Tidal and Wave Energy @ja

ウエーブ・グライダーが太平洋横断に成功して記録を更新

ベンジャミンと呼ばれるロボットはLiquid Roboticsが開発したウエーブ・グライダー4機のうちの1機です。サンフランシスコからハワイまで3000海里以上の旅に成功して、これまでの無人船の最長距離記録を破りました。ウエーブ・グライダーは2011年11月17日に出港し、最初の航程であった太平洋を横断に成功しました。そして現在、さらなる大志を抱き、今回は5,000海里を越えるオーストラリアと日本への到着を目標としています。各グライダーにはフローティング・ブイがあり、水中で翼状のプラットフォームに繋いであり、ブイを前に漕ぐ波の運動によって前進します。

「パワーブイ」、400ワットの電気を作る波の動きに取り組む

Andy Hamilton 氏率いるMBARIの国防総省国防高等研究事業局とその研究者メンバーは、モンテレー湾の海洋測器に電気を供給する「ブイパワー」と呼ばれるプロジェクトに共同で取り組んでいる。このプロジェクトの基本は、波の力を利用し、それを電力に変えることだ。9か月におよぶ徹底的な調査の後、Hamilton氏は、幅3メートル、長さ5.5メートルの大きな金属プレートを水中に吊るすことで、2.5メートルにわたり測定するブイを発明した。不規則な海洋の波と複雑な水圧システムと取り組みながら何度も試練と直面することを通して、チームは休止後、これらを討議した。

スコットランド、潮力を利用した水中タービン試験に成功

世界が我々の日々のニーズを満足させるために環境に優しい技術に夢中になっている中、スコットランドも遅れをとっていない。SPRは、潮力を利用して電力を作り出すために使用することができる埋没タービンで試験を実施した。「Andritz Hydro社のハンメルフェスト」として作られたこのタービンは、Eday島にある北部オークニー諸島での試験を成功におさめた。このことは、潮力への取り組みの一部として、潮力から電力を作り出すという環境への取り組みに対するスコットランドの考えに対しての心強いステップとなるだろう。

メーン州では電力生産に波力を利用

地球温暖化が進行し、環境危険因子に対する意識が高まっている今日、風力エネルギーのような天然のエネルギー資源に、世界中の人々がますます注目するようになっています。波力は再生可能なエネルギー資源であり、豊富に利用できます。風力エネルギーは環境に優しいクリーンな燃料を提供し、温室効果ガスを発生しません。さらには、より環境に優しいその特性を十分に生かすために、私たちは何世紀にもわたって海洋波を利用して来ました。

エコ・ウェイブ・パワー社、波によって発電する装置を開発する

エネルギー企業は、海の波から電力を生成する努力に成功しています。 より多くの代替エネルギー資源への探索は、野性的になって来ています。 イスラエルの新興エネルギー企業、エコ・ウェイブ・パワーは波からエネルギーを得る2つの小さな装置を開発しました。 この装置は「ウェイブ・クラッパー」と名付けられ、「パワー・ウィンドウ」の方は作業中です。 会社は最終段階のテストを成功させた後、装置を大量生産する予定です。

波の動力を利用してデザインされた5つの革新的なシステム

世界中でエネルギーの必要性が増しており、これまでにないより良いエネルギー供給源を模索しなければなりません。これまで未開拓だった大きな資源に海や海上の波からのエネルギーがあります。この資源の最大の特徴は、完全に自然であり地球に優しく害がないことです。波エネルギーは、エネルギー製造アイデアの次の‘波’になるでしょう。こちらにご紹介するのは波の動力を利用した5つの革新的なシステムです。

次に来るもの、実行可能な波動電力

海の波から電力を生成する事は、非常にコストが掛かります。 しかし、太陽や風力と比較すると最も安定して再生可能エネルギーの一つを形成しています。 後者の2つの資源は天候に左右されますが、波は何時でも高速で流れています。 しかし発電するには、過酷な海洋の環境を征するという課題が、まだ残っています。 この目的の為に、従来の方法を採用すると、効率が良くないうえ費用が掛かります。 しかし、下にありますが、幾つかの新しい提案は、

波力発電の良い所悪いところ

自然の波は再生エネルギーの宝庫です。波から2-300万メガワットの電気が発生するそうです。ただ単に海の上に発電機を取り付ければいいだけですが、発電した電気を送るのは問題です。波の高さや速さなども頭に入れる必要があります。加えてこの波力発電は比較的遅れている分野ですから、可能性は長いこと知られていたものの実例が少ないのです。

潮から電力生成することについて、私が知る必要のあること全て

技術が生活スタイルを改善するのに大いに関わっている一方で、数え切れないほどの発明や、人間が作った機会が何らかの形の燃料で動き、また依存しています。燃料の高い需要はもっとも幅広く使われている化石燃料の値段をより高いものにし、今日の科学者達の挑戦は。どのようにエネルギーを生成するかということです。

Scroll to Top