[email protected]

The Good, the Bad and the Ugly about electric aviation

Airplanes tend to emit greenhouse gases into the atmosphere, leading to an addition in global warming causes. Moreover, it requires large amount of fuel to fly. But what if electricity is used in place of fuel to power the plane? Though, they…

Pipistrel Taurus G4

金ナノ粒子の自己集合を薄いフィルム状の機器に導く

コンピューターのメモリストレージや環境発電、遠隔測定や触媒などの世界におけるナノ粒子には様々な可能性があり、科学者たちはその複雑性の解析に取り組んでいます。そうした取り組みの一つでは、科学者たちがナノ粒子の自己集合を発生させ、それらをブロック共重合体の巨大分子と組み合わせて金のナノ粒子一次元、二次元、三次元の多層構造の薄いフィルムを作り出そうとしています。

自己組織化する導電性の樹脂ナノファイバー

Nicolas GiusepponeとBernard Doudinの両氏が率いる合同研究チームが、自己組織化する高導電性の樹脂ナノファイバーを開発しました。Giuseppone氏と同僚たちは、まずナノワイヤー構造を究明することから始めました。そしてチームはトリアリルアミン(印刷で一般的に使われる合成分子)を化学変化させて、その反応を観察しました。新しい分子は光と溶液にさらされると、小さな繊維状に自己再組織化したのです。ナノファイバーの長さは数百ナノメートルほどで、これらのナノファイバーが何千もの分子の集合体である巨大分子を構成します。

ジオ・エンジニアリング(地球温暖化対策技術)、持続可能な地球の将来のために必見の提案

全米科学アカデミーはジオ・エンジニアリングを、大気化学の変化の影響に対処または対抗するための選択肢と位置づけている。これには私たちの環境を広域に亘って操作する手法も含まれる。別の研究で報告されているように、ジオ・エンジニアリング技術は大きく2つのセクション、二酸化炭素除去と太陽放射線管理に分類することができる。地球温暖化を止める驚嘆に値するほどの薬は存在しないが、しかしながら、下記に紹介する10の事案は、最も興味をそそる提案と技術であり、あなたを捕らえて放さないと思う。それでは、この中のどの提案が現実のものとなり、幅広く採用されて私たちの地球を涼しく青々と保つことができる技術なのかじっくりと見ていくことにしよう。

日本の企業が世界で一番効率の良い住居用燃料電池を開発

ここ数日の間、私たちは独立起動水素燃料電池によって動く水面下クラゲロボットの事を話したり、昆虫サイボーグの軍隊を動かす、進化したバイオ燃料電池のことを繰り替えしお伝えしてきました。しかしながら、今回はあえて、より効率的な新しい着想についてお話ししましょう。大阪ガス、アイシン精機、京セラ、長府製作所、トヨタ自動車のような日本の大企業によって共同開発され、それらの会社のデザイナーによって設計された機器、これはエネファーム、タイプS燃料電池と名付けられました。この製品はSOFC固体酸化物形燃料電池、コージェネレーションシステムとして住居専用にエネルギー供給するように考案されました。

「Muckbusters」が生ごみをクリーンな電気に変換

私たちが地球にやさしい発電について話す時、恐らく最後に心に浮かぶのは食物ですが、次回、残した食べ物をゴミ箱に捨てる時に、そんな残飯から電気を生成することができることを思い出してください。どのようにして残飯から発電するのかって?SeaB社というグリーンテクノロジー関連の会社の設計士は、残飯をコンテナの形の容器に入れて発電するシステムを考案しました。ほら!内部回路のコンポーネントによって処理した後は「クリーンな」電気になります。

トンネル電界効果トランジスタ技術により実現するエネルギー効率のよいトランジスタ

ノートルダム大学とペンシルベニア州立大学の研究者たちにより報告された最新研究によれば、効率性、利便性の面においてトンネル電解効果トランジスタ(Tunneling Field Effect Transistors /TFETs)が大きな一歩となる可能性があります。一般的な半導体では、電子が自由に動く前には一定のエネルギー障壁を通らなければなりませんが、量子トンネルでは、電子はそうした障壁に達することなく直接半導体を通り抜けることができます。まさに「トンネル」という名前が示す通り、簡単に通り抜けることができるのです。

大きな課題:常温核融合は世界のエネルギー危機を解決できるのか?

原子炉は日常的に地球規模で廃棄物を生み出します。国際原子力機関(IAEA)によると、現在世界31カ国に439の原子炉が存在しています。しかしこれらの原子炉につきまとう安全性の問題は日々深刻化しています。 科学の力で安全性を向上させ、いわゆる”誰にでも扱える”メカニズムにするべく努力してはいても、何十年もたった現在でも、いまだそれは叶えられていません。80~90年代に世界を震撼させたチェルノブイリの惨事により核分裂反応炉のチェックが行われましたが、最近発生した福島原発の事故により、原子炉の安全に保証は決してないという事実があらためて気づかされることになったのです。

電気自動車とソーラーパワーの未来を変える新しい熱電材料

世界中の科学者は、長い間直面している熱電気のミステリーを解くために協力してきました。中国科学院上海光学研究所やブルックヘーブン国立研究所、カリフォルニア工科大、ミシガン大学の研究者らは、熱機関の効率を研究して熱電気の物質を解明し、電気自動車とソーラーパワーの未来を改善することができる日が近づいて来たように思えます。それは注目を浴びている銅のセレン材料に潜在するちょっとした可能性です。

クラゲを模倣した水素燃料ロボット

ロボットといえば、多くの人は、奇妙な形をした金属の機械が動き回っていることを想像してしまいます。しかし今回は、アメリカのバージニア工科大の科学者らは、海のエコシステムで見る最も美しい自然な有機体の1つ、クラゲを模写したロボットを作成しました。

Scroll to Top