Innovations @ja

ASU学生は、コスモス公園明かりに動力を供給するために犬の糞の消化タンクを開発する

ASUのポリテクニックキャンパスの工学と技術の学生チームは、嫌気性消化に基づく犬の糞の消化タンクを開発するための模索をしていて 以前話題になりました 。彼らはその作成に成功して、今、これらの消化タンクは、ギルバートのコスモ・ドック公園のランプのためのエネルギーを生成します。

軍隊による環境に優しいイノベーション

殆どの人は、軍事技術という言葉でミサイルやジェット戦闘機や銃、疲れた兵士の幻想を呼び起こします。 私達の国を守る人達が、環境に良い革新やコンセプトを全て取り込んでいたと、誰が考えるでしょう? しかし、そんなに驚く事ではないかもしれません。 結局、現在の地球の状況が豊富とは言えないので軍隊も適応する必要があり、生き残るための手段を見つけ出す新しい方法を探さなければならないのです。

海のプラスチック汚染を低減する、4つの革新的プラン

長い間、人間は海に廃棄物を投棄してきました。 長年に渡り海のプラスチック汚染は、大きな環境問題の一つとなっています。 海洋堆積物は見苦しい海岸のゴミとなっているだけではなく、海洋生物と海岸沿いの生息域に深刻な脅威をもたらしています。 大きな問題はプラスチックが生分解しないものだという事です。 それでは、海洋のプラスチック汚染を低減する助けとなる、革新的な計画の幾つかを見て行きましょう。

大きな質問: 砂漠に森林を植樹することで、地球を冷却することができるのか?

砂漠の砂まみれのエリアを緑豊かな森林に換えるというと、奇妙に聞こえるかもしれません。しかし、大気中の膨大な量が排出されている炭素に対抗するものとして、最近提案されているのがそれなのです。それもまた、世界中の大規模なエリアで起こっている森林伐採が起きている状態での話です。科学者たちは、大規模な森林植樹と効果的な水遣りの技術によって、サハラ砂漠のような砂漠を森林に変換する選択肢を打ち出しました。

リサイクルした乗り物でできた家

はじめに 人々がエコに敏感になっている中で、リサイクルや再利用といったことが生活の中で重要度を増してきています。したがってリサイクル素材でできた建物も珍しくは無くなっています。プラスチックボトル、古い木や船に飛行機までも再利用されてグリーンホームに変身しています。捨てられた車もスクラップにした後に新しい用途に使われていきます。このようなスクラップ乗り物は経済的な家を必要とする人にとっては最適です。想像性豊かな多くのアーティストがここで紹介するような素晴らしい家を作り出しました。

次世代の食用プラスチック

現状 プラスチックは世界でおおきな問題となっています。埋立地や海の中にまであちこちにプラスチックは散在しています。最近になってようやく人々の中で、生物分解できないものを排除する動きが高まってきました。新しい素材が出てくる一方で、プラスチックはまだまだ使われているのです。

塩水を飲み水にするローテクな方法5つ

ほとんどの地域で真水が枯渇してきていることは、もはや誰もが知るところであり、淡水化プラントの価格は下がることはありません。しかし各地の革新的頭脳は、簡素、低価格、ローテクそして低負担な方法を使って、真水問題を抱えた経済的に困窮している人々を助ける優れた装置を生みだしました。ここでは、こうした装置がどのように生まれそして作動するのか、また、この設備を利用するにはどのような投資が必要なのかを見てみましょう。繰り返しますが、かなり低価格なため何も心配はいりません。

海洋鉄肥沃化に関する利点と欠点

危険な温室効果ガスは、地球の環境に悪影響を及ぼし、気候に急激な変化が発生して、生態学的は均衡を失いつつあります。汚染が主な原因となった急速な気候変動は、の二酸化炭素が汚染源ですが、その二酸化炭素を除去する新しい方法が開発されつつあります。海洋鉄肥沃化が、大気中の二酸化炭素を除去する方法の1つです。このプロセスでは、海洋に植物プランクトンや藻類を成長させる鉄の種を意図的にまきます。海洋学者のジョン・マーティン氏は、鉄が植物プランクトン成長のための最良の微量養素であることを発見しました。藻類は、このように要素から鉄栄養を得て、水生真核生物は、光合成のために大気中から大量の二酸化炭素を吸収します。このプロセスは、地球温暖化を緩和する働きがあります。

素晴らしい未来、地球の温度を下げるための太陽放射線管理

現在の状況 地球温暖化が、世界の首脳陣の間で外交的対立となり、問題になっています。 国々は国際的に認識された条件や状況の元に、温室効果ガス総排出量の削減に、最小限の責任を受け入れようとしています。 もう一つの明確なトレンドも見えてきています。 これは、地球温暖化による気候変動に取り組む、科学者達の研究の急増を含んでいます。 研究者の一部は、地球が受ける太陽光の量を制限する、様々な措置を考案しています。

Scroll to Top