Home Innovations @ja 次世代の食用プラスチック

次世代の食用プラスチック

by admin

現状

プラスチックは世界でおおきな問題となっています。埋立地や海の中にまであちこちにプラスチックは散在しています。最近になってようやく人々の中で、生物分解できないものを排除する動きが高まってきました。新しい素材が出てくる一方で、プラスチックはまだまだ使われているのです。

変化の必要

おそろしい発見として現在食品包装や物品用に使用されているプラスチックはBPAという化学薬品が「安全な許容量」含まれているというのです。たとえ少量でも心臓への負担や糖尿病の引き金になりかねません。BPAはいとも簡単に食材の中に溶け込んでしまうということですから、これに代わるものの開発が早急に必要となってきます。

次は?

食用プラスチックが登場しました。それによって石油製プラスチックにおさらばできるかもしれません。生物分解できる天然素材からできているのです。中には味付けをしてスナック代わりに食べれるのもあるのです

1.ジェルオー

新しい点

パーティーを開くたびに大量の使い捨てカップが使われますが普通はプラスチック系ものがほとんどです。これが環境を汚す元凶になっているのですが、これが今変わろうとしています。100%生物分解可能の寒天からできたカップやグラスが出てきたのです。さらに容器自体も食べられるのですから最高です!

もたらす違いは

グラスは色や味も様々で、飲み物を飲むという行為に新たな革命をもたらします。例えば、暑い日の午後にレモネードを飲んだりするときに黄色のグラスから飲みつつ飲み終わったらグラスも食べてしまうというという感じになるのです。味はジンジャー・ミント、レモンバジル、そしてローズマリーフレーバーが用意されています。捨てられたときも土に色が付いて数日後には完全分解します。寒天は海藻エキスからできていますから土に栄養も与えてくれるのです。

問題点

問題点は、、、無いです。アップルジュースをレモン味のグラスに入れて飲んだらおいしいかどうか分からないことぐらいでしょうか。

2.バイオプラスチック

新しい点

プラスチックといえば普通は製作するものですが、このメタボリックス社製のプラスチックは育てるものです。草の遺伝子を組み合わせて、ミレルというポリマーの生育を可能にしました。

もたらす違いは

商業用として成功した際は食用・農業用の包装として使用されます。丈夫で耐熱性もあり、使用後は廃棄しても完全に生物分解性です。コンポストとしても使えますし植物はエナジーをもらってすくすくと成長します。

問題です

大変洗練されていてエレガントな解決法ですが、これを完全普及させるには既存の工場を閉鎖させるなど多くの努力が必要になってきます。

3.食用プラスチック

新しい点

今やほとんどの包装はプラスチックです。水分に強いことが求められる食材用は特に顕著です。新しいプランチックはプラントとプラスチックからできた造語で生物分解式のプラスチックです。さらに食べようと思えば食べられます。

もたらす違いは

プランチックはそれ自体は美味しいものではありません。時間のたったパンのような味がします。しかし食べられるという事実は環境に優しいということにもつながります。コーンスターチから作られて、天然色素で色が付けられています。

問題点

プランチックはスターチから作りますから細菌やカビには強くない可能性があり、そうなると食用には適していません

Today's Top Articles:

You may also like