リサイクル材料で作られた創造的なチェス・セット

チェスの上達と同様に、巧みの本質は、グリーン・テクノロジーの適用する範囲を拡大していくことです。彫刻家やゲームソフト開発者、その他の創造力のある人たちは、新しい考察力を働かせてリサイクル材料からユニークなチェス・セットを作り上げました。持続性に乾杯しながら、キングやポーンがどのように「グリーン」のアバターになったのか、じっくり見ていきましょう。

自動車の再利用部品から作られたチェス・セット

自動車の動とチェスの静を組み合わせたら何になるでしょう。答えはもちろん、リサイクル自動車部品のチェス・セットです。デザイナーのアーマンドー・ラミレッツ氏によって巧みに作られたチェス・セットの価格は207.95ドルで、自動車マニアから人気を得ています。さらに魅惑的なところは、そのスタイルとディテールです。その素朴さは、NGKやACのDELCO点火プラグで作られているビショップの頭のように、部品の魅惑的な特徴を生かしているところは賞賛に値します。

ハイオクタンのチェス・セット

自動車部品を使ったもう一つのチェス・セットは、ハイオクタンと呼ばれるエンジンやトランスミッションの部品から作られています。各駒に使用されるコンポーネントに関する仕様としては、ルーク、騎士およびビショップは、ボルト、バルブ・スプリングそして吸い込み弁からそれぞれ構築され、ポーンはリフタから作られています。そしてクイーンとキングは、レーシング・カムシャフトとインプット・シャフトから作られています。

スチーム・パンク・ハードウェアのチェス・セット

制作者によれば、この特別なチェス・セットは、類別された金物類や古いテーブル、そしていくつかの一般的な化学薬品で作られています。実際、魅惑的なスチームパンク・プロジェクトは、すべて今の時代のガレージや家財道具によってDIY範囲で作成されました。今まで見てきた専門的に作られたコマよりは作成時間が掛かっていません。ここでビデオをチェックすることができます。

丸太のチェス・セット

丸太のチェス・セットのユニークさを突き詰めると、樹木がコンセプトであることは明らかです。しかし、民芸風な美しさ以上に、手作りの木製品であること、一本の木枝から作られているということに魅力を感じます。各駒は、枝の異なる部品からカットされています。また、最終的に生物分解性の有機的な視覚に興味がそそられる設計になっています。

コンピューター部品で作られたチェス・セット

これは遅かれ早かれ、起こらなければならないことでした。この巧妙に作られたチェス・セットは、廃棄処分されたコンピューター部品から作られてします。ルークは電源トランスで、ポーンはコンデンサーで作られ、魅惑的な電子環境が全く新しいものに生まれ変わっています。そして、回路を強調するために、チェス盤は、32のマイクロプロセッサー・チップとマザーボードとを交互に組み合わせたパターンになっています。

コルクで作られたチェス・セット

多くの人は考え付きもしなかったかもしれませんが、コルクはチェスの駒として適した材料です。これは、Máté Csipszer氏が自身のDIYプロジェクトとして行ったものです。上記の写真を見ると、コンポーネントの各々は素朴な材料で巧妙に作られています。さらに、不透性、コルクの浮力、弾力、そして耐火性などの要因によって、このチェスの駒は丈夫であると言うことができるでしょう。

金物類のチェス・セット

ボルトやナット、ネジ棒でチェスの駒:DIYに熱心なジュリアさんが、美しく見えるようにすべて同じ線形の幾何学的な構成部品を用いて作成しました。彼女は、金物類のコンポーネントを完璧にキャプチャーして、通常のチェス盤を含めて16ドル以下のコストで作成しました。頑丈さと気品の要素において、そのコンセプトは明白です。

Scacchie-Reのチェス・セット

ワールプールといえばキッチン用品を扱う一流企業です。使用済みキッチン製品を利用してチェス・セットを作成することを考え付いた人はほとんどいないでしょう。ilVespaio氏がプロデュースして、Stefano Castiglioni氏の設計によって、ユニークなScacchie-Reのチェス・セットが作られました。楽しそうなそのスタイルは、「レゴ・スターウォーズ」のような感じのチェスの駒です!

F-1のチェス・セット

いつくか前に、自動車部品が再利用されて作られたいくつかのセットを見てきました。しかし、F-1の名前が入っていると、高級感のある魅力的な別のレベルになります。そして、これはオリジナルのルノーの部品から作られたF-1のチェス・セットです。駒の各々はチタンやステンレス鋼のウイングやコックピット、サスペンションなどの様々なコンポーネントから作成され、チェス盤自体もカーボンファイバーで作られています。価格は、およそ36,000ドルです。

電気スタンド部品のチェス盤

コンセプトは追憶の糸を手繰って1968年にさかのぼっています。しかし、設計全体の斬新さは428種のランプの部品から作られていることです。このセットの発明者はジェシー・ディーン氏で、全体的に他にはないその特徴は、驚くほど巧妙に作られたプレキシガラス・ボードにまで及んでいます。精巧さの要因は、銀のバーベル・ケースが備わっていることです。

 

Today's Top Articles:

Scroll to Top