Home [email protected] @ja コーカコーラは、ボトリング工場で燃料電池システムのメリットを得る

コーカコーラは、ボトリング工場で燃料電池システムのメリットを得る

by admin

大手清涼飲料メーカーのコーカコーラは、2011年に、イースト・ハートフォード工場に2つのUTC電池を設置しました。しかしこれが、それほど有益になるとは思いもよりませんでした。ビン詰めを行う工場では、二酸化炭素排出量がかなり削減され、一旦最適化されると、全体的なエネルギー消費は30%セーブされる見込みです。燃料電池は天然ガスを利用しますが、必ずしも再生利用できるとは限りません。しかし、効率的に再利用を行うと、イニシアティブをより環境にやさしくします。

コーカコーラのような企業は、消費者の需要に応えるために、大量のエネルギー源を必要とする仕事を行っています。化石燃料に対する依存は重く、エネルギー源の欠乏が世界中の全ての国で優先リストの上位に現れる現代では、これは助けになりません。コカコーラによると、燃料電池は米国で厳しい排出基準を厳守しています。

リン細胞は、1細胞当たりおよそ400kWの電力を発生するPureCell System Model 400です。必要電力の100%と、イースト・ハートフォードのビン詰め工場での必要な暖房の50%を供給することができると言われています。

ブライアン・マイセンバイマーは、暖房目標を達成するためにシステムを微調整すると述べたコーカコーラ工場マネージャで、この燃料電池の性能に満足しており、暖房の目標を達成するようシステムを調整する予定です。燃料電池は、電力を供給し、且つエネルギーと共に利用することができる熱を放出します。

コカ·コーラは、ニューヨーク州エルムズフォードの他の工場でもUTC電池を設置し、カルフォルニア州アメリカン・キャニオンの飲料生産工場では5つのブルームエネルギーサーバー燃料電池を使用開始しました。同社はまた、カルフォルニア州サンリアンドロ、ノースカロライナ州シャーロットの集配センターに、水素駆動型の燃料電池フォークリフトトラックを2台送り、そのトラックはプラグパワーのGenDriveシステムを利用しています。

Via: Fuelcelltoday

Today's Top Articles:

You may also like