Green [email protected] @ja @ja @ja

デザイナーが伐採された木や中古材料からNoorderparkbarを建設

オランダの首都アムステルダムのOvertreders W氏とBureau SLA氏は、共同で北アムステルダムの住人用の集いの場所としてコーヒー・バーNoorderparkbarを設計しました。地域に点在する他の集会所と異なるところは、環境にやさしい建築であることです。開墾のために伐採された木々や回収物、そして中古材料を利用して、自然に囲まれた公園に建てられました。

自由に浮かぶカタマラン‐スイート:ナチュラルな雰囲気に囲まれた水上隠れ家

都市部における現代的な社会傾向は、確実に共有できる仕組みから離れて核家族の孤独を示唆しているかのようです。このような社会傾向から見ても、より多くの人々がテレビを観たり、室内ゲームやエクササイズなど個人的な活動に時間をさいていることになります。都市部のコミュニティーの硬直した分離状況を逆にふまえて、オランダのデザイナーMarijn Beije氏が、自由に浮くカタマラン‐スイートを創りました。大胆で小さなエコロッジとみなされる同スイートは公園内の行き来に対応し、そのコンセプトは利用者のプライバシーは守りつつも自然からの恵みとグリーンテクノロジーの享受を目的としているのです。

再生可能なエネルギーの可能性を最大にするためにEndesaのソーラーハウス2.0パビリオンを適用

ソーラーハウス2.0のEndesa Pavilionは、その場所の再生可能エネルギーの可能性を最大にするために採用した珍しい構造だ。 カタロニアのAdvanced Architecture研究所(Iaac)によって考えられ、さらなるソーラーパネルを支える突出で覆われているモジュラー式ファサードをもつ。これらの突出は、エネルギーの使用を最大限にするために独創的に設計されている。これにより、季節に関係なく、安定した太陽エネルギーを吸収することができる。また、構造には太陽放射を断熱するソーラーブロックを使用している。

+HOUSEでオープンで自然な高級感ある生活

我々の中には環境に対する意識を持っているものもいるが、環境に優しい事を実行していくことは決していつも容易だとはいえない。歩いて仕事に行き、電力消費を最小限にして、責任を持ってゴミの処分をする、これら以外にこの地球上で二酸化炭素排出量を減らす他の方法を見つけることは難しいといえる。もっと環境に対して責任をもって行動をしようと認識している人々が増えていることから、Superkul社の建築家は、美的感覚を妥協することなく、エコに優しい家を設計した。同社は、カナダのオンタリオで+HOUSEを実行する仕事という観点から、2012年、オンタリオ建築家協会が主催したデザイン優秀賞も受賞した。

サッスオーロ製のタイルを環境に優しい家に使用

イタリアのサッスオーロの町は、イタリアのセラミックタイルの大部分を生産していることで知られている。300以上ものセラミック工場が広がるこの地域では、家の建築や商業施設の材料にセラミックタイルを組み入れている市民をよく見かける。タイル生産の最前線である町の評判を維持しながら、Enrico Iascone建築事務所は、暑い夏の期間に涼しさを保つために、壁や屋根のコーティングにタイルを使用した家を設計した。

Nidoが提案するのは自宅から離れた居心地の良い隠遁生活だ。

自然に囲まれた森の中で心地よく隠遁生活をする場所を持つことは一週間の忙しい日常かを離れるための方法としては理想的ともいえる。しかし誰しもがキャビンを建てるゆとりのある人とはかぎらない。材料費やら労力やらを考えるとかなり大変なことのように思える。しかし、Robin Falckという名前のフィンランド人はこういったハンディを乗り越えて森の真ん中に、小さいけれどもチャーミングな居心地の良いキャビンを建てた。Nidoと呼ばれるこの超小さなキャビンはFalckが軍隊を退役したあとにくつろぐ目的で建てたものだ。

開発森林は、ストーズ通りの住環境を地球に優しくする

近頃の傾向は、都会の喧噪から離れて、自然に囲まれた沢山のグリーンな特徴のある素敵な家を建てることのようです。フルタイム勤務でキャリアを築くことに野心的で、朝は忙しく仕事に出かけるような、スタジオアパートメントのライフスタイルが素晴らしいですが、セミリタイアのライフスタイルだったり、または大都市に留まることを要求しない場合は、自然にもう一度戻って接触することができます。ピーチェスターは、青々とした緑で満たされるオーストラリアの小さな町ですが、ストーズ通りの住人は、この植物相の間で美しく落ちついた暮らしを送っています。


コネクト・ホームズのプレハブ住宅は、世界中をグリーン化する

コネクト・ホームズは、ロサンゼルスに拠点を置く環境意識をもった住宅イノベーターですが、プレハブ工法モジューラ・ハウスのラインアップを推進する予定です。
このモジューラ・ハウスは、どこにでも出荷できるプレハブ・ハウスとして知られています。モジューラ・ハウスは、エネルギー効率が良く、複数のエコフレンドリーで持続性のあるデザイン要素を持ち、環境に配慮されています。プレハブ産業は、グリーンかつ妥当な金額のプレハブ住宅を初めて実現します。このモジューラ・ハウスは、特許を通して(モジューラシステムとして出願中)世界中の市場に出荷できるため、国内外の顧客を対象にできます。

環境配慮の原則にこだわりながら、クラフトマンスタイルの住まいを設計する

環境に優しい住まいとは、天然資源を保全、保護できるような省エネ住宅であると定義できるかもしれません。環境に優しい住まいは長持ちし、住人にはより健康的な生活をもたらしてくれます。毒性の少ない、持続可能な収穫材料を用いた住まいは、住人にとってはより健康的で、コストも少なくて済みます。さらに環境に優しいと同時に機能的にするために、あなたは省エネへの取り組みをさらに追加することができます。環境に配慮した取り組みはまた、米国のさまざまな州で非常に人気の高いクラフトマンスタイルの住まいにも加えられます。あなたに必要なのは正しい計画を立てることだけです。

Scroll to Top