Home Innovations @ja ASU学生は、コスモス公園明かりに動力を供給するために犬の糞の消化タンクを開発する

ASU学生は、コスモス公園明かりに動力を供給するために犬の糞の消化タンクを開発する

by admin

Students use dog waste to light park

ASUのポリテクニックキャンパスの工学と技術の学生チームは、嫌気性消化に基づく犬の糞の消化タンクを開発するための模索をしていて 以前話題になりました 。彼らはその作成に成功して、今、これらの消化タンクは、ギルバートのコスモ・ドック公園のランプのためのエネルギーを生成します。その消化タンクは、電気を起こすために嫌気的消化プロセスの副産物、メタンを使用するでしょう。それは、毎日公園を訪れるほぼ200匹の犬によってもたらされる糞の山の問題を解決する、非常に生産的な方法です。

毎年60,0000匹の犬がコスモ・ドック公園を訪問します。そして町は、最良のドック公園としてドック・ファンシー・マガジンと MSN から賞を受け、そして今、 ASU の学生の技術革新を通してエコになることによって、さらにポイントを1つ獲得しました。環境へのボーナスとして、技術革新はメタン(温室効果に寄与する)の量を減らすのに役立ちます。
廃棄物破壊プロセスの実現可能性を妨げる、華氏100度を超えるアリゾナの高温の下では、消化タンクを構築する作業は簡単ではありませんでした。学生たちは、温度を低く保つのと同様に臭いの問題を解決するのに、消化タンクを地中に埋設することを提案します。学生たちの理論的な知識を本当の技術革新に換えるためにプロジェクトには莫大な資金を必要としました、そして幸いにも、廃棄物処理に関係しているギルバート町と他のスポンサーが25,000ドルの調達を必要とする学生たちに手助けをしました。

プロジェクトは ASU の iProject プログラム の一部として立ち上げられ、実際的な技術革新に教室での知識を注ぐための素晴らしいプラットホームです。ASUの教員とチーム指導者の願いは、社会の向上のための技術革新に知識を注ぐことができるエンジニアを育成することです。
さて、訪問者は消化タンクに堆積させるためビニール袋に犬の糞を収集し、この技術革新の目的を達成するのを支援するのみです。もし彼らが望めば、犬の飼い主が廃棄物をかき回してくれることで、同じように支援することができます。

ASU.EDU より

Today's Top Articles:

You may also like