Home Wind Power @ja Makaniの浮遊風力タービン、従来の50%まで動力を節約

Makaniの浮遊風力タービン、従来の50%まで動力を節約

by admin

今日の環境の状態では、太陽エネルギーや風力エネルギーのようなエネルギーの代替モードを作る必要がある。今日、多くの企業が、このような環境に優しくコスト効率のよいエネルギー資源を利用したさまざまなメカニズムを導入することに焦点を当てている。風力エネルギーは、生態学的に優しく、膨大なエネルギー生産源となる自然資源のひとつだ。これまで伝統的に地上に風車がおかれていたが、Makaniパワーは、空中を飛びながらエネルギーを作り出す風力タービンを設計開発した。

Airborne windmills

凧の技術を応用して、この風力タービンは、地上から800から1950フィートも上空を飛ぶことができる。このことは、通常または商業用の飛行機が空を飛ぶ航空飛行範囲以下を維持することができることを意味している。しかし、依然としてほとんどの鳥よりも上空の範囲を飛ぶ。陸地に住むものの体を傷つけることは禁じられる。このタービン飛行の高さでは、風は強く常に吹いている。工業原料を全体的に限定して使用することで、環境にも優しいものになっている。自然は地球の資源を節約し、エネルギー効率のよいこのような製品をもっと確信することを要求している。

この風力ミルは、環境に与える影響も少なく、岸から離れた深い海の上空も飛行する。浮遊する風のパワーはエネルギーを生み、従来の風力ミルの半分の費用ですむ。また、従来の風力タービンと比較して、余分なスペースを必要としない。人口のエネルギー生成機械を使用することで環境危害が増加する中、この浮遊風力ミルは、積極的に環境に貢献しながらも同時にコスト削減にも役立っている。

Via: Springwise

Today's Top Articles:

You may also like