Home [email protected] 電気自動車とソーラーパワーの未来を変える新しい熱電材料

電気自動車とソーラーパワーの未来を変える新しい熱電材料

by admin

世界中の科学者は、長い間直面している熱電気のミステリーを解くために協力してきました。中国科学院上海光学研究所やブルックヘーブン国立研究所、カリフォルニア工科大、ミシガン大学の研究者らは、熱機関の効率を研究して熱電気の物質を解明し、電気自動車とソーラーパワーの未来を改善することができる日が近づいて来たように思えます。それは注目を浴びている銅のセレン材料に潜在するちょっとした可能性です。

Liquid-like Materials May Pave Way for New Thermoelectric Devices

ユニークな結晶格子構造をしたこの材料は、摂氏727度で熱電性能指数が1.5です。これはソーラーパワーにおいて有効な要素で、スペクトルを高い目盛りにすることができる値です。簡単に言うと、この材料は地球上のどの物質よりも、熱電発生をする傾向があるということです。熱電気の科学は、その両端が相当な温度差にさらされる場合に、電力を発生する物質の現象を研究します。より大きな温度差は、より大きな電力を発生します。

もちろん使用されている物質によりますが、慣例的に多くの金属が熱電材料として使用されています。しかし、必ずしも最も効率的なオプションだとは限りません。よい熱電材料は電気をよく通す必要があり、断熱材としても機能しなければならないので、そのバランスを考える必要があります。最新の研究において、銅のセレン材料は電気伝導で固体のような作用をしますが、熱伝導においては液体のような作用をすることが分かりました

この作用は理想的な熱電材料ですが、将来的に暖房機器で利用されれば、ソーラーパワーと電気自動車は他のグリーン・エネルギーをソースとする効率的な改善ができることでしょう。

Via: Caltech

Today's Top Articles:

You may also like