Home [email protected] ジオ・エンジニアリング(地球温暖化対策技術)、持続可能な地球の将来のために必見の提案

ジオ・エンジニアリング(地球温暖化対策技術)、持続可能な地球の将来のために必見の提案

by admin

全米科学アカデミーはジオ・エンジニアリングを、大気化学の変化の影響に対処または対抗するための選択肢と位置づけている。これには私たちの環境を広域に亘って操作する手法も含まれる。別の研究で報告されているように、ジオ・エンジニアリング技術は大きく2つのセクション、二酸化炭素除去と太陽放射線管理に分類することができる。地球温暖化を止める驚嘆に値するほどの薬は存在しないが、しかしながら、下記に紹介する10の事案は、最も興味をそそる提案と技術であり、あなたを捕らえて放さないと思う。それでは、この中のどの提案が現実のものとなり、幅広く採用されて私たちの地球を涼しく青々と保つことができる技術なのかじっくりと見ていくことにしよう。

Arctic geoengineering

これは一種のhydrological geoengineering(水理学的地球工学)の形態で、永久凍土層の中にメタンガス(地球温暖ガス)を閉じ込めた状態に保ちながら、技術的に北極海の氷の損失を低減することによって気候を変えることを目的とするものだ。

Copy a Volcano

太陽の放射物をブロックする目的で、硫黄、特に硫化水素、または二酸化硫黄を大気に播種する手法で、これにより地球をある程度冷却することができるという提案だ。ラトガース大学の環境科学者アラン・ロボックによれば、二酸化硫黄は水に反応して硫酸液滴を形成するそれが太陽放射を散乱させて宇宙にもどす役割をするという。これは、言わば火山の模倣といえるcopying a volcano。飛行機、気球、大砲を利用して、何百万トンもの硫黄を大気圏に圧そうするのだ。

Shoot Mirrors Into Space

巨大な鏡を使用して太陽光を反射させるように地球と太陽の間にうまく配置するという提案だ。これは現実的には実現がむずかしいことのように思えるが、ロジャー・エンジェル、アリゾナ大学の研究者と光学の専門家によって提案された別の手段、数兆個の微小な鏡を利用する、などもある。

Seed the Sea with Iron

ここで鍵となるのは、海水面近くに生息する植物性プランクトンの成長を促すことにある。海洋学者 ジョン・マーティンの「鉄仮説」によれば、地球温暖化は鉄分を海に圧そうして植物性プランクトンの成長を促すことで制御可能となり、さらに寒冷化を起こすことも不可能ではないという。

Whiten the Clouds with Wind-Powered Ships

火山の噴火のように、雲の上層部分を真似しても太陽放射を反射させることが可能だ。エジンバラ大学のステファン・サルターとコロラド州米国立大気センターによれば、反射能の割合をわずか3パーセントだけ増やすことができれば、地球の温暖化は抑えることができるという。さらには、1秒間に50立方メートルの水滴を噴霧する1500隻の風力発電の船団があれば上で述べた目的に利用できるのではないかという提言もある。

Build Fake Trees

大気から二酸化炭素を吸い取ることができる人口的な樹木を作り出すという提案もある。コロンビア大学のクラウス・ラックナーの構想によるものだ。吸水性の高いレジンで作られたパネルで構成される樹木により空気中の二酸化炭素を固体の状態に変換させるという。

Enhanced weathering

ここで紹介するのは、風化作用により大気から二酸化炭素を除去する自然の処理過程、あるいは分解、炭化やケイ酸塩化した土壌の自然の処理過程、は人為的に特定の土壌に注入したケイ酸塩によってさらに早まるという事案だ。

Solar Radiation Management

ここでの考え方は化石燃料汚染に焦点を置くのではなく、太陽からの熱を削減することだ。報告書で述べられているように、これらの技法は結果的に大きな環境問題を引き起こす可能性がある。そのような訳で、そのtechnologyは他の二酸化炭素除去戦略よりも採用される機会は少ないといえる。

Cloak protects glacier from sun

現在、シーチングのような反射ホイルはグロッシェン氷河のように凍解が進行している氷河を保護するためには現実的な手段といえる。すでに、スイスのスキーリゾートでは作業員が氷河を熱から保護するために、溶け出してきている氷河の一部をreflective sheetingで覆う処置を開始していると報じられている。

Stratospheric aerosols

 

太陽光を反射するために硫酸塩の白色粒子を成層圏に注入する提案もそのひとつだ。温度を下げることは実現可能で効果が期待できると言われてる。この技術には降雨パターンに変化を発生させたり、干渉したりするという特有のリスクがある。

 

 

Today's Top Articles:

You may also like