Home [email protected] @ja ソーラー式人工眼で世界を見よう

ソーラー式人工眼で世界を見よう

by admin

目に映るものが私たちの世界です。視力を失うことは、どんな人にとっても怖ろしい経験になるでしょう。この課題と闘うために、カリフォルニア州スタンフォード大学の科学者たちによって、網膜インプラントすなわち人口眼が開発されて来ました。それは、電池で作動する今日のインプラントとは違って、太陽光を動力源とするものです。この装置には、一筋の光を目に通す特殊なメガネが用いられます。これがインプラントに信号を送り、患者がものを見るのを助けます。さらに、これを用いれば、配線やその他の不可欠とされていた付属物も必要なくなるでしょう。この配線いらずのインプラントは、目の不自由な患者だけでなく、網膜疾患や視覚障害に苦しむ患者にとっても視力を創出するのに役立つことでしょう。

Light-powered bionic eye

今日の科学技術の進歩は、数多くの人間の健康障害に対する革命的創造的な解決法に道を開くものですが、この人口眼も、医学的課題の解決のために科学技術が用いられた一例となります。このインプラントは、人に対してはまだ用いられていませんが、ラットに対しては試みられ、うまく行くことが証明されています。

眼底にある神経が、これらの網膜インプラントを用いることによって刺激され、最終的には視力を生み出します。人にとって、視力が回復するということは、その人に第二の人生を与えるようなものです。これらの太陽光を動力源とするインプラントが、さらに流行して手軽に用いられるようになれば、多くの人々に安心をもたらすことでしょう。このインプラントは太陽電池パネルと同様の技術で作動します。網膜チップ上に一筋の光を通すのに適したビデオカメラが備わっており、それで患者は、目の前で起きていることが見られるようになります。電気信号が発生して視神経に伝えられ、目の不自由な人の視力の創出を助けるのです。これらのインプラントは利用者に使いやすくできているので、面倒な科学技術の介入を全く必要としません。

 

出典: BBC

Today's Top Articles:

You may also like