Home [email protected] 日本の企業が世界で一番効率の良い住居用燃料電池を開発

日本の企業が世界で一番効率の良い住居用燃料電池を開発

by admin

ここ数日の間、私たちは独立起動水素燃料電池によって動く水面下クラゲロボットの事を話したり、昆虫サイボーグの軍隊を動かす、進化したバイオ燃料電池のことを繰り替えしお伝えしてきました。しかしながら、今回はあえて、より効率的な新しい着想についてお話ししましょう。大阪ガス、アイシン精機、京セラ、長府製作所、トヨタ自動車のような日本の大企業によって共同開発され、それらの会社のデザイナーによって設計された機器、これはエネファーム、タイプS燃料電池と名付けられました。この製品はSOFC固体酸化物形燃料電池、コージェネレーションシステムとして住居専用にエネルギー供給するように考案されました。

World-Class Efficiency Residential-Use Solid Oxide Fuel Cell (SOFC) Cogeneration System

基本電気回路を働かせるために、この新案は力の最大発生熱を利用しています。このシステムは主に分散したコンポーネントによって成り立っています。最初には、燃料電池スタックがあり、これは最も重要な部分で空気中のユーティリティーガスと酸素から誘導された水素の化学反応によって力を発生させるために使われます。そして次に重要なコンポーネントとしては、保温用の隔離されたメインモジュールで、燃料電池スタックと燃料誘導システムがおさめられています。温水のパワージェネレーターの熱を貯蔵する温水タンクより、それらのシステムは起動しています。他に、ユーザーに明らかにされているのは、直流から交流に変換するコンバーターを含むコンポーネントがあり電源の消耗を避け、緊急時にも温水を供給する為ボイラーをバックアップしてくれるということです。

最後に、この性能を高められたテクノロジー、パワーを発生させる燃料電池スタックは、これ自体で摂氏700から750度のとてつもない温度まで上昇させることができるセラミック電解質を搭載した燃料電池が登場します。これは素晴らしいレベルの電気転換レートを実現しています。これは46.5パーセントもの燃料効率アップであり、住居用燃料電池としては最大です。

それに加えて、このデバイスはエナジー効率の為の付随物さえも吸収し、1.9トンもの二酸化炭素の年間排出量を削減し、費用として年間920ドルほどもセーブできるといいます。しかしながら、たった一つ不都合な問題があり、それはこのシステムが商品化されているのは、日本だけということです。

京セラより

Today's Top Articles:

You may also like