Home Wind Power @ja 最新風力発電タービン

最新風力発電タービン

by admin

環境に優しい電力源でありながら、心がこもり、目を楽しませるものをお探しではありませんか?風力発電タービンがその答えです!風力発電タービンは、風の運動エネルギーを、機械のエネルギーに変える機構です。風にそよぎながら、あるものは垂直に、あるものは水平風にまわり、空気より軽いものもあれば、高層ビルにしっかりと設置されるものもあります。これらの風力タービンは、環境に害を与えることなく電力を製造する最高の選択肢です。

風力発電タービンの重要性は既に明らかです。風力発電タービンは、デザインも様々で、中には最先端の斬新なものもあります。

最も先端的なデザインのものをいくつかご紹介します。

Whaleパワー

このタービンはメーカーの名前をとってWhale powerと名付けられています。このタービンは、ザトウクジラのひれのようなギザギザが連なっている下向きブレードをもっています。革新的なこのブレードの設計は、既存の風力発電所よりも、電力生産量を20% 改善しました。まさにこの非常に革新的でユニークな風力タービンの設計が、電力生産の増加に貢献しています。

quiet revolution qr5

この風力タービンは、都市型の環境に向け、風速が低く、風向きを変更するように設計されています。従来の風力タービンのほとんどは、水平に風をとらえ、風向きの変化を追って回転しました。しかし、このquiet revolution qr5 風力タービンは、全方向からの風を均一に集めることができます。

最初のqr5タービンは、ロンドン郊外のダゲンハムに2007年3月に建造されました。 2008年末には英国各地に70 基以上が設置されました。

Windspire

ちょうど垂直風力タービンのQuiet Revolutionに似ています。高さ30フィート(9メートル)、幅4フィート(1.2メートル)のタービンが、12mphの風で時間当たり2000キロワットの電力を作り、105 mphの風速にも耐えることができます。背が高くほっそりとしたプロペラと少数のローター、垂直についた翼のおかげで生成する電力を増します。この風力タービンは、各地の美術館、個人宅、学校、職場などに設置されています。

Magenn air rotor system (MARS)

Magenn Air Rotor Systemは既存の風力タービンに比べて多岐にわたる利点をもった風力発電ソリューションです。このシステムは世界各地に行き渡る電力需要をより少ないコストで、より洗練された操作性と環境面での利点を備えています。このタービンは風に反応して水平に回転して電力をつくり出します。MARSは現在まだ実験段階ですが、当初は2009年または2010年に商業使用を目指して開発されていました。このタービンを設置する場所は、理想的には、島、オフショア掘削基地、採掘場などです。

Windspire

Windbeltも、風力を電力に転換する有益な機器です。このタービンの発明者は、ショ ー ン・フ ライン氏です。これは小規模な風力発電で、10mphの風で40ミリワットの電力を生成し、コストはわずか数ドルです。
貧困層にむけたリーズナブルで慎重な形での電力供給がこのタービンを製造した目的です。発明者のフライン氏は、このデザインを発展させ、更にリーズナブルにしていくために研究を続けています。.この風力タービンは、第三世界に向けた製品で、グァテマラやハイチに設置されています。

Honeywell風力タービン

Honeywell 風力タービンは小型で軽量のギアのないシステムです。Wind Tronics社の設計で、直径6フィート(約1.8メートル)です。 これは屋根設置型の2 mphの風で働く風力タービンなので、個人宅や小さな事業所にぴったりです。従来の風力タービンと同じようなギアがありません。代わりに、ブレードの先端についた磁石が電力を生成します。今秋、ACE Hardware で発売される予定です。

WePOWER

垂直軸の風力タービンは、静かで低速の風でも上手く動きます。その他の揚力のみに頼るタービンとは違い、風力と揚力の両方を組み合わせて動きます。風力がほとんどなくても、この特別な羽根が電力を生みだします。これらのタービンは家庭、携帯電話の基地局、風力発電所、ビルなどでも使われています。

 

Today's Top Articles:

You may also like