Home [email protected] クラゲを模倣した水素燃料ロボット

クラゲを模倣した水素燃料ロボット

by admin

ロボットといえば、多くの人は、奇妙な形をした金属の機械が動き回っていることを想像してしまいます。しかし今回は、アメリカのバージニア工科大の科学者らは、海のエコシステムで見る最も美しい自然な有機体の1つ、クラゲを模写したロボットを作成しました。

Robotic jellyfish fueled by hydrogen

設計者によれば、クラゲを選んだ理由は、泳ぐフォームが単純であるが組織化されているので、人工メカニズムによって適切に模倣すると考えたからです。しかし、「Robojelly」は移動のフォームと独自性の斬新さ以上に、エコに貢献する1つの基準を満たしていました。それは、水素燃料を動力源とするコンセプトです。

実際に、燃料源として清潔な水素を利用する初の海洋ロボットとして発表され、移動する際の奇妙な動きは、本質的に発電と関係しています。例えば、ベルの形を逆さまにしたボウルの内部に埋め込まれた環状筋のサポートによってロボットは動作します。これらの筋肉は収縮したり緩めたりするので、本物のクラゲのように、ロボットはベルの開閉によって前進します。この自然なパターンを達成するために、科学者は、カーボンナノチューブで包まれて、プラチナ黒い粉で被覆されている「筋肉」に、特別な形状記憶合金を利用しました。そのため、ロボットが水に沈んでいる時に、水中の酸素や水素と、その表面のプラチナ間で化学反応を起し熱が発生します。この発生した熱は新たに筋肉を動かすために使用され、海洋生物学の相当物のようなロボットに動力を供給して動作します。

さらに、前述のプロセスにより、この奇妙な機械は外部電源を必要としません。事実上、ロボットは水中を移動する際に「自律的に」自身へ動力を作ります。

Via: BBC

Today's Top Articles:

You may also like