Home Innovations @ja グリーン旅行のナイスアイデア

グリーン旅行のナイスアイデア

by admin

世界中には旅行におけるカーボンフットプリントを減らすべく、機械や機器の開発にいそしむ人が多くいます。

ボンバーディアー・エコ4列車

フランシスコ・ルパンによってデザインされた磁器浮揚式列車はエコ公共移動施設をますます魅力的にします。太陽電池で動き、屋根にはソーラーパネルが付いておりパネル自身はモーターとつながっているため太陽に位置に応じて30度ずつ角度を変えることができます。これも内蔵コンピューターで自動的に行われ、運転も自動という未来型列車です。スクリーンには外の温度や次の駅案内などの情報が示されます。

エコ飛行船

ローレンス・レッドメーカーによってデザインされた飛行船は航空業界にコスト削減とエコなオプションを与えてくれます。特殊技術で作られたスターリング・エンジンは長時間の空中浮遊を可能にしてくれますが、具体的には各層ごとに異なる温度を利用して稼動することになります。太陽電池ディスクによって太陽光を取り込み、それを熱に変えることで夜間でも浮遊が可能です。残念ながらこれはコンセプトですから実現するかどうかは定かではありません。

ハイブリッド・バス

産業デザイナーのフランセスク・ガッシュが作り出したハイブリッドで低排ガスのバルセロナ市内用移動システムです。角が丸くなっていて変わったデザインで色は白と黒に赤を使用していて、ハイブリッド駆動をメインにして太陽エネルギーで補助する形です。屋根には太陽電池パネルが付いていて、磁器浮揚システムによってサス効果も抜群です。

エアクルーズ

ロンドンのセイモア・パウエルによってデザインされた創造性あふれるこのエコフレンドリーなコンセプト飛行船は太陽エネルギーと燃料電池で稼動します。ホテルと飛行船が合体した近未来型飛行船「クリッパー」と名づけられたこの高級で排ガスを出さないコンセプト船は最高時速90マイルを実現します。4つの巨大アパートと5つの小型アパートが入っており、ラウンジやバー、そして娯楽エリアも備えています。床はガラス式になっているので空中の景色を堪能できます。

エア列車

電車のたびは快適なものですが、混雑してきて人が増えて二酸化炭素が充満してくるとなんとも息苦しくなってきます。サンマリノで製品デザインを学んだフランセスコ・コディスは列車車内の空気を浄化するコンセプトを考案しました。具体的には微生物を利用して二酸化炭素を酸素に変換するというものです。

Today's Top Articles:

You may also like