Home Innovations @ja 海のプラスチック汚染を低減する、4つの革新的プラン

海のプラスチック汚染を低減する、4つの革新的プラン

by admin

Plans to reduce plastic pollution

長い間、人間は海に廃棄物を投棄してきました。 長年に渡り海のプラスチック汚染は、大きな環境問題の一つとなっています。 海洋堆積物は見苦しい海岸のゴミとなっているだけではなく、海洋生物と海岸沿いの生息域に深刻な脅威をもたらしています。 大きな問題はプラスチックが生分解しないものだという事です。 それでは、海洋のプラスチック汚染を低減する助けとなる、革新的な計画の幾つかを見て行きましょう。

1.リサイクル島

Recycled island

この美しい島は、ドイツの建築家ラモン・クノースターによって提案された、研究プロジェクトです。 「リサイクル島」と適切に呼ばれているこの島は、ハワイとサンフランシスコの間の太平洋にあります。 プロジェクトは、プラスチックを含む海洋堆積物を使った、鮮やかに海を綺麗にしている、居住エリアを作る事が目的です。 さらに、これを行う事で、プラスチックごみが廃棄物から、建設資材へと変換されます。 ハワイ島ほどの大きさのリサイクル島は、生存する為に必要な資源を、外国に依存する事はありません。 自分達の食料や、太陽や風から発電するエネルギー資源を持つ事になります。 水上に浮かぶ島は自給自足で、環境と調和して汚染もなく、地球の生態系を乱す事はありません。 持続可能な島は、様々な種類の現代生活と、環境の混合使用で開発されます。 この考えは純粋に環境保護と意欲だけで、現実の形として提案するには、タイムスパンやコストの様な障害を、除外することは出来ません。

2.エコ・モバイル・ロボット

 

Eco mobile robot

エコモバイルロボットはエジュソン・ウエダによって設計された、世界中の海からゴミを清掃する為に作られた、高度なシステムです。 この海上に浮いているプラットフォームは、水産養殖の場合にで実行される、国際的なグループ活動にしようとしていて、海洋の温度上昇と海面レベルの上昇を最小限に抑えようとしています。 これ等の浮遊するブイは、石油採掘装置のように見えるかもしれませんが、全く異なる方法で働きます。 エコモバイルロボットは水質をキャンバスするセンサーや、廃棄プラスチックや有毒物を、水面下の深い区域から吸い上げる強力ポンプで構成されています。 クリーンで無毒の塩水が海に返されます。 危険な廃棄素材は特別な容器に集められ、安全で適切な場所に捨てられます。 エコモバイルロボットは世界中の衛星に繋がれ、処置が必要な場所を即座に監視します。 革新的システムは海洋生物が生きて行くために、よりクリーンな環境を与え、海の毒性を排除するのに役立ちます。

3.プラスチック採取船

Plastic harvesting ship

プラスチック廃棄物汚染は、今日の大きな問題の一つです。 排気システムが海上から見えるプラスチックを清掃しても、人魚の涙と呼ばれる「ナードル」は、殆どの海岸で見られています。 魚の卵に似たこれらのナードルは他の海洋生物が食べ、プラスチック摂取によって死んでしまいます。 キーラン・ジョーンズ、アズサ・ムラカミ、アレクサンダー・グローブスは、英国ロイヤル・カレッジ・オブ・アートの卒業生チームが、海洋汚染問題を解決することができる「海の椅子プロジェクト」を考案しました。 デザイナー達は、古いトロール漁船を完全に機能する椅子に変換し、工場でプラスチックナードルを集め、大きさ別に仕分けする事を提案しています。 1マイル四方の海に漂っているのを見かけるプラスチックナードルは、工場の倉庫からもれ出たものか、輸送中にこぼれたものです。 バージン素材の小さな細粒が集められ、プラスチック海の椅子を作るために使用されます。

4.海のプラスチック廃棄物収集船

Ocean´s plastic waste collecting ships

これ等の無人船を作る目的は、北太平洋のプラスチックごみを収集する為です。 自動操縦の船は、バイオ燃料と共に太陽と風力エネルギーで駆動します。 この船はGPS技術でナビゲートされます。 2つの回転セットは軽量でも、しっかりとしたパドルホイールは、プラスチックごみを回収するようにデザインされています。 前方のパドルは大きなゴミを集め、後部のものは小さな細粒を回収します。 メンテナンス船で回収されたゴミは、本土でリサイクルすることができます。

Today's Top Articles:

You may also like