シーメンスのeHighwayシステムが、カリフォルニアで導入

ドイツ多国籍企業シーメンスは、『eHighway』システムを現実化することに取り組んでいます。このシステムは、電動の大型車両を可能にする頭上の電線とハイブリッド・トラックを結合します。この技術は、既にドイツでテストされ、成功に終わりました。現在シーメンスは、アメリカのロサンゼルスとカルフォルニアで、輸送量が多いこの地方のために、システムをテストする予定です。

 

eHighwayシステムは、今年の電気自動車シンポジウムで発表されました。
この技術は、トラックのディーゼルから電気モードへの継続切替を可能にする、頭上の電気線ネットワークを利用します。車両がワイヤーから切断されると、ディーゼルエンジンに変更されます。ブレーキをかけると、他のハイブリッド・トラック用のグリッドにフィードバックできる運動エネルギーが発生します。

シーメンス設計システムは、ハイウェイの少なくとも1車線に設置されます。
特別なハイブリッド・トラックが線の下を通過すると、トラックは高架線に自動的または手動接続します。使用されるパンタグラフはシーメンスによる専用設計で、正確にトラックとワイヤー間の接続を監視します。トラックが横にシフトするときでも、ドライバーが手動または自動的に止めるまで、ワイヤーに接続状態となります。

大型車両はその煙噴出方法ゆえに、環境保護主義者との争いの元となっています。人口と消費者需要の増加で、道路交通が2050年までに2倍になるとも言われています。
シーメンスのeHighwayシステムは、都市間、港間、鉱山と貨物センター間のような短いルートでの汚染問題を緩和します。シーメンスは、パンタグラフ、搭載ソフトウェアとエンジン・システムと、新規・既存トラックとを統合するため、大型車両メーカーとパートナー関係を結ぶことにも目を向けています。

Via: Designboom

Today's Top Articles:

Scroll to Top