Home Innovations @ja 海洋鉄肥沃化に関する利点と欠点

海洋鉄肥沃化に関する利点と欠点

by admin

Ocean iron fertilization

危険な温室効果ガスは、地球の環境に悪影響を及ぼし、気候に急激な変化が発生して、生態学的は均衡を失いつつあります。汚染が主な原因となった急速な気候変動は、の二酸化炭素が汚染源ですが、その二酸化炭素を除去する新しい方法が開発されつつあります。海洋鉄肥沃化が、大気中の二酸化炭素を除去する方法の1つです。このプロセスでは、海洋に植物プランクトンや藻類を成長させる鉄の種を意図的にまきます。海洋学者のジョン・マーティン氏は、鉄が植物プランクトン成長のための最良の微量養素であることを発見しました。藻類は、このように要素から鉄栄養を得て、水生真核生物は、光合成のために大気中から大量の二酸化炭素を吸収します。このプロセスは、地球温暖化を緩和する働きがあります。

利点

Remove carbon dioxide

海洋鉄肥沃化にはいくつかの利点があります。藻類に鉄粒子を与えるために水中に放出すると、藻類が繁殖して光合成をするために、人間にとって有害な二酸化炭素を吸収します。そして、これらの小さな鉄分は海洋に沈み、数年間にわたって有害なガスを隔離します。二酸化炭素を減少させるために種をまく海洋のこのプロセスの概算原価は、現在使われている商業目的の他の隔離メカニズムの原価よりはるかに安くて済みます。鉄を入れることは、海洋食物連鎖にも役立ち、鉄分を必要とする他の水生植物も健全に成長することができます。炭素を海に沈める作用があることで知られている海洋鉄肥沃化のプロセスは、さらに海の生物の生産力を増強するのです。

環境を改善することができるか

約20年前に行われた海洋鉄肥沃化のプロセスの実験では、ある欠点が浮上しました。大気からの炭素を少ない効率で海洋へ引き込むことができました。しかし、この時間的な観点から、研究者らは、肯定的な結果を出すために、注意深く設計し直して改良した技術で研究を行いたいと考えています。今のところ、状況に大きな変化はありませんが、科学者は、あらゆる方法で地球温暖化に関する問題の解決策を研究しています。海洋種まきが大気中のCO2を約25パーセントの削減すことに結びついたので、プロセスのすべての仮の洞察に関して実験を行い、有益となる結果を模索しています。

欠点

algal blooms

鉄の種まきのプロセスで、プランクトンの成長が刺激を受けるという事は、さらに深海の藻類の成長も増強することを意味します。しかし、植物プランクトンの繁殖の条件は、深海というより海岸で多く発生します。鉄肥沃化仮説における初期の実験では、この方法がCO2を閉じ込めて格納する効率的な方法ではないかもしれないことを指摘されました。膨大な海洋エリアでは、それほど現実化が可能でないかもしれないプロセスを行なう必要があります。さらに海洋への鉄種まきは、海洋生態系に影響を与え、海洋の赤潮や他の有毒酸を引き起こす藻類の成長を刺激することにもなります。

これを回避することができるのか

温室効果ガスの排出を根絶する他の様々なプロセスは、すぐにCO2ガスの放射を食い止めることはできそうにありません。または、温室効果ガスを取り除く計画は、現在の温室効果ガスの軌道を前の状態に戻すことができないだろう、と言う人もいます。他の解決策が温暖化のプロセスを遅らせながら、鉄種まきは大気中の二酸化炭素を削除し、地球温暖化のプロセスを後退させています。毎年使用する20万トンの鉄が、失われた藻類の種を回復するために必要とされ、毎年約3ギガ・トンのCO2が浸されると概算することができます。

欠点その2

Ecosystem effects

鉄はすべての種類の植物プランクトンの増加を誘発するので、ドーモイ酸の毒性量を生産する種類プセウドニッチア属の成長も促進するため、鉄種まきは海洋の生態系を崩す可能性があります。ドーモイ酸は、様々な水生動物の死を引き起こしますので、海洋の生態環境に不均衡が生じます。第2に、鉄肥沃化は深海中の酸素レベルの低下を引き起こします。藻類が海に深く沈んでいる場合、微生物は、藻類が必要な海洋の酸素を消費します。酸素も深海動物によって消費されるので、その酸素の濃度によってプランクトンが大発生します。

なぜそれほど批判的なのか

鉄を与えるプロセスは、著しく浮遊植物や水生生物を増殖させ、恐らく地球の環境を変えてしまう可能性が確かにあります。しかし、プロセスの実情として相当な利益があり、地球温暖化を緩和しています。現在、私たちは、大気の炭素を減らすために、海洋がどのように作用することができるかを理解することができました。

結論

地球温暖化により、大気から炭素や他の毒物含有量の除去が早急に必要で、その必要性を満たすことができる有望な技術には、大きな期待が寄せられます。鉄の種をまくプロセスは、特定の欠陥によって地球温暖化の逆のプロセスが予想されます。しかし、海洋鉄肥沃化プロセスの研究によって、科学者は、近いうちにこれらの不利な点を克服する改善策が見つけられることでしょう。

 

Today's Top Articles:

You may also like