Art @japan @japan

イスラエル人アーティストシャイ・アーロンの作り出すオイシソーな作品とは

私がはじめてイスラエル人アーティスト、シャイ・アーロンのミニチュアフードの模型を見たときに、この人は食べ物が好きでやっているのかそれとも単に創造性を駆り立てることにチャレンジしているだけなのか考えさせられました。しかし本当の理由は何であれ、彼の作品は見るものの心をとらえて離さず、その出来栄えは賞賛に値するものです。このミニチュア作品は粘土から作られており、そのサイズは指先に乗っかる程度の驚くべき小さいサイズです。

使用済みVHSビデオテープが80フィートの歩道に変身

近代技術が進歩し続けるたびに私たちは生活を便利にしてくれる新製品の登場に胸躍らせるものです。その結果使われなくなった昔の製品には次第に目をくれなくなっていくもので、そこでゴミがまた増えてくるという寸法です。一時はVHSビデオレコーダーが全盛を極め、世界各国の家庭に広く普及しました。しかし時代は変わり、いまではVHSビデオはほとんど使われなくなりましたが、ここで紹介するツィルビナス・ケンピーナス氏はこのVHSテープのみを使って素晴らしい歩道を作り出すことに成功しました。

シャロン・リサイクル・パークでリサイクル・サファリを開催

雇用機会を提供し、ごみをなくすことにもつながるリサイクルビジネスは、有利なビジネスとして急速に成長しています。ソフトドリンクなどの需要の高まりは、廃棄物量の増加を招き、環境にごみをあふれさせています。しかしこの風潮を止めるための努力がなされ、次第にもとの姿へと戻りつつあります。この流れの中、イスラエルのシャロン・リサイクル・パーク(Sharon Recycling Park)ではまもなく、ユダヤ教の祭りである過越の祭りのお祝いの一環としてコカコーラ・リサイクル・サファリが開催されます。このユニークなイベントでは、コカコーラのカンや瓶だけを使って作られた動物のフィギュアが展示されます。

標識をホテルのネオンサインにリサイクル

1901年に建てられたワイドマン・コーポレージ(Weidmann Cooperage)の歴史的産業ビルが、間もなく一流のホテルとして生まれ変わり、2012年5月1日開業します。古いれんが造りのビルに保護・補修作業を施し、「HOTEL」という文字を赤いネオンで縁取った高さ50フィートのマーキーを取り付けました。実はこのネオンサインは、古くなって捨てられたニューヨークの標識を使っているのです。

Scroll to Top