Home Innovations @ja 素晴らしい未来、地球の温度を下げるための太陽放射線管理

素晴らしい未来、地球の温度を下げるための太陽放射線管理

by admin

Solar radiation management

現在の状況

地球温暖化が、世界の首脳陣の間で外交的対立となり、問題になっています。 国々は国際的に認識された条件や状況の元に、温室効果ガス総排出量の削減に、最小限の責任を受け入れようとしています。 もう一つの明確なトレンドも見えてきています。 これは、地球温暖化による気候変動に取り組む、科学者達の研究の急増を含んでいます。 研究者の一部は、地球が受ける太陽光の量を制限する、様々な措置を考案しています。

これらの方法は、太陽放射線管理(SRM)と呼ばれ、太陽光が地球に到達する前に反射させるものです。 また、未来の世代の人間が住めるように、火星の表面に熱を与えるために、SRMを適用する事を提案しています。 しかし、このようなプロジェクトから受ける、生態系への総合的な影響や、高いコストを必要とする等の懸念があります。 下記にあるので見て行きましょう。

トレンド

1.マリン・クラウド・ホワイトニングは地球温暖化の影響を、一時的にカバーする

Whitening could

研究者達は、マリン・クラウド・ホワイトニング(MCW)と呼ばれるプロセスによって、100年間気象変動を防ぐ事を示しています。 このプロセスは、風力で駆動する船舶の助けを借りて、海水をスプレーする事で、大気中に人工の雲を形成します。 このプロセスには、約2000艘の特別な船が必要になります。塩分を含む海水は、小さなを形成し、その核の周りに大きく白い雲を作ります。 これらの雲は宇宙の外に太陽光を逸らします。 このプロジェクトには約53億ポンドを必要とします。

2.反射気球の軌道配列

Reflective balloons

この計画は、人間の未来の世代が火星に住めるように作られたものです。 これは、反射気球の軌道配列の助けを借りて、火星の表面に太陽光を集めるものです。 このプロジェクトには、長さ150mの反射気球が300必要になります。 これらの鏡は1.5㎞の軌道する鏡を作るために、横一列に並べられます。

3.宇宙空間に放たれた鏡は、地球温暖化を低減する

space mirror shot

宇宙空間に1兆個の鏡を置く事で、50年間地球温暖化を低減する事ができます。 このプランは、アリゾナ大学のロジャー・エンジェル博士によって提案されました。 しかし、宇宙に鏡を置くには莫大なお金と力が必要で、総予算は350兆ドルになります。 その様な試みはまた、生態系全体に影響する事についての疑念があります。

4.マントが太陽から氷河を保護する

Cloak protects glacier from sun

スイスのガーシェン氷河の一部を溶解から守ろうと、スキー場で働く人達が、13平方キロメートルのエリアを、反射ホイルの薄い層で覆いました。 これは入射する太陽光を反射し、過去15年間で約20m沈んだ、ガーシェンの溶解を減速させます。 このリゾートの役員は、この方法が雪や氷河を守る為に、世界の他の地域にも適用できると考えています。

コンセプト

太陽放射線管理は、望ましい目的のために太陽光を管理するプロセスです。ここに書いたものは、直ちに地球を冷却する最も有効な方法だと、多くの人々が考えています。 SRMも自然に行われています。

例えば、火山の噴火によって、莫大な量の二酸化硫黄ガスや火山灰を成層圏に残します。 二酸化硫黄は成層圏で言おう粒子に代わり、太陽光を宇宙に跳ね返します。 反射された太陽光の量は、惑星アルベドと呼ばれています。 研究者達は今、太陽放射線を管理する為に、人工的手段を開発に取り掛かっています。

利点

SRMプロセスには多くの利点があります。 その幾つかは下記にあります

1.SRMは、地球温暖化の影響を速やかに削減する方法です。 温室効果ガスの量を減らし地球の温度を下げるには、数十年または数百年掛かりますが、SRMは数日または数ヶ月で行う事ができます。 2.毎日大気に排出される、膨大な量の二酸化炭素の影響を相殺するのに、殆ど資材を必要としません。

3.SRMは気象危機の状況で、地球を急速に冷却するために使用する事ができます。

影響

しかし、政策立案者は、現在の地球温暖化と気候変動を低減する手段として、SRMを選択する事に、あまり情熱をかけていません。 これには沢山理由があり、このプロセスが膨大なお金を必要とするだけでなく、これは、誰にでもできる解決策ではありません。 これは一時的にt球の温度を操作するだけのものです。 生態系への悪影響の可能性への懸念もあります。

 

Today's Top Articles:

You may also like