Home Wind Power @ja バルセロナ大学が革新的な風探査システムを開発

バルセロナ大学が革新的な風探査システムを開発

by admin

バルセロナ大学の教授群によって革新的な風探査システムが設計された。特に海洋環境のために設計されたこのシステムは、気象センサーを持つモジュールをもった熱気球に基づいている。これらのセンサーは、気球の場所にかかわらず、風の大きさや強さを追跡するのに役立つ。

wind prospecting system

このコンセプトは、ロシア人の航空技師であり、エネルギー工学で博士課程を取得しようとしているAndriy Lyasota氏により開発され、天文学部および気象学部講師であるBernat Codina氏が調整している。かれらが準備した試作品は、Wi-Fi接続を通して、地上に位置するモニタリングユニットにデータ移送することができる。センサーモジュールは、永久に下がったままの衝撃灯と一体化している。実際、そのシャープなデザイン性のおかげで、気球は風速150キロに耐えることができ、150メートルの高さまで上昇して600キロを支えるケーブルの手助けをすることができる。

私たちは、将来、海洋環境のために風力エネルギーが主に開発されるであろうことを十分承知している。また、これまでの他の測定システムを伴って気象観測塔が設置されているが、要求される大規模な調査はあまり有益ではない。浮遊バルーンシステムの提案により大幅に費用を減少させることができるため、将来にとってこれ以上の選択はないであろう。

Via: Ubnews

Today's Top Articles:

You may also like