Home [email protected] 「Muckbusters」が生ごみをクリーンな電気に変換

「Muckbusters」が生ごみをクリーンな電気に変換

by admin

私たちが地球にやさしい発電について話す時、恐らく最後に心に浮かぶのは食物ですが、次回、残した食べ物をゴミ箱に捨てる時に、そんな残飯から電気を生成することができることを思い出してください。どのようにして残飯から発電するのかって?SeaB社というグリーンテクノロジー関連の会社の設計士は、残飯をコンテナの形の容器に入れて発電するシステムを考案しました。ほら!内部回路のコンポーネントによって処理した後は「クリーンな」電気になります。

How to get leftover spaghetti to power your iPad

「MuckBusters」という装置のコンテナのメカニズムは、約0.5トンの食物を150台のコンピューターを起動させるのに必要な電力に変換することができます。もちろん、その処理は空想的なことではありません。食べ残しを不思議な処理方法によって使用可能な電気へ変換するのです。技術的にはバクテリアによって食品を自然処理するのです。このバイオによる「咀嚼」はガスを発生し、 機械がそれを自動的にろ過してメタンを生成します。その後、この内部のメタンの流れは電気となって熱や電力システムに送られます。

この独特な機能以上に、環境にやさしい実用性があります。SeaB社によれば、カリフォルニア州の残飯量は15.5パーセントで、年間600万トンの食物が廃棄処分されています。実際にこの数字は、サンフランシスコの22,000世帯をクリーンな電気で賄える量です!

1日の終わりに、残り物を分類するだけでなく、その一部が長期的な生計のために利用される廃棄物管理は、全体的に魅力的な代替エネルギーのモードであることを示しています。

Via: CNet

Today's Top Articles:

You may also like