[email protected] @ja

インドの科学者、水素移動/保存に安全な方法を開発

インド国立環境エンジニアリング調査機関(以降Neeri)は、同機関所属の科学者が水素の安全な保存方法そして輸送手段を開発したと発表しました。現在その技術のテストと微調整を行っているそうですが、ひとたび次の段階に移ることが出来れば実利用に拡大されます。そこで使われている技術は車の燃料電池として利用する前の水素を保存可能、 輸送可能な形式に変換するものです。

科学者チーム「圧電ドルフィンスピーカ」を開発 イルカ音の正確な解釈可能に

人間が、動物の中で一番知性のあるイルカの社会化や情報のやりとりのプロセスを理解しょうと努めてから久しい。イルカのボーカリゼーションや聴覚構造に関して得られる研究は数多く存在する。そして今一歩進んだ研究がここにある。東京大学海洋科学技術の研究チームは「圧電ドルフィンスピーカ」を開発した。あらゆる種類のイルカ音を作りだすことが可能なはじめての水中器材だ。

Bor4Store、水素燃料電池の貯蔵容器を開発

燃料電池はガソリンと石油にまつわる不安を解消し、消費者にとっては化石燃料に代わる燃料となるものです。しかし、完全に燃料電池に移行できない理由としては費用と技術力があげられます。燃料電池を基にした能率的な部品をさらに発展させることを目的としてEuropean Technology InitiativeのFuel Cells and Hydrogen Joint UndertakingまたはFCH-JUは、固体水素容器の開発のために欠かすことができない経済的援助を提供します。総額230万ユーロに上る財政的支援が水素化ホウ素を基にした貯蔵容器の建設を目標に掲げるBor4Store計画に活用されます。

ソウル市、29カ所の水素燃料電池発電所を配備して電力危機と戦う

韓国の首都ソウル市は市民に十分な電力を供給するために果敢に困難に取り組む姿勢を見せています。2011年9月韓国は停電にみまわれ数百万人に影響を及ぼしたうえにエネルギー情勢の職に就く大臣の辞任にまで至る結果となりました。同様の事故が再度発生する可能性を減らすために、ソウル市は今後2年間の内に水素を基にした燃料電池発電所29カ所を建設することを決定しました。

MIT研究チーム、炭素排除用セラミック膜技術を実験

新しい展開として、純粋な二酸化炭素を作ることが二酸化炭素排出量を削減するための1つの方法となりうる、と研究者たちは主張しています。この方法は化石燃料に頼っている工場に当てはめることができます。純粋な二酸化炭素を製造すると一度は単離した温室ガスが地球の自然保有宿主に捕まりそこに留まります。このような過程を経て石炭や天然ガスなどのエネルギー源が発する温室ガスの排出量を削減すると考えられています。そして、化石燃料が地球温暖化に与える影響を最小に抑えます。ここで気に留めておくべきことは、この試みは代替燃料を見つけるためのものではなく、高濃度の環境汚染を伴わずに化石燃料の利用を続けるためのものだということです。

コーカコーラは、ボトリング工場で燃料電池システムのメリットを得る

大手清涼飲料メーカーのコーカコーラは、2011年に、イースト・ハートフォード工場に2つのUTC電池を設置しました。しかしこれが、それほど有益になるとは思いもよりませんでした。ビン詰めを行う工場では、二酸化炭素排出量がかなり削減され、一旦最適化されると、全体的なエネルギー消費は30%セーブされる見込みです。燃料電池は天然ガスを利用しますが、必ずしも再生利用できるとは限りません。しかし、効率的に再利用を行うと、イニシアティブをより環境にやさしくします。

研究者が、ハスの葉のデザインに基づく診断技術を開発

私達は、より小さなサイズの上に物が作られる時代に進んでいるようです。これは特に、医学の世界では重要な発展で、より小さな器材を使用することにより、障害物をうまく逃れて、人体をより精密に検査することができます。
しかしこの発展にも、解決を必要とする、ある特定の問題があります。例えば、流体サンプルの量が少ないと、個々の低下の分析が難しくなります。
また、小量の流体を混ぜると問題が生じる可能性があります。しかし、ワシントン大学の研究者は、これらの問題を解決できる鍵となる方法を発見したようです。それは、ハスの葉の構造に擬態させることです。

ソーラー式人工眼で世界を見よう

目に映るものが私たちの世界です。視力を失うことは、どんな人にとっても怖ろしい経験になるでしょう。この課題と闘うために、カリフォルニア州スタンフォード大学の科学者たちによって、網膜インプラントすなわち人口眼が開発されて来ました。それは、電池で作動する今日のインプラントとは違って、太陽光を動力源とするものです。この装置には、一筋の光を目に通す特殊なメガネが用いられます。これがインプラントに信号を送り、患者がものを見るのを助けます。さらに、これを用いれば、配線やその他の不可欠とされていた付属物も必要なくなるでしょう。この配線いらずのインプラントは、目の不自由な患者だけでなく、網膜疾患や視覚障害に苦しむ患者にとっても視力を創出するのに役立つことでしょう。

体熱を動力源とするコンピュータが進むべき道かもしれない

電気料金の高騰を考えれば、体熱を動力源とするコンピュータというのも有効な解決策かもしれません。熱は、高温の物体から低温の物体へと伝わって流れるものにすぎません。科学技術の進歩によって、身体から放出された熱、あるいは身の回りにある他の廃棄物から放出された熱を私たち自身の利益のために利用することが可能になるかもしれないのです。これは、あなたのコンピュータが電気ではなくむしろあなたの体熱を利用して作動することを意味します。

フューチャー・エナジー・ソリューションズ社がアプリケーション試験用のエネルギー回収システムを開発

発電装置に再生可能エネルギー利用するのはまことに結構なことですが、しかし、現行のシステムでは、日光や風はそれほど利用できず、また、余剰エネルギーを将来の利用に備えて適切に貯蔵することもできないというのが周知の事実です。このことが原因で、世界の大半が再生可能エネルギーへの切り替えができずにいます。設計技師が、回収されたエネルギーを電化製品への電力供給に利用することの実現可能性を正しく判断できるようにしようと、フューチャー・エナジー・ソリューションズ社は、回収されたエネルギーの、その獲得時から変換および貯蔵までの流れを表示するソフトウェアを含む開発システムを発表しました。

Scroll to Top