、サービスや備品は正反対です。エコフレンドリーでグリーンなかたちでプラスチックは少なめで部屋もこじんまりとしています。キルトとベッドシートはオーガニックコットンですしトイレの備品もグリーンです。 デインツリーエコロッジ・スパ 山やビーチ、動物の王国の中に作られたリゾートは耳にしたことがあると思いますがオーストラリア・クイーンズランドにあるこのリゾートは熱帯雨林の中に建てられています。部屋もビラ・タイプから木の上の部屋まで用意され、スパは特に素晴らしいです。緑に囲まれてのんびり過ごして思いっきり羽を伸ばしましょう。 ヘリタンス・カンダラマ スリランカにあるリゾートです。ユネスコ遺産に囲まれ紀元前5世紀のシギリヤ岩でできた要塞に1世紀のダンブラ岩も合わさってユニークな仕上がりです。リゾート内にあるアユベダスパもグリーン性抜群です。 ホワイトポッド スイスにあるホワイトポッドは世界有数のホテルです。アルプスの真ん中に位置してイグルー状のコテージが雪に良く映えます。キャビンはソーラーエネルギーで暖房や電力全般をまかない、部屋から見えるアルプスの景色も最高です。 チャンブル島コラル・パーク 一般にはあまり知られていなく知る人ぞ知る自然タップリのリゾートです。サンゴ礁パークの中にある美しい場所でクリーンでグリーンなバンガロー式の部屋が目を引きます。オープンなスペースを有効利用した世界でも指折りの宿泊施設です。 このように、世界にはグリーン愛好家にピッタリなリゾートホテルがたくさんあるのです。

飛行機・ホテル・クルマがもっとエコフレンドリーに

気候の変化や大気汚染、その他の環境汚染問題は地球に深刻なダメージを与えています。われわれの地球がまさに危機に瀕し、動植物の中には絶滅の可能性に陥っているものも少なくありません。各業界は消費者の気を引くようなエコフレンドリー商品を開発し、市場に旋風を巻き起こそうとしています。特に観光業界が果たす役割は大きく、航空会社にホテル業界、自動車産業は特にさらなる開発を迫られているのです。 航空会社 近頃はより多くの会社が燃費・きれいな燃料などを実現する装備を採用し、消費者に訴えかける戦略をとっています。航空券も紙ではなくオンラインで発行されますし、エコフレンドリー食料バッグも採用されてきています。特に燃料が環境に悪影響を与えるこの業界においてはこのような動きは必須で、細かなところに至るまで実は変化の兆しが見られるようになってきています。 クルマ 最も一般的な移動手段ですし、最近では続々とグリーン化が進んでいます。燃料における新技術全般は大きな注目を浴びており、価格が手ごろな小型エコ車が販売台数を伸ばしています。これからもより多くのエコカーが出回るでしょう。 ホテル 観光業はホテルによってさせられている比重が大きく、ここでもグリーン化が進んでいます。小さな規模の国ではバスルーム周りやランドリー関連用品をエコフレンドリーに代えています。一方で大きな国ではより大掛かりな投資をしていて、例としてはラスベガスのパラッツォホテルなどは世界で最もエコフレンドリーなホテルとして知られています。電気の使用や省エネの方法が大きく関わってくるのです。高級ホテルの中にはオーガニックコットンのタオルやナプキンを使っているところも見受けます。 このようにして、業界の垣根を越えて最新技術だけでなくグリーンなオプションを提供して環境にやさしくしているのです。このようにして環境に優しいだけでなく、消費者にも同じような考えを持てるようにはたらきかけているのは素晴らしいことです。

カリブ海の航空業界の挑戦

31もの島々から成り、多くの観光客を受け入れている国のために、カリブ海の航空業界は、政府に地理学的および経済的な規制を修正する提案書を提出しました。その多くは、中央と地方における二重レベルの規制と管理体制に関する要求でした。もう一つの制約事項は、すべての島には人口的な格差がありますが、エアーバス・サービスはすべての島々を連絡しなければなりません。これに関しては、需要や座席キャパシティー、維持費、そして運営費において多くの要素を考慮する必要があります。航空運送業務に関して、これらすべてを実施して維持していくには多くの困難さがあります。 コストと補助金の重要性 カリブ海の島々には多くの観光客が訪れるので、社会や経済成長のために航空運送業に頼っていることは事実です。しかし、そこには2つの大きな問題があります。その1つは、国内の一民間企業が社会事業として航空運送業務を運営していて、政府は航空会社サービスを破綻させないために大きな助成金を提供しているということです。 過去にカリブ海の航空運輸の民営化は困難であると言われてきました。しかし、1990年代中頃に、テスト的に運営されることになりました。それ以来、国内外から多くの小規模な民間企業が参入しましたが、どの企業も長続きはしませんでした。民営化された航空会社の運営が軌道に乗らなかったことから、政府が航空業務を維持するために実権を握って後ろ盾しなければなりませんでした。これによって、カリブ海の航空業務を滑らかに機能させるためには、政府が中心的なサービスを管理下に置く必要があるという実例になりました。その結果、民間企業の経営者が業績を上げることができなくなりました。 航空サービスの合理化の要求 ここ10年間で、世界は経済的に厳しい時代になり、すべての産業がその影響を受けました。航空業界も例外ではありません。カリブ海は諸外国との取得や合併がありました。これは、協力と円滑な運営のために、様々な航空会社間との強いチャンネルが必要だったのです。政府が介入したいと願うあまり、民間企業の要求を受け入れられることはありませんでした。土壇場において計画や決定の変更、取り消しをすることによって、素晴らしいアイデアを抑え込んでいました。航空業界には、過去数十年において多くのマイナスとなる出来事が発生したので、数百万回もの要求事項が却下されてきたのです。 会合を召集して航空会社の運営から税を免除するように提案を出し、料金を削減しようとするコミュニティがあります。しかし1つだけ重要なことを見落としていました。それは、どのようにして空港のメンテナンスと維持をしていくか、ということでした。 解決策 根本的な考えとしては、要望を議会で合理的に通して、経費削減を維持し、収入を増加させながら、リーズナブル・プライスでよいサービスを提供することです。LIATがしたように、自ら改善しようと努めることです。取締役とCEOのメンバーは、株主に提示する事業計画を打ちたてました。投資計画があったので、老朽化したエアーバスを新しく交換することができます。さらに、既存の株主はそのままで、潜在的な新規株主から多くの投資を引きつけようとしています。インフラと航空会社の運営が上手くいくように、税体系を縮小するための検討がなされています。これには航空便のマーケティングが考慮されています。 提案書に関しては、2013年の初めに現在の問題として議論するためにCARICOMの経営陣が会合を持つことになっています。問題の焦点は、長期的に利益を上げ、現存のサービスを改善する方法についてです。  

アメリカのベストグリーンホテル

「グリーン」に対する意識の高さは高まる一方ですが、どのような方法が実際に環境にいいのか良くわからないものです。ホテルに関してはLEED認定が一番よく認められていますが、このような認定をもらっていなくても十分環境にやさしい宿泊施設はあるのです。このような施設ではリサイクルから水の節約までいろいろ工夫を凝らしていますので、そのようなホテルを6つ見ていくことにしましょう。 カリフォルニアのバーデッソーノ 高級ブティック宿泊施設で、ワインで有名なカリフォルニアに6エーカー分も土地を取っています。世界でも有数の超高級ホテルの称号でもあるLEEDプラチナ認定を受けており、継続使用可能性の推進にも力を注いでいます。 木や石を再生利用して建築に取り入れられ、地下の地熱システムが冷暖房機能を発揮します。ハイライトは何と言っても屋上プールと豪華なゲストルームにアロマスパでしょう。 ストウ・マウンテン・ロッジ 周辺の河川の水の流れを調節する役割も兼ねた人工のペレグレン湖のほとりにたたずむロッジです。マンスフィールド山のふもとの歴史的に由緒ある地域に建てられ、一年中オープンしています。2008年に地元で採石した石で作られ、どちらかと言うとスキーリゾートのようです。オードゥボン国際エコアウォードを受賞して、スキーに関しては環境にやさしいトロリーシステムを採用しています。 イリノイのホテル・アレグロ エコ好きな旅行者を満足させるのがこのホテルです。隅々にわたってエコが実践されており、グリーン製品やオーガニック素材、ハイブリッドカーの推奨に従業員のエコライフサポート、さらには他のエコ企業とのコラボなどを積極的に展開しています。印刷物には大豆製インクとリサイクル紙が使われ、省エネ電球もあちこちに使われています。 マサチューセッツのホテル・グリーン 地元の有名靴デザイナー、バネッサ・ノエルによって建てられました。2部屋に分かれたスイートルーム式の部屋が10部屋用意され有名ブランドのエコ製品が設備されています。このホテルはまさにグラマラスでありながら社会責任も自覚している典型です。 ユタのザイオン・ロッジ 森林公園のなかにそびえるホテルで1920代より長きにわたって創業を続けてきています。エコツーリズムの先駆けともいえるサンテラパーク・リゾートによって管理され、コンポストの生成でオーガニック食などに還元仕しようとする動きが盛んです。電気は風力発電によってまかない、歴史的部屋とモーテルユニット以外は床が竹でできたりリサイクルカーペットなどを備えた6つのスイートルームが用意されています。全部屋とも飲み水はフィルター浄水され、生物分解可能な石鹸の使用にオーガニックリネンやコンパクト蛍光灯などが標準装備されています。 ニューメキシコのエル・モンテ・サグラド ゴージャスさを損なわずに環境保護機能を実践するホテルです。周囲を壮大な山々に囲まれており、まさに自然との共存の象徴のようなホテルです。太陽電池パネルと地熱発電によって冷暖房が管理され、特殊リビングマシーンとバイオラリウムの2つがハイライトです。エコシステムの継続使用においては長年にわたって見事な成功を収めています。

2012年秋の素敵なエコがつまったリゾート6選

  ここ数年で、エコ・ツーリズムは忙しい日常からしばし解放されて、心休まる休暇を計画したい、日頃多忙な日々を送っている人達の間で人気となっていて、エコフレンドリーな環境を約束するツアーパッケージを選ぶ傾向にあります。多くの環境にやさしいホテルや、リゾートも、環境活動を取り入れていて、また、 そういったホテルの建物に使われている素材は、リサイクルされています。 このようなエコ・リゾートは、自然光や効率的なエネルギーシステムを採用し、過熱したり、冷却をしたりするのに活用しています。 ホテル内の、他の日用品は微生物によって分解される素材で、無毒のものを使っていて、ベッドに使われているリネンはオーガニック100%なのです。 そんな本質的なことにもこだわっていますが、エコ・リゾートの大きなこだわりの一つが、オーガニックであること。なので、エコ・リゾートは、冒険心があって、熱心なエコ・トラベラーにはうってつけというわけです。さあ、世界のエコ・リゾートベスト6をご紹介しましょう。 ソネヴァ フシ リゾート アンド シックス センス スパ ソネヴァ フシ リゾートは、モルディブ島にあります。その場所全体が、緑のカーペットに包まれていて、周りは白い砂浜と、きれいなターコイズブルーの海。自然をこよなく愛する人に、まさにおすすめの場所。 ニヒワツ インドネシアの東に位置するスンバにあるニヒワツは、2つのベッドがあるベッドルームが3部屋あるヴィラと、バンガローが7つあります。 このリゾートは、この地域の多様な生物を保護したり、スタッフの95%をこの島の島民から雇っていることで知られています。ダイビングに絶好の場所があり、ゲストは伝統的な村を訪ねて、インドネシアの本場の文化に触れることができます。 ワイルド エレファント エコ フレンドリー リゾート ケーララ州のムンナールにあるこのリゾートは、熱帯雨林の近くで、その動植物で有名です。 多様な動植物と直接会える場所で、野生の動物が大好きな人なら、ムンナールに来たら、とても楽しい時になることうけあいです。 ムンナールには素晴らしい滝も色々あります。また、リクエストすれば、ジープサファリでごつごつした岩山や茶園、美しい景色を見に行くことも可能。リゾートが手配してくれます。 ジーン・マイケル クストー フィジー アイランド リゾート このリゾートは、バヌアレブ島の、17エーカーの広さのココナッツのプランテーションにあります。海洋生物学者がフィジーの海の中の世界へと、ゲストをご案内。スキューバ・ダイビング愛好家には格好の場所です。木でできた25のかわいいバンガローがあり、食事には、オーガニックガーデンで育った新鮮なハーブと野菜が使われています。 エコ ビーチ エコビーチは、西オーストラリアにあります。リサイクル材を使用しているので、このリゾートの建物自体が環境にやさしいつくり。食事にはオーガニックのものが、地元の魚介類とともに提供されています。イン・ルームモニターがインストールされているので、ゲストは、自分達がどれぐらいのエネルギーを使っているのか知ることもできます。 近くの野生動物が、このリゾートの魅力をさらに増しています。 テヌータ ディ スパノッキア       ここはイタリアにあるオーガニックファーム。ここに来るゲストは、すぐにトスカーナの田舎の風景に引き込まれます。このファームはまた、自然と文化の保護に力を入れている教育施設としての一面もあります。 ハイキングや、キャンティワインのテイスティングといったアクティビティーも行われています。果樹園や、地元の庭園、蜂蜜のサンプリングなど、魅力あるこのファームは、1週間程度の滞在を考えている人に最適。 その場所自体の美しさはもう明らかですが、それに加えて、こういった「エコ・リゾート」に滞在するのがどんな感じか、私達はただ想像するしかできません。 こういったリゾートに有名な人たちが集まるのは疑いようもないし、答えは分かりきっているけど、それを本当に理解するには、やっぱり滞在するしかないのではないか、と私達は思うのです!

Scroll to Top