Home [email protected] @ja インドの科学者、水素移動/保存に安全な方法を開発

インドの科学者、水素移動/保存に安全な方法を開発

by admin

インド国立環境エンジニアリング調査機関(以降Neeri)は、同機関所属の科学者が水素の安全な保存方法そして輸送手段を開発したと発表しました。現在その技術のテストと微調整を行っているそうですが、ひとたび次の段階に移ることが出来れば実利用に拡大されます。そこで使われている技術は車の燃料電池として利用する前の水素を保存可能、 輸送可能な形式に変換するものです。

Hydrogen

最近水素の安全な保存法に貢献する、多くの調査と時間が持たれています。大気中に十分豊富あるガスのひとつであるため, 科学者と自動車製造業者たちは揃って水素が化石燃料の代替になるよう研究しています。何がわれわれにその変換を踏みとどまらせているかといえば、その揮発性と引火性の高さなのです。

Neeriの技術製造開発長であるサダナ・ラヤル氏によれば、燃料電池は内燃機関に比べて高い変換効率を持つということです。新たなテクノロジーの立役者ラジェシュ・ビンワール氏は、その技術にある3つのプロセスを説明してくれました。水素はまず炭化水素と混ぜることで反応性の高さを抑え、輸送時の危険を低くします。周囲圧力と温度では液体になるので保存容量が大きくなります。 目的地まで輸送されたあと、水素は化学反応装置によって取り出されます。 その後水様炭化水素は触媒への噴霧を通してトルエンガス、水素ガスに形を変えます。

ビンワール氏は、触媒を通しての変換容量が98%にも上るのは彼のプロセスだけだとしています。現在、西側諸国ではすでに水素で車を走らせていますが、その要素はメタル水素の形式で高圧にともなう危険を多少負わなくてはならないのです。 ビンワール氏の新しいテクノロジーは、2014年の一般公開を機に、インドでの燃料電池の商用化と水素経済を一気に押し上げることでしょう。

Via: Timesofindia

Today's Top Articles:

You may also like