Home Wind Power @ja 風力発電のすすんだ国トップ10

風力発電のすすんだ国トップ10

by Ecofriend1874

世界中の多くの国は、すでに風の力を利用することを始めています。それらの国は、電気を発生させるためにウインドタービンを使用していて、これは有害ガスを発生させて大気汚染を排出することがなく、環境に安全な方法です。ウインドタービンを作ることはより効率がよく、その上戦略的に配置されているので、最大限のエネルギーを受け取ることができます。さて、それら風力を最大限に利用している国々をみてみましょう。
RI-offshore-wind-2-537x383

 

アメリカ合衆国: アメリカでは、すでに長い間、風力を利用してきました。アメリカは、とくに風が強い土地に焦点を絞り、風力発電装置を導入しており、風力から十分な発電量を得ています。海外からの輸入される石油への依存からかなりの程度脱却することで、彼らには相当の利益があるのです。また、風力発電によって大気汚染を減らすことが出来ました。

 

インド: インドでは、すでに総エネルギー使用量の5パーセント程を風力発電で賄っており、風力発電産業はどんどん成長しています。専門家達は、インドは、ここ数年で先進国を超える風力発電利用国になるだろうと予想しています。

 

ドイツ: ドイツでは、かなりの部分を再生可能エネルギーに頼っており、総エネルギー量の10パーセントを風力発電で賄っています。

 

フランス: 再生可能エネルギー利用については、いつもトップに君臨する国です。フランスは、風力発電だけではなく、海洋発電にも力を入れ、そのエナジーストックを増やそうとしています。

 

スペイン: スペインでは、風力タービン使用が非常に広く行き渡っています。この国では、環境保護に取り組み、風力発電から得られる電力が総電力の10パーセント以上になりました。

Repower-Wind-Turbine

 

イギリス: イギリスでは、性能の良いウインドタービンが稼働しており、風の強い地域に沢山の風力発電装置を設置しています。上絵でイギリスでのタービンの数は甚大です。全エナジーストックの1から2パーセントを風力発電から単独でで得ています。

 

中国:  酷い大気汚染によって、中国では代替エネルギーを探し始めており、風力発電もその選択肢の中に入ります。多くの風力タービンが中国国内で増え続けており、かなり有効に稼働しています。

 

デンマーク: デンマークでは大気汚染の問題はほとんどないものの、総エネルギー量の20パーセント程を風力発電で賄っています。代替エネルギーの使用についてはデンマークが良いお手本になりそうです。

 

イタリア: エコフレンドリーで、自然維持の気運が強いイタリアでは、出来る限り可能な方法で、代替エネルギーの使用を押し進めています。

 

07BlowA_600x300

ポルトガル: 小さな国にもかかわらず、総エネルギーの11パーセントが風力発電からきています。

.

Today's Top Articles:

You may also like