Home Innovations @ja 軍隊による環境に優しいイノベーション

軍隊による環境に優しいイノベーション

by admin

殆どの人は、軍事技術という言葉でミサイルやジェット戦闘機や銃、疲れた兵士の幻想を呼び起こします。 私達の国を守る人達が、環境に良い革新やコンセプトを全て取り込んでいたと、誰が考えるでしょう? しかし、そんなに驚く事ではないかもしれません。 結局、現在の地球の状況が豊富とは言えないので軍隊も適応する必要があり、生き残るための手段を見つけ出す新しい方法を探さなければならないのです。

陸軍はゴミから電気を作る

イラク駐留米軍の司令部は、弾薬の箱やシュレッダーにかけられた書類や他の残り物を使って、バイオガスから独自の電気を生成しています。 機械はTGERと呼ばれ、戦術的廃棄物をエネルギー精製所の意味で、砕いてそこに入れると、合成ガスに変わるまで熱します。 そして食品や液体を発酵させ、発生したエタノールと混合すると燃料が得られ、発電機を稼働させるために使用されます。

ソーラー電力を使う陸軍ベース

米軍は、ネバダ州ネリス空軍基地や、カリフォルニア州モハベ砂漠のフォートアーウィンで計画中の物等を含む、様々な基地で太陽光発電所を設置しています。 前者の太陽電池設備は14メガワットで、基地のエネルギー需要の半分を満たしており、後者の設備は500メガワットを生成する予定で、基地の需要を満たすには十分で民間部門にも販売します。

戦闘具用、M-25ポータブル燃料電池

兵士たちは長いミッション中は特に、出来るだけエネルギーを必要とします。 そして、M-25ポータブル燃料電池には大きな利点があり、72時間まで戦闘具を操作するバッテリーパワーを与えます。 まだテスト段階ですが、燃料電池は300mlのエタノールカートリッジから25ワットのエネルギーを供給し、これはピーク時には80ワットの適応力があります。 最も優れた点は、M-25は、従来使用していた電力源の80%軽く、重量僅か900gです。

ソーラー戦士

英国の「ソーラー戦士」プロジェクトが成功した場合、兵士達は間もなく太陽エネルギーを発電する事になるかもしれません。 科学者達は現在太陽エネルギーを蓄え、それをパワーに変換出来るスーツをデザインしようとしています。 兵士達は、特定の武器を充電するのに必要な、重いバッテリーパックを持ち歩くので、ソーラースーツは一定の電力を供給するので恩恵を与えます。 更に、再生可能電力資源として熱電気も研究されています。

BAEシステムによる環境に優しい弾丸

弾丸は殺すという事ですが、BAEシステムもそうですが環境にはダメージをもたらしません。 武器メーカーは、環境に害を与えず戦場で兵士の健康被害に繋がらない、鉛の入っていない弾丸を生産しようとしています。 会社はまだ鉛の入っていない弾丸にたどり着いてはいませんが、毒性レベルを低減したものは開発しています。

空軍と海軍はバイオ燃料に向かう

私達は航空機、特にジェット戦闘機は大量の燃料を消費する事を知っています。 しかしそれらの使用を止めるわけにはいかず、米空軍と海軍は、ジェットバイオ燃料を使って操作すると言う解決策を打ち出しました。 空軍は、F-15とF-16戦闘機及びC-17輸送機のバイオ燃料を50%利用を承認しており、空海軍はバイオ燃料の航空機テストを行っています。 一方海軍は2012年の秋までに持続可能エネルギーで水上艦と全航空機に承認する予定です。

海軍のロボットがフジツボを一掃し、燃料消費を削減する

フジツボやバイオフィルムに起因する、余分な抗力によって刺激される燃料消費を削減しようと、米海軍は、艦を清掃する「フルバッグ」と呼ばれる新しいロボットを使っています。 自律型ロボットは艦がフジツボやバイオフィルムの清掃が必要性を感知することが出来、これらの生物による抗力を低減する為に任務を果たし、燃料消費を削減します。

アメリカ陸軍は多くの太陽電力シェードとテントをテストする

従来の電力源が無い場所では、兵士は遠隔地での屋外キャンプで多くの時間を過ごします。 バッテリーは消耗する傾向にありますが、アメリカ陸軍は柔軟性があり携帯用の太陽電力せーどとテントをテストしています。 柔軟性のある太陽電池パネルは太陽光を利用するテントを助け、再生可能電力をコンピュータ操作や暗視ゴーグルの電力に変換できます。

ドイツのスーパーステルス潜水艦は水素燃料電池を動力とする

ドイツの技術はその頭をもたげ、今回U212Aと呼ばれる水素燃料電池で稼働するステルス潜水艦を作りました。 ディーゼルや、電力、原子力エネルギーの様な他の電源を排除する事で、潜水艦は長く水面下に居るが出来ます。 水素エンジンはまた、艦を静かに隠密に体熱をあげる事なく走行させます。

リサイクルペットボトルで作られた陸軍の橋

アメリカ陸軍はリサイクルペットボトルで橋を建設し、そのような種類では世界で初めてのものです。 100%リサイクルペットボトルから作られた高強度、熱可塑性物質で耐食性があり低メンテナンスの橋を建設しました。 その様な橋は壊れやすいだろうと思うでしょうが、考えてみて下さい。 70トンの重量に耐えることが出来るのです。

Today's Top Articles:

You may also like