Home Wind Power @ja ジャイサルメール・ウインド・パークの1GWの容量を持つ施設は、インドの風力発電を最大化する。

ジャイサルメール・ウインド・パークの1GWの容量を持つ施設は、インドの風力発電を最大化する。

by admin

世界で主要なタービン製造業者のひとつ、Suzlonグループは、インドのジャイサルメール・ウインド・パークに1GWの容量を持つ施設が出来たことを、最近報告しました。2012年4月1日に風力エネルギー生産が1064MWsに到達し、目標には既に達成しました。統計によると、この業績で、ウインド・パークがインドの最大の風力発電所というより、最大の再生可能エネルギーを引き起こす施設ということになります。

 

ラジャスタン州は、風力が強い場所であり、それゆえ、国に多く存在するこの有り余るエネルギーを利用するために風力タービンを組み立てることは、理に叶っていました。
プロジェクトに関する開発作業は、2011年8月に始まり、器材と技術を利用するSuzlonの風のポートフォリオ全体で構成されました。最も初期の350kWのモデルから、最新のS9X-2.1MWシリーズまで、彼らはジャイサルメールに全てを持ってきました。最初のS9X風力タービンは、ジャイサルメールのテジュバで作動しました。

ウインド・パークは、ジャイサルメールの風力発電所地域の一群です。
これらの施設は、アマルサガール、バダバウグ、テジュバ、ソダモウダと、その他の場所を含みます。Mytrah Energy、ヒンドスタン亜鉛株式会社、ラジャスタン州鉱山、ミネラル株式会社のような企業は、このウインド・パークの中にプロジェクトを配置した企業です。

食糧生産に関しては、砂漠から成る国のラジャスタンでは、生産的でなく不毛であると思われがちですが、インドの再生可能エネルギー生産のためのハブとしての出現は、国民ならびに国際社会の注意を惹いており、戦略的な重要性のある地域として注目されています。

Via: Cleantechnica

Today's Top Articles:

You may also like