Home [email protected] @ja 研究者が、ハスの葉のデザインに基づく診断技術を開発

研究者が、ハスの葉のデザインに基づく診断技術を開発

by admin

私達は、より小さなサイズの上に物が作られる時代に進んでいるようです。これは特に、医学の世界では重要な発展で、より小さな器材を使用することにより、障害物をうまく逃れて、人体をより精密に検査することができます。
しかしこの発展にも、解決を必要とする、ある特定の問題があります。例えば、流体サンプルの量が少ないと、個々の低下の分析が難しくなります。
また、小量の流体を混ぜると問題が生じる可能性があります。しかし、ワシントン大学の研究者は、これらの問題を解決できる鍵となる方法を発見したようです。それは、ハスの葉の構造に擬態させることです。

ハスの葉は、表面を突出した毛が覆う、小さな突起からできたユニークな微細構造をしています。1滴の液体が葉の表面に落ちると、毛は液体の球を支えその下に空気のポケットを残します。液体の球は、運動に大きく影響され、わずかな震動で転がり落ちります。

研究者は、この微細構造をインスピレーションとして用い、様々な高さと配置の小さなポストからなる微小工学製造法によって、シリコン面を開発しました。科学者は、水の滴を上部に配置し、その後オーディオスピーカーで 50-80回/秒で振動を発生させました。水滴はポストが造られたところに従って、特定の通路を伝っていきました。

スピーカーによる振動が変わると、水滴が1つに結合され、1つのかたまりとして動くことに研究者は気付きました。現在、研究チームは、現存するシリコンの100分の1のサイズのシリコン面に置いた水滴の、スマートフォンのエネルギー出力を用いて、研究結果をテストする予定です。

研究者はこの研究が、病院の研究技術者が水や血液サンプルを分析するための安価な極小機器の開発に繋がることを願っています

Via: Gizmag

Today's Top Articles:

You may also like