Solar [email protected] @ja

ソーラー技術の一番の進歩

枯渇性エネルギー源が不足し始めた世界において、研究者は、その埋蔵量を使い果たしてしまう前に、最高の再生可能エネルギー源を見つけるために研究に研究を重ねてきました。まだ、完成はしていませんが、方向性を見出し始めました。

カーボンナノチューブ内蔵のソーラーセルが、窓を資源ジェネレーターに

建物の窓がもし資源ジェネレーターになったら、という夢がもうすぐ実現しそうです。フリンダース大学の科学者達によってカーボンナノチューブを使ったソーラーセルが発明されたお陰で今となっては簡単に窓ガラスを太陽光を使った資源ジェネレーターに変えることができるようになりました。新しく発明されたソーラーセルは透明であり、屋外の景色や自然の光を遮ることなく、窓のカーテンとして取り入れるなどフレキシブルな対応も可能です。

Scroll to Top