Tranportation

ポルシェ近日販売予定の918ハイブリッドハイパーカー公開

科学技術が進歩するにしたがって、エコを志向する人々が環境に配慮した製品を選択することがいっそう容易になってきている。自動車業界屈指のブランドであるポルシェは待望の918ハイブリッドモデルの実施走行テストが進行中であることを明らかにした。その環境に配慮したスーパーカーは2013年9月に生産を開始する予定だ。これはポルシェスパイダー918のプロトタイプで、このモデルの生産台数は、差別化を堅持するとの理由から、わずか918台となる。また、ポルシェのスポークスマンはこのモデルの予約台数については、現在は公表しないことを示唆している。

ジャガーコンセプトカー 電撃的に

ジャガーXKXコンセプトカーは将来の自動車産業にインスピレーションを吹き込む存在になることは間違いない。彼らが開発したXKXはバーレーンに拠点を置くデザインスタジオSkyrill and Matin MyftiuのアルバニアのデザイナーHussain Almossawiの設計によるもので、私たちが賞賛しながら発展させた古典的なジャガーを全く新しい形に具現化したものだ。いろいろな意味で、このコンセプトはジャガーブランドの賞賛と名誉に値するデザインの復活といってもいいだろう。また、周りにはそのシステムにパワーを供給する電子部品をうまく配置している。

ミシガン大学、SAEレースの新記録に挑む

環境技術は環境に優しい製品を発明することが全てであり、ミシガン大学は20年以上環境保全を手助けしてきました。多数の世界的に著名なソーラカーのチームを輩出したこの大学は、新たな環境技術系学生に恵まれました。この学生たちは知恵をしぼって環境技術の分野に自身の印を刻もうとしています。ミシガン大学は今年の米国自動車技術者協会スーパーマイレッジレースにおいて新記録を打ち立てるでしょう。

Fisker新型プラグインハイブリッドの詳細、漏洩文書によって明らかに

最初にFisker Atlanticセダンを見たのは今年のNew York Auto Showでした。この長距離プラグインハイブリッド車は2013年中旬に製造開始予定でしたが、漏洩した内部文書によって1年間の遅延が明らかになりました。この企業にとってはこの車を製造することは次の必然的一歩でした。と言うのも、前の同車種である10万ドルを越すプラグインハイブリッド車、Karmaに比べると車体は小さく価格も手頃なためです。Fisker Atlanticは、ガソリン機関が発電して中央に搭載した電池に電気を送る機能と、その電池が電気モーターに電力を供給する機能とで成りたっています。

シーメンスのeHighwayシステムが、カリフォルニアで導入

ドイツ多国籍企業シーメンスは、『eHighway』システムを現実化することに取り組んでいます。このシステムは、電動の大型車両を可能にする頭上の電線とハイブリッド・トラックを結合します。この技術は、既にドイツでテストされ、成功に終わりました。現在シーメンスは、アメリカのロサンゼルスとカルフォルニアで、輸送量が多いこの地方のために、システムをテストする予定です。

自動化太陽電池式ボートは世界記録を目指す

航行は、操縦する間、変化する状況に応じて常に調整をすることが初心者・専門家に関わらず要求されるので、大変な活動です。手動航行については全て学習が簡単ですが、マスターするのが難しいのです。そして、AVS Roboat は、完全自律型のソリューションとして作動します。
 AVS Roboatは、自動操作のセンサー、ソーラーパネルが沢山付いており、人間の操作なしに操作が可能です。

カーデザイナーが次世代圧電ベースのジャガー Eタイプを概念化

圧電性を実現するジャガー?その通りです。カーデザイナーフセイン・アルモッサウウィ氏とマリン・ミフティウ氏は 1960年代に、スポーツカーのハードルを高く設定した有名なジャガーE-Typeの現代バージョンを概念化しました。 ジャガーには承認されていませんが、XKX概念は古典的なETypeの次世代モデルはどうありえたかというデザイン研究です。従来の燃料動力のETypeとは異なり、XKXは空気摩擦によって発生するエネルギーによる圧電気を利用します。

世界初、燃料電池動力の機関車が静かに鉱業業界に進出

科学者が大規模に作動する実行可能な商業的代替製品を見つけない限り、プラチナが水素燃料電池の生産に関する重要な材料となっています。燃料電池の話で皮肉なことは、燃料電池の水素を生成するのに使用される材料である水は豊富に入手でき、しかも無料同然なのに、この反応に必要かつ最適な触媒であるプラチナは、この世で最も高価な金属だということです。世界有数のプラチナ生産企業であるアングロアメリカンプラチナ社は、世界初の燃料電池駆動の鉱山機関車をアンプラッツ鉱山で採用し、水素燃料電池技術の信仰を示すことにしました。

クリーン・ドライブ:メルセデス・ベンツは、2014年までに水素燃料電池自動車を発売するかもしれない

各自動車メーカーは、水素燃料電池技術に関してそれぞれに異なった捉え方をしているようです。このクリーンでガス無排出のエネルギー源を試すのは時期尚早だと考えるメーカーがある一方で、積極的に推進して、未来の自動車通勤のあり方を根本から変える先陣となりたがるメーカーもあります。メルセデス・ベンツは、燃料電池技術の自社の自動車への取り入れに熱心に取り組んでいると報じられていることからも後者に属するようで、報道ではさらに、メルセデスは、早ければ2014年にも、クリーンなエネルギーを搭載した車両を確実に売り出せるであろうと言われています。

アンプル社のEoが世界初の電気4輪車だと主張

今週ロサンゼルスで開催された電気自動車シンポジウムでは、世界初の電気四輪車であると主張する電気自動車が紹介されました。これよりも古いイタリア製タザーリ社のゼロもまた電動四輪車なので、この主張には異論があるかもしれないけれども、アンプル・インターナショナル社のEoは、走行距離が200キロメートルとさらに長く、また、1人から3人の人が乗車できます。

Scroll to Top