再利用 @日本語

電子廃棄物を再利用した素晴らしいアート作品Most amazing recycled creations from electronic waste

幾つかの環境保護団体は、発展途上国において電子廃棄物の違法処理が深刻な健康被害と公害問題を引き起こしていると主張しています。ブラウン管のような幾つかの電子廃棄物には鉛やカドミウム、ベリリウム、水銀や他の有毒物などの汚染物が含まれています。電子廃棄物の問題が持ち上がっていますが、デザイナーの中には安全な再利用策の開発をただ待っているだけでなく、展示できる新しい芸術作品を独自の形にして廃棄電子部品を再使用しようとしています。ここにリサイクル電子部品で作った最も印象深いアート作品を幾つか紹介します。

ネスプレッソコーヒーカプセルが素朴な手作りカーテンに

私達がよく知っているネスプレッソコーヒーのカプセルは、中にコーヒーを密閉しているアルミニウムの容器です。私達はみんな使用済みのネスプレッソのカプセルをゴミにしますが、それらはアルミニウムで作られているいてリサイクルや再使用ができます。環境保護を考えている人には色々な利用法があると思います。例えばそれを使ってランプ照明の輪飾りや造花等がありますが、今日は、色彩豊かなネスプレッソコーヒーカプセルを使った素晴らしいカーテンについて話したいと思います。

ガラクタから作られた驚くべきロボットの模型

廃棄物の埋め立て費用を減らす最良の方法は、使用済みの製品を芸術品として再利用することです。棄却物資を芸術的価値や機能的価値がある製品にすることにより、環境に貢献している人たちが多数います。最近、回収材料から作られたシャンデリアをご紹介しました。そして今回は、ガラクタを再利用して作成された11体のロボットの像をご紹介します。

ゴミからの救出:リサイクルしたドアで作った、たった31ドルのコーヒーテーブル

ビンテージもののドアから作られたコーヒーテーブルには数百ドルもするものがあります。しかし、古いドアで作られたコーヒーテーブルにそんな金額を払いたい人ばかりではありません。またリサイクル品や再利用品は誰にでも手が届く価格帯であるべきです。インテリアにリサイクル品を取り入れることが大好きなカップルが作ったこの「リサイクル・ドア・コーヒーテーブル」はたった31ドルで、しっかりとした技術とちょっとした道具があれば誰にでも作ることができます。

英国ドーセット駅で復活。ビクトリア様式信号機

21世紀は、生活のすべての局面で革新をもたらしました。全ては技術の進歩によるものです。電力で動く装置が次々と生まれ、ほとんどあらゆるものに取り付けられました。ただ時には、技術が上手く活かされず、私たちが思うほど信頼性があるとは言えないことを思い知ることがあります。これこそまさに、20名の有志が、イングランド、ドーセットで電気信号塔をやめビクトリア様式の信号塔に取り換えた理由です。

リサイクル材料で作られた創造的なチェス・セット

チェスの上達と同様に、巧みの本質は、グリーン・テクノロジーの適用する範囲を拡大していくことです。彫刻家やゲームソフト開発者、その他の創造力のある人たちは、新しい考察力を働かせてリサイクル材料からユニークなチェス・セットを作り上げました。持続性に乾杯しながら、キングやポーンがどのように「グリーン」のアバターになったのか、じっくり見ていきましょう。

Ballavazは、本質的に地球に優しいリサイクル・モジュールのプランター

地球に優しい範囲における空間的効率の警鐘によって、私たちは、屋内庭園の重要性を徐々に分かって来ました。実際、確実な科学的な努力としての水耕法は、派手で概念的な理解の及ばない範囲に拡大しました。この点においてねじれがあるとは言え、同じレベルで進行している屋内庭園のショーケースを見つけました。

デザイナー スティーヴン・バークによるプロジェクト「Man Made Tronto」

ニューヨークの工業デザイナー、スティーヴン・バークスが最近再生原料から作られたテーブル、ランプ、照明ペンダントそして棚からなるユニークなプロジェクトを発表しました。このプロジェクトはダカールとニューヨークに拠点を置くバスケットメーカーと共同で行われました。スティーヴンは、作品作りを通じて常に伝統的な手法と現代的なデザインの融合に挑戦しています。彼は、発展途上国の人々と一緒に再生原料を使って便利な製品づくりをしています。

1978年式GMCピックアップトラックからバーベキューグリルを作ったカスタムカー・メーカー

暖かい春の日には、冷たいドリンクを片手に仲間とバーベキューをしたくなります。仲間と集まって間もなく始まる夏に乾杯するのです。しかし、ご存知の通り、バーベキューのグリルは安くありません。良い品質のものが欲しければ、それだけお金がかかります。サウジアラビアに拠点を置くラジカル・モーター・スポーツ社(Radical Motor Sports)は、カスタム・カーのメーカーで、サンドレイル(軽量のオフロード車)やバギー等を専門とし、車やオートバイを製造しています。このチームが最近、1978年式 GMCピックアップトラックの車体前部から作ったスタイリッシュなバーベキューグリルを作りました。

再生紙を使用して作った製品

世界では、徐々にリサイクルした材料を使用する時代となりました。これにはいくつかの理由があります。廃棄物の増量や急速に減少している資源による環境の危険性、そして、これらの問題に関して創造的な解決策を見つける必要性などです。これらの理由は、デザイナーに対して、再生紙からユニークな製品を作成することへの動機づけとなりました。

Scroll to Top