Bio fuels

カリフォルニアのビートを栽培する農家が、エタノールを生産するための 大規模なバイオ精製所を建設

世界の砂糖のおよそ20%ほどが、スクロースが豊富な甜菜作物の根茎を処理して出来ています。しかし、間接的に糖尿病に関与するよりも、今回、サンホアキンバレーの西側の甜菜の栽培農家の人たちは、自分達の作物栽培の専門知識を、もっと持続可能な何かに用いることを決めました。農家たちは、甜菜を、カリフォルニア州の商用エタノールを生産する地元のバイオ精製所に供給するために栽培するという、野心的な試みに着手しました。

ブドウ糖からメチルケトンを作りバイオ燃料に変える

バイオ燃料は、最初に化石燃料の代替品となったもので、米国空軍などが、ジェット燃料とバイオ燃料を混合してテストフライトで成功を収めています。 これは、燃料問題の解決策を真剣に探してきた、化石燃料に枯渇した地球にとって良いニュースとなりました。 植物油や動物性脂肪や食物は、バイオ燃料生成に使われる一般的な素材の一部です。 米国エネルギー省はこの方法を採用し、環境に優しい資源は香ばしい香りを漂わせているように見えます。 チームはバイオ燃料生成する為に、メチルケトン開発の成功に向けて取り組んでいます。

ワカメから生物燃料を

代替エネルギーの探査は多岐にわたり、技術開発と相まって将来は安全でクリーンな燃料が使用できるかもしれません。今のところどのようなアイデアも実用化ができるようにはまだ至っていませんが、専門家のあくなき追求は進む一方です。そのような中、テルアビブ大学の動物学専門のアビグドール・アベルソン教授とチームは面白いアイデアに行き着きました。つまりもしこのアイデアが実を結ぶなら、近い将来に海藻から生物エタノールを作れるようになるかも知れないのです。

Scroll to Top